「POPisHere」×「MARKEY」×「KUDAN」ラフォーレ原宿で新世代ストリートブランドが邂逅

Click
open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

11

getnews
ジブリやエヴァに『ワンダと巨像』まで? 『キングコング』監督の日本愛に樋口真嗣監督も驚き

キングコングの起源を描くレジェンダリー・ピクチャーズ制作の映画『キングコング:髑髏島の巨神』。日本公開を3月25日(土)に控え、本作を手掛けたジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督が来日。ゲストとして登壇した映画『シン・ゴジラ』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』シリーズの樋口真嗣監督と対談を行った。

会場では、日本人アーティストMIYAVIさんの出演が発表されたばかりのオープニングシーンを含め、約15分の本編フッテージをお披露目。「日本のアニメ、漫画、ビデオゲームに触れて育ち、僕のDNAの一部になっている」と語ったロバーツ監督は、劇中に“刀”などの日本的なアイテムも登場していることを明かした。

体長約30mにも及ぶコングのビジュアルについて問われると、「(2020年に予定されている)ゴジラとの対決を見越して大きくしたわけではない。1933年の『キングコング』に原点回帰したかった。人間が見上げた時に“これは神だ”と思うサイズを意識したんだ」と説明。

さらに、コング以外にも登場するクリーチャーの造形に関しては、「恐竜やエイリアンっぽいデザインは避けたかった。宮崎駿作品に出てくるような、スピリチュアルで美しく、パワフルで恐ろしい、そんな存在にしたかった」「『千と千尋の神隠し』のカオナシ、『新世紀エヴァンゲリオン』の使徒に近いデザインのモンスターも出てくる」と、ここでも日本のカルチャーからの影響を語った。

物語の舞台は、ベトナム戦争の時代、南太平洋に浮かぶ神秘の島“髑髏島”。インスピレーションを受けた作品として、おなじくベトナム戦争をテーマにした映画『地獄の黙示録』や『プラトーン』、さらには『PlayStation 2』用ゲームソフト『ワンダと巨像』の名を挙げたロバーツ監督。

それに対して樋口監督は、「期待通りの『地獄の黙示録』っぷり。怪獣映画と『地獄の黙示録』、大好物だけで出来ている」「MIYAVIさん演じる日本人兵士の名前がイカリ・グンペイなんですよ。イカリは言わずもがなですけど、グンペイは(ゲームクリエイターの)横井軍平さんから取ったんですよね。本当に好きなんですね」と、そのマニアぶりに驚きを隠せない様子だった。

会場ではさらに、“怪獣画師”開田裕治氏による日本版オリジナルポスターも披露され、樋口監督は「若干ネタバレしているポスターですけど、『キングコング』と言えばあの怪獣、というのがちゃんと分かってますね」と興奮気味にコメント。

ロバーツ監督も、「本当に素晴らしい。映画作りは時間がかかる孤独な作業だけど、とてつもなく素晴らしい瞬間があって、そのために頑張ることができる。今がまさにその瞬間だ。死ぬまで壁に飾りたい」と笑顔を見せ、「日本の文化から大いにインスパイアされて出来た映画。日本の観客の反応を楽しみにしている」と、プレゼンテーションを締めくくった。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』予告編(YouTube)


映画『キングコング:髑髏島の巨神』公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/

関連リンク
    『キングコング:髑髏島の巨神』日本語版吹替キャストにGACKT・佐々木希・真壁刀義が参加!
    あの『超映画批評』で『シン・ゴジラ』90点! 「ハリウッド版をすら凌駕する」
    ゴジラの鳴き声 実はあの音で作られていた!

    執筆者:よしだたつき

    こんな記事も読まれています

    Recommended by

    関連キーフレーズ

    「キングコング」を編集する

    キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

    この記事をツイート 6

    KAI-YOUをフォローして
    最新情報をチェック!

    この記事へのコメント(0)

    SNSにも投稿する

    twitter_flag facebook_flag

    コメントを削除します。
    よろしいですか?