37

野外映画フェスのパイオニア「森の映画祭」でアニメ『あの花』上映

「夜空と交差する森の映画祭2017」

2017年10月7日(土)に愛知県の離島・佐久島でオールナイト開催される「夜空と交差する森の映画祭2017」の上映作品の第3弾ラインナップが公開された。

追加されたのは、岡田麿里さん脚本で、興行収入10億円を超えたアニメ映画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(あの花)を含む、計8作品だ。

「夜空と交差する森の映画祭とは?」

「夜空と交差する森の映画祭2017」 2014年からはじまり、野外映画フェスというジャンルを開拓した「夜空と交差する森の映画祭」。

野外のさまざまなロケーションに設置されたスクリーンと会場を彩る電飾・装飾の中、オールナイトで長編のメジャー作品から新進気鋭作家によるショートフィルムまで移動しながら楽しむことができる。

これまで埼玉県長瀞のキャンプ場・フォレストサンズ長瀞や山梨県北杜市のキャンプ場・白州尾白の森名水公園べるがなどで開催されてきた。

「夜空と交差する森の映画祭2017」 そして第4弾の今回、初の離島で開催となる。

今年のテーマは、「しゅわしゅわ」。公式サイトには「炭酸の気泡のように、泡沫で、懐かしくて甘酸っぱいあの日を、ぱちんと弾けてしまうまえに探しにきてください。」というメッセージが記されている。

充実のオールナイト!

上映が発表されている長編映画は上述の『あの花』のほかにも、『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』や山戸結希さんが手がける菅田将暉さんと小松菜奈さん主演の『溺れるナイフ』などがラインナップ。

その他、気鋭監督による短編映画も多数上映が決定している。

「夜空と交差する森の映画祭2017」

『溺れるナイフ』

メインステージでは、『夜明けのヨガ』や『マイ・インターン』、『溺れるナイフ』などの予告編を手掛けた女性ディレクターら2名による「映画は予告編が面白い」や、メディア「シネマズ by 松竹」による今年の映画を振り返る内容のトークショーなど、さまざまな企画も充実。

さらに砂浜へのプロジェクションマッピングのような「佐久島×光のデジタルアート×ICT」作品も展示される。

なお、入場券セットは完売し、入場券を含む新宿・名古屋からのバスツアーセットは販売中となっている。
「夜空と交差する森の映画祭2017」の写真をもっとみる!

クリエイティブを楽しむ!

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連商品

渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [DVD]

発売 : 2014年12月19日
価格 : 5,184円(税込み)
販売元 : ギャガ

イベント情報

「夜空と交差する森の映画祭2017」

日 時 2017年10月7日(土)オールナイト開催
10月7日(土) 会場開場 17:00 上映開始 18:30
10月8日(日) 上映終了 05:00 会場閉場 08:00
会 場 愛知県西尾市一色町 佐久島内3箇所
協 賛 スギ薬局 / レントシーバー
協 力 NTTdocomo / 愛知工業大学情報科学部水野慎士研究室 /
Filmarks(フィルマークス) / TSUTAYA / KOJIMA PRODUCTIONS / こんぺいとう倶楽部 / 39の市 / haletto
後 援 愛知県 / 西尾市 / 青山学院大学総合文化政策学部
主 催 森の映画祭実行委員会 (代表・サトウダイスケ)

関連キーフレーズ

「小松菜奈」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 31

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?