57

あのヨーロッパ企画が贈る人形劇映画『タクシードライバー祗園太郎』

画像は映画公式サイトより

劇団・ヨーロッパ企画による映画『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ』が東京・渋谷のアップリンクで上映される。上映期間は11月26日(土)から12月9日(金)まで。

本作は、「人情人形劇」と題され、紙芝居と実写を組み合わせたユニークな内容となっている。

ヨーロッパ企画は、これまで舞台作品『サマータイムマシン・ブルース』と『曲がれ!スプーン』(舞台作品タイトルは『冬のユリゲラー』)が、いずれも本広克行監督の手で映画化されてきた。

今作は、監督をつとめる永野宗典さんはじめ、ヨーロッパ企画のメンバーが多数参加・出演する。

ヨーロッパ企画による『タクシードライバー祗園太郎』が映画化!

『タクシードライバー祗園太郎』は、京都を拠点とし全国区で活動している劇団・ヨーロッパ企画によって、2010年にラジオドラマとして制作。

その後、2011年からはNHKのミニドラマとして全国放送された。

ストーリーは真面目で純朴なタクシードライバー・祗園太郎を主人公とした人情喜劇。同時に、京都という街の魅力を伝える作品でもある。

テレビドラマ版では京都の様々なスポットを題材とし、今回の映画版では地元の協力のもと、由緒ある花街・祗園でロケを行っている。

映画版となる『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ』は、米カリフォルニアで行われるアニメやコミックのフェスタ『Epic ACG Fest』での招待上映も決定している。

こんな記事も読まれています

上映情報

『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ』

上映 11月26日(土)~12月9日(金)
料金 一般¥1,500/学生¥1,300/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
※特別興行の為、パスポート会員使用不可
脚本・編集・監督 永野宗典(ヨーロッパ企画)
プロデューサー 吉田和睦(ヨーロッパ企画)、岡本建志(月世界旅行社)
撮影 山口淳太(ヨーロッパ企画)
人形製作 角田貴志(ヨーロッパ企画)
エンドロール 香西志帆(映画監督)
出演
祗園太郎 本多力(ヨーロッパ企画)
嫌味勇祐 石田剛太(ヨーロッパ企画)
チロルのおばちゃん 岡部尚子(株式会社リコモーション)
奥多摩子 土居志央梨(株式会社ファザーズコーポレーション)
今西知夫 諏訪雅(ヨーロッパ企画)
企画 yuba motion pictures
制作 ヨーロッパ企画
配給 月世界旅行社

前売券のご予約について、渋谷アップリンク受付窓口の販売と合わせて、『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE』公式サイトのフォームでも承っています。前売券の金額は1,100円となります(一般価格は1,500円)

ご購入されました方には特典としまして、ヨーロッパ企画・角田貴志画伯がイラストを書き下ろしました宇治茶の玉露ティーバッグ「祗園太郎のほんのきもち茶」を前売券1枚につき1袋プレゼントいたします。なお、特典の引き換えは劇場公開時に渋谷アップリンク受付窓口で行いますのでご留意ください。

イベント情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「タクシードライバー祗園太郎」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 24

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?