君の名は。』とは、2016年8月26日に公開されたアニメーション映画


監督は新海誠、作画監督は安藤雅司、キャラクターデザインは『とらドラ!』や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などでも知られる田中将賀。音楽は主題歌4曲、劇伴22曲をRADWIMPSが担当。BUMPだと思ったという声も多いが、すべてRADWIMPSである。


主役の立花瀧役は神木隆之介宮水三葉役は上白石萌音。


なお、公開28日間で興行収入が100億円を超えた。

君の名は。とは

君の名は。とは、2016年8月26日に公開されたアニメーション映画。「これは本当に新海誠の作品なのか!?」「新海誠の最高傑作だ。」「RADWIMPSが好きになる。」との感想が多数で、多くの議論を巻き起こして公開後早くも注目を集めている。

なおNHKの朝ドラで放送されていた『君の名は』は全く別の作品である。

興行収入

新海誠の作品で史上最大規模の301スクリーンで公開された。公開日の8月26日(金曜)を合わせた3日間で、動員95万9,834人、興収12億7,795万8,800円と早くも興収10億円を突破した。

当初、配給元は「興収60億円も狙える」としていたが、話題が話題を呼び、公開28日間で興行収入が100億円を超えた。興業通信社のランキングによると、日本のアニメで100億円を超えたのは[[宮崎駿]監督の作品以外では初めてということ!

予告編・ストーリー

予告編の動画

ストーリー・あらすじ(結末のネタバレなし)

田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、父の選挙運動や家系の神社での古き風習と憂鬱な日々を過ごしていた。都会への憧れを強くしており、願うのは「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」ということ。

ある日、自分が男の子になる夢を見る。目前に広がるのは東京の街並みであり、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生・も奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっている。繰り返される不思議な夢、そして抜け落ちている記憶と時間。二人は「私/俺たち、入れ替わってる!?」と気付く。

入れ替わる身体と生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止めるふたり。残されたお互いのメモを通して状況を乗り切っていくが、気持ちが打ち解けてきた矢先に突然入れ替わりが途切れてしまう。

瀧は三葉に会いに行こうと決心する。そして、辿り着いた先には意外な真実が待ち受けていた……。

出演者・スタッフ・音楽

声優としての出演

立花瀧:神木隆之介
宮水三葉:上白石萌音

奥寺ミキ:長澤まさみ
宮水一葉:市原悦子

勅使河原克彦:成田凌
名取早耶香:悠木碧
藤井司:島崎信長
高木真太:石川界人
宮水四葉:谷花音

スタッフ

  • 監督:新海誠
    監督としての代表作:『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』

7月7日に行われた完成披露試写会の段階では「1週間前まで制作作業を行っていた。」と語っている。

長い製作期間を経ていよいよ完成披露試写会を迎えた感想を尋ねられた新海監督は、ほんの1週間前まで制作作業を行っていただけに、まだ完成したという実感が正直ないのだとか。ただしそれには、まだ大勢の人々に見てもらっていないからというのが大きな理由となっているのだそうで、今回の試写会が終わった帰り道なら「いつものどんよりとした景色が、また違って見えるかも」と話していました。

映画「君の名は。」の完成披露試写会・舞台挨拶の模様をレポート | アニメイトタイムズ
  • 作画監督:安藤雅司
    作画監督としての代表作:『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『思い出のマーニー』『パプリカ』『ももへの手紙』

  • キャラクターデザイン:田中将賀
    新海誠とはZ会のCM『クロスロード』で初タッグを組んだ。
    キャラクターデザイン代表作:『家庭教師ヒットマンREBORN!』『とらドラ』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』

制作陣が超豪華!

音楽

主題歌4曲『前前前世』をはじめ『スパークル』『夢灯籠』『なんでもないや』と劇伴22曲を担当。

2016年8月24日、新海誠監督とRADWIMPSによる綿密なやり取りを経て完成したアルバム『君の名は。』が発売に。上記の主題歌4曲と劇伴22曲が収録されている。

なお「BUMPだと思った。」「BUMPに似ている。」という声も多数あるが、楽曲はすべてRADWIMPSが担当している。

原作・漫画・小説等

  • 2016年8月現在、発売中の書籍
    原作小説『小説 君の名は。
    小説『君の名は。Another Side:Earthbound
    漫画『君の名は。(1)
    公式ビジュアルガイド『新海誠監督作品 君の名は。公式ビジュアルガイド
    ムック『新海 誠Walker

似たようなキーフレーズ

シン・ゴジラ

シン・ゴジラとは、東宝が製作した2016年7月29日公開の映画。キャッチコピーは「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)。」。 『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が総監督・脚本、『のぼうの城』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の[...

ニック・ワイルド

ニック・ワイルドとは、2016年4月公開のディズニー映画『ズートピア』に登場するキャラクター。 日本版の吹き替えは、アニメやBLCD等の声優を務めるほか洋画の吹き替えも数多く行っている森川智之が担当。帝王…!...

ズートピア

ズートピアとは、2016年4月公開のディズニー映画。動物たちの楽園・ズートピアを舞台に贈る感動のファンタジー・アドベンチャー。 日本版で主人公・ジュディ・ホップスの声優を務めるのは上戸彩。ジュディの相棒であるニック・ワイルドの声優...

KING OF PRISM by Pretty Rhythm

KING OF PRISM by Pretty Rhythmとは、TVアニメ『プリティーリズム』シリーズのサイドストーリー。2016年1月9日より劇場版として公開された。通称キンプリ。

ヒメアノ~ル

ヒメアノ~ルとは、2008年〜2010年にヤングマガジン(講談社)で連載されていたサスペンス漫画。 『行け!稲中卓球部』『ヒミズ』『シガテラ』等で知られる古谷実の作品で、R15指定で映画化されることが決定。2016年5月28日から全国の映画館で...

マトリックス

『マトリックス』とは、1999年に公開されたSF映画。ウォシャウスキー姉弟が監督を務め、主人公のネオをキアヌ・リーブスが演じる。公開当時、VFXやワイヤーアクションなどを駆使した映像技術が話題となった。...

BiSキャノンボール2014

劇場版 BiSキャノンボール2014はドキュメンタリー映画「テレクラキャノンボール2013」などで知られるカンパニー松尾の監督作品。2015年2月に公開予定。

テレクラキャノンボール

テレクラキャノンボールとはもともとバイクとテレクラが好きなAV監督カンパニー松尾が「夏に好きなバイクでテレクラ行って素人娘とハメハメしたい!」という単純かつ不純な動機から1997年に制作した 企画AV。...

ベイマックス

2014年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・アクション・ファンタジー映画。マーベルコミックの登場人物を主人公とする初めてのディズニーアニメ映画である。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ製作。...

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ