88

POPなポイントを3行で

  • 文芸誌『ユリイカ』でインド映画「バーフバリ」特集
  • 監督へのインタビュー、安野モヨコや悠木碧も執筆
  • 完全版の公開を前にファンならマストな1冊

最新ニュースを受け取る

ユリイカ「バーフバリ」特集 悠木碧ら語る大作インド映画

『ユリイカ』2018年6月号 特集『バーフバリ』の世界

インド映画「バーフバリ」を特集する『ユリイカ』2018年6月号が、5月28日(月)に青土社から刊行される。価格は1400円(税別)。

第1作『伝説誕生』、第2作『王の凱旋』と、立て続けにインド本国で興行収入記録を更新。

6月1日(金)からは日本でも『バーフバリ 王の凱旋』の完全版が公開決定。

S. S. ラージャマウリ監督へのインタビューなどを通じて、異例の熱狂と旋風を巻き起こしている「バーフバリ」の魅力を検証する。

世界が王を称える、インド映画「バーフバリ」

2作目『王の凱旋』が世界興収300億円を突破、海外レビューサイト・ロッテントマトで満点の評価を得ている「バーフバリ」。
「バーフバリ 王の凱旋」大ヒット御礼予告編
歌舞伎としても公演された古代インドの神話的叙事詩「マハーバーラタ」をベースに、インド映画界の鬼才・ラージャマウリ監督が新たな物語を創造。

はるか遠い昔のインドで栄えたマヒシュマティ王国を舞台に、伝説の王であるバーフバリの息子・シヴドゥ(マヘンドラ・バーフバリ)が復讐を果たすべく、暴君・バラーラデーヴァに戦いを挑んでいく。

日本では2017年4月に1作目、12月に2作目が公開。限定公開ながら噂が噂を呼び、絶叫上映イベントも話題となってロングヒットを記録。

さらにコミカライズが6月に刊行されるなど、その勢いはすでにスクリーンを飛び出している。

「バーフバリ」特集では安野モヨコ、悠木碧らも執筆

『ユリイカ』の「バーフバリ」特集号では、監督の来日インタビューをはじめ、松岡環さんと江戸木純さん、金田淳子と藤村シシンさんの対談を収録。

イラストとして、田亀源五郎さん(『弟の夫』ほか)、皆川亮二さん(『ARMS』ほか)、安野モヨコさん(『働きマン』ほか)らの漫画家が参加。

論考・エッセイの執筆陣には、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』などへの出演で知られる声優・悠木碧さんの名前も。

登場する執筆陣からも「バーフバリ」の広がりを感じさせる『ユリイカ』。ファンなら忘れずにチェックしておきたい。

すごく、すごく勢いを感じる

こんな記事も読まれています

関連商品

ユリイカ 2018年6月号 特集=『バーフバリ』の世界 ―インド映画と神話の豊穣―

著者 : S・S・ラージャマウリ, 松岡環, 江戸木純, 金田淳子, 藤村シシン
発売 : 2018年5月28日
価格 : 1,512円(税込み)
販売元 : 青土社

バリバリバリバーフバリ💪

商品情報

ユリイカ2018年6月号 特集=『バーフバリ』の世界

定価 本体1400円+税
発売 2018年5月28日
ISBN 978-4-7917-0350-0
出版社 青土社

第一作「伝説誕生」から第二作「王の凱旋」へ、立て続けにインド本国における興行収入記録を塗り替え、日本においても異例の熱狂を巻き起こした映画『バーフバリ』。
本邦未公開であった完全フルバージョンの公開も決定し、なおも勢いを増すこの稀代の傑作エンターテインメントの魅力を検証し、その土壌をなしたインド映画/神話の豊かな世界を一望する。

目次予定*
【来日インタビュー】
S.S.ラージャマウリ

【対談】
松岡環+江戸木純/金田淳子+藤村シシン

【イラスト】
田亀源五郎/皆川亮二/安野モヨコ/深谷陽/森泉岳土/仲能健児/鈴木ツタ…

【論考/エッセイ】
樋口泰人/加畑圭造/円居挽/悠木碧/井上貴子/山田桂子/福岡まどか/鷲谷花/河野真理江/沖田瑞穂/岡田尚文/長門洋平/渡邉大輔/北村匡平/森元斎/夏目深雪/飯塚真弓/辻佐保子/藤崎剛人/小池勇規(V8japan絶叫上映企画チーム)…

【資料】
「『バーフバリ』中毒者のためのインド映画案内」松岡環

イベント情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「バーフバリ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 73

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ