95

最新ニュースを受け取る

田亀源五郎『弟の夫』ドラマ化 ゲイアートの巨匠が描く一般誌連載の漫画

ドラマ『弟の夫』に主演する佐藤隆太さんと把瑠都さん/画像はNHKのドラマページより

田亀源五郎さんによるLGBT(性的少数者)をテーマにした漫画『弟の夫』が2018年3月からドラマ化する。

出演は主人公・折口弥一役に佐藤隆太さん、弥一の弟の結婚相手・マイク役に元大関でタレントの把瑠都さん。NHK BSプレミアムで2018年3月4日(日)22時から全3回にわたって放送される。

制作決定にあたって田亀さんは、「できるだけ多くの人に読んで欲しいと思っていました」と執筆当時を振り返るとともに、「ドラマ化のお話は大歓迎でした」とコメントしている。

田亀源五郎初の一般誌掲載作『弟の夫』

『弟の夫』は、ゲイ・エロティック・アーティストとして海外でも評価が高い田亀源五郎さんによる漫画。レズビアン/ゲイ/バイセクシャル/トランスジェンダーというLGBTをテーマの1つとして扱っている。
弟の夫

『弟の夫』1巻/画像はAmazonより

ゲイ雑誌を中心に活動してきた田亀さんの、初の一般誌掲載作であり、5月まで双葉社の『月刊アクション』で連載。単行本は全4巻。2015年には文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で優秀賞を受賞している。

物語は小学生の娘を男手一つで育てる折口弥一のもとに、突然、髭もじゃの外国人の男が訪ねて来る。弥一には双子の弟・涼二がいたが、ずいぶん前にカナダへ移住し、ほぼ絶縁状態。その弟が「亡くなった」と告げるマイクは、弟の夫、つまり同性婚の相手だった。

弥一と夏菜、そして弟の夫・マイクが一つ屋根の下で暮らす日常が描かれている。

執筆時から『弟の夫』を「多くの人に読んでほしいと思っていた」

連載開始から表紙と巻頭を飾り大きな話題を呼んだ『弟の夫』。
田亀さんはドラマ化にあたって、「ゲイや同性婚について何も知らないまま、是非を語って欲しくない。先入観であれこれ言うのではなく、まず知って、そして一人一人に考えて欲しい」と作品への思いを綴っている。

同時に、初となる著作の実写化に対して「ファンみたいな気分で、今からワクワクしています」と語った。

『弟の夫』を描きながら、私はこれを、できるだけ多くの人に読んで欲しいと思っていました。ここ数年の間、世界の様々な国で同性婚が合法化されました。いつか日本でも議論されるかも知れない。そのときに、ゲイや同性婚について何も知らないまま、是非を語って欲しくない。先入観であれこれ言うのではなく、まず知って、そして一人一人に考えて欲しい。ですから、ドラマ化のお話は大歓迎でした。テレビという媒体を通して、また新たに一人でも多くの方に、この物語が届きますように。そして私にとって、自分のマンガが実写化されるのは初めての体験。どんなドラマになるのか、原作者というよりファンみたいな気分で、今からワクワクしています。 田亀源五郎さんコメント

一方、主演の佐藤隆太さんは、原作を読んで「『自分はどれだけ他者への理解と思いやりを持っているのだろうか...』と考え、急に怖くなってしまった」という。

今回のお話を頂いて原作を拝読しました。
読み始めてから最後までずっと、誰かに少しでも触れられたらその瞬間に一気に涙が溢れてしまいそうな、そんな感覚でした。
作品を包む、静かで、優しく、温かい空気の中で、「自分はどれだけ他者への理解と思いやりを持っているのだろうか...」と考え、急に怖くなってしまったり...
そんな風に、感動と緊張を同時に味わっていたのだと思います。
映像化をきっかけに読ませて頂いた作品ですが、本当に「出会えて良かった」です。
ドラマ版も観てくださった方にそう思って頂ける様に、スタッフの皆さん、キャストの皆さんと共に丁寧に作品創りをしていきたいです。 佐藤隆太さんコメント

LGBTについてもっと知るために

こんな記事も読まれています

関連商品

弟の夫(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

著者 : 田亀 源五郎
発売 : 2015年5月25日
販売元 : 双葉社

放送情報

プレミアムドラマ『弟の夫』

放送予定 2018年3月4日(日)から3月18日(日)[連続3回]
BSプレミアム 毎週日曜 よる10時から10時49分
原作 田亀源五郎「弟の夫」
脚本 戸田幸宏
出演 佐藤隆太、把瑠都、中村ゆり、根本真陽ほか
制作統括 出水有三(NHK)、須崎岳(NHKエンタープライズ)、大谷直哉(ザロック)
演出 吉田照幸、戸田幸宏(以上NHKエンタープライズ)
収録予定 2017年12月から2018年1月(予定)

【あらすじ】
小学生の娘を男手ひとつで育てる折口弥一(佐藤隆太)のもとに、突然、髭もじゃの外国人の男が訪ねて来る。弥一には双子の弟・涼二がいたが、ずいぶん前にカナダへ移住し、ほぼ絶縁状態となっていた。その弟が、亡くなったという。そして目の前の男性・マイク(把瑠都)は弟の“夫”、つまり同性婚の相手だった―― 
しばらく弥一の家に滞在することになったマイクだが、弥一はゲイに対する偏見がぬぐえず、どう接していいか戸惑い、いらだってしまう。しかし、娘の夏菜(根本真陽)といち早く打ちとけるマイクの人柄や、従来の夫婦観・家族観にとらわれない考え方に触れるうち、だんだんと彼を受け入れていく。離婚した妻・夏樹(中村ゆり)をも巻き込み、折口家に新しい“風”が吹き始めるが、それは同時に、周囲の人々との間に波紋を巻き起こす事でもあった。そしてマイクには、弥一に伝えねばならない、亡き涼二との“ある約束”があった・・・

イベント情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「弟の夫」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 29

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ