open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

シン・ゴジラとは、東宝が製作した2016年7月29日公開の映画。キャッチコピーは「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)。」。


『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が総監督・脚本、『のぼうの城』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣が監督・特技監督、尾上克郎が准監督を務めている。


公開17日間で累計興収33億8,000万円以上を記録し、2004年公開『ゴジラ FINAL WARS』の倍以上の興収、2014年公開のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』興収も上回っている。

シン・ゴジラとは

シン・ゴジラとは、『ゴジラ FINAL WARS』以来12年ぶりに東宝が製作した2016年7月29日公開の映画。キャッチコピーは「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)。」である。

公式パンフレット序文では、総監督・庵野秀明が「過去の継続等だけでなく空想科学再生の祈り、特撮博物館に込めた願い、思想を具現化してこそ先達の制作者や過去作品への恩返しであり、その意思と責任の完結である、という想いに至り、引き受ける事にしました。」「エヴァではない、新たな作品を自分に取り入れないと先に続かない状態を実感し、引き受ける事にしました。」と述べている。

予告編・ストーリー・あらすじ(ネタバレなし)

公式サイト上にはストーリー・あらすじの記載がない。公開前の予告編においても、BGMが流れているだけで登場人物の台詞は聞き取れないようになっている。

なお、公式パンフレットでは「上陸」「防衛」「探求」「攻防」「覚醒」「存亡」という順序立てでストーリーが説明されている。ストーリー以外の内容も濃いので、詳細はぜひパンフレットを買ってチェックしてみてほしい...!

興行収入

初週の土日だけで動員41万人以上・興行収入6億2,000万円以上を記録。なお公開17日間で累計興収33億8,000万円以上・累計動員230万8,000人以上を記録している。

興行収入は2004年公開『ゴジラ FINAL WARS』の倍以上の興収となっており、2014年公開のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』興収も上回っている。

スタッフ・キャスト・エキストラ

スタッフ

キャスト

  • 矢口蘭堂(内閣官房副長官・政務担当)
    長谷川博己

  • 赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官・国家安全保障担当)
    竹野内豊

  • カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)
    石原さとみ

  • 志村祐介(内閣官房副長官秘書官)
    高良健吾

  • 大河内清次(内閣総理大臣)
    大杉漣

  • 尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課長補佐)
    市川実日子

  • 東竜太(内閣官房長官)
    柄本明

  • ゴジラのモーションキャプチャーアクター
    野村萬斎

エキストラへの演技指導(通称:蒲田文書)

2015年9月に蒲田駅前で行われたロケではエキストラに作品名が告げられず、配布された演技指導文章(通称:蒲田文書)には「巨大不明生物映画」の撮影だと記載されている。

「巨大不明生物に襲われて逃げ惑う市井の人々」役の心得が書かれており「もし本当に巨大不明生物に襲われた場合、人はその人の個性によって違った反応をすると思います。猛ダッシュで逃げる人、ノロノロと逃げる人、身体が固まり動けない人、興味が勝り写真を撮る人、顔を巨大生物から背けず体だけが逃げる人、子供を必死に守ろうとする人、連れとはぐれ人波の中で探し続ける人・・それら個性の集合体が、画面に力強さと、リアリティと、本物の恐怖を与えてくれると、我々は考えています」との言葉が…!

製作者の思いが伝わってくる文章だと話題になったのだ...!

ゴジラのデザイン

庵野秀明・前田真宏が中心となってデザイン

コンセプトデザインを庵野秀明、具体化したイメージデザインを前田真宏(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でデザイナーとして参加した人物)が担当。

コンセプトの大前提は「原点回帰」であり、庵野はファースト・ゴジラをモチーフにしてデザイン・設定を考える部分が多かったという。

デザイン詳細

第1作のように直立姿勢であるが、恐竜型には寄せておらず「急激な進化の行き着く先にあるものは何か」をテーマにデザインされている。今作のゴジラは「ある現象による変化」に苦しむゴジラであり、第1作と通ずる部分があるのだ。

なお、今作のゴジラは史上最大(ハリウッド版『GODZILLA』に登場したゴジラを上回る体長118.5メートル)で、表皮に血管や血のような赤い色が浮き出ている。また、直立姿勢で上半身・手が小さい左右非対称な容姿である。

そして、ゴジラは着ぐるみを使用しての撮影ではなくフルCGで描かれている。

主なグッズ

フィギュア・ソフビ等

シン・ゴジラ プレミアムフィギュア

  • 発売
    2016年08月上旬

  • 価格
    プライズ商品

  • 種類
    1種

シンゴジラカプセルトイ

  • 発売
    2016年08月上旬

  • 価格
    300円

  • 種類
    3種

一番くじ

シン・ゴジラ~ゴジラ、ニッポン上陸!~

  • 発売
    2016年7月23日(土)より

  • 価格
    620円

  • 種類
    A賞 シン・ゴジラ ビッグソフビフィギュア
    B賞 ゴジラヘッドマグネット
    C賞 シルエット定規
    D賞 クリアファイルセット
    E賞 ラバーストラップ
    F賞 ミニフィギュアコレクション
    ラストワン賞 オリジナルポスター

似たようなキーフレーズ

哭声/コクソン

『哭声/コクソン』とは、2016年の韓国製作のサスペンススリラー映画作品。監督は『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン。 日本では2017年3月11日公開。配給はクロックワークス。 出演に、クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、チョン・ウヒ...

笑う招き猫

『笑う招き猫』とは、山本幸久による小説作品。 それを原作とする映画が2017年4月29日に公開予定。それに伴い、ドラマ「笑う招き猫」がMBS、TBSで放送される。全4話。 主演は清水富美加、松井玲奈。監督・脚本は飯塚健。...

第40回日本アカデミー賞

第40回日本アカデミー賞とは、2017年に発表される日本アカデミー賞。 2015年12月16日〜2016年12月15日に公開され、選考基準を満たした作品が対象。

ムーンライト

『ムーンライト』(Moonlight)とは、2016年に公開されたアメリカの映画作品。 日本での公開は2017年4月28日(配給はファントム・フィルム)。 2017年の第89回アカデミー賞では8部門でノミネートを受け、作品賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚...

ラ・ラ・ランド

『ラ・ラ・ランド』(La La Land)とは、2016年にアメリカで公開され、日本では2017年2月24日に公開されたミュージカル映画作品。 監督・脚本は、『セッション』でアカデミー賞を含む50を超える賞を受賞したデイミアン・チャゼル。 主演は、ライ...

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とは、1993年に放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品。 また、再構成されたバージョンが1995年8月12日に映画として劇場公開。 2017年8月18日には、脚本・大根仁、総監督・新房昭之、アニメ...

たかが世界の終わり

『たかが世界の終わり』は、グザヴィエ・ドラン監督によるカナダ・フランス合作映画作品。 原題は『Juste la fin du monde』。日本での公開は2017年2月11日。 第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。アカデミー賞外国語映画賞 カナダ代表。...

君と100回目の恋

『君と100回目の恋』とは、2017年2月4日公開の映画。 miwaと坂口健太郎のダブル主演。監督は月川翔。 彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の時をかけめぐる純愛映画。ハッシ...

キセキ ーあの日のソビトー

『キセキ ーあの日のソビトー』とは、ボーカルグループGReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生にまつわる物語を描いた映画作品。2017年1月28日公開。 松坂桃李、菅田将暉のダブル主演。監督は兼重淳、脚本は斉藤ひろし。 タイトルの“ソビト”とは、...

溺れるナイフ

溺れるナイフとは、少女漫画誌『別冊フレンド』にて2004年から2013年に渡って連載された、ジョージ朝倉による漫画。また、同名の実写映画も指す。気高くも危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描いたラブストーリー。 実写版映画では望月夏芽役...

この世界の片隅に

この世界の片隅にとは、漫画アクションにて2007年1月23日号から2009年1月20日号まで連載されていた、こうの史代による漫画。また、同作を原作とした劇場版アニメーション映画。 「戦争」と「広島」をテーマに、独特の柔らかい雰囲気で激動の時代を...

ひるなかの流星

ひるなかの流星とは、マーガレットで連載されたやまもり三香による漫画と同作品を原作にした実写映画。 東京に転校してきた田舎育ちの高校1年生・与謝野すずめ、転校先の担任教師・獅子尾五月、女子が苦手で無愛想なクラスメイト・馬村...

応援上映

応援上映とは、声援・ペンライト持ち込み・コスプレ等が可能である映画上映。映画をライブのように楽しむ、観客参加型の映画上映スタイル。 代表的なものでは「登場人物の名前を呼ぶ・台詞に答える」「登場人物のイメージカラーに合わせてペンラ...

蒲田くん

蒲田くんとは、庵野秀明が総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』に登場するゴジラ第二形態の愛称。 海で発見された「第一形態」から急速進化を遂げたのが「第二形態」であり、東京・蒲田に上陸したことから「蒲田くん」という愛称が付いている...

HiGH&LOW

HiGH&LOWは、HIROが企画・プロデュースを務めて展開しているメディアミックスプロジェクト。略称はハイロー。 ドラマ『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』に始まり、映画『ROAD TO HiGH&LOW』『HiGH&LOW THE MOVIE』等で物語が進行中。201...

君の名は。

『君の名は。』とは、2016年8月26日に公開されたアニメーション映画。 監督は新海誠、作画監督は安藤雅司、キャラクターデザインは『とらドラ!』や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などでも知られる田中将賀。音楽は主...

ニック・ワイルド

ニック・ワイルドとは、2016年4月公開のディズニー映画『ズートピア』に登場するキャラクター。 日本版の吹き替えは、アニメやBLCD等の声優を務めるほか洋画の吹き替えも数多く行っている森川智之が担当。帝王…!...

ズートピア

ズートピアとは、2016年4月公開のディズニー映画。動物たちの楽園・ズートピアを舞台に贈る感動のファンタジー・アドベンチャー。 日本版で主人公・ジュディ・ホップスの声優を務めるのは上戸彩。ジュディの相棒であるニック・ワイルドの声優...

KING OF PRISM by Pretty Rhythm

KING OF PRISM by Pretty Rhythmとは、TVアニメ『プリティーリズム』シリーズのサイドストーリー。2016年1月9日より劇場版として公開された。通称キンプリ。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ