白土晴一(しらとせいいち)は、福島県郡山市出身の設定考証家・リサーチャー。


ドリフターズ』『ヨルムンガンド』『純潔のマリア』など、多数のアニメ・ゲーム・漫画・小説の設定考証を担当。


歴史や軍事を得意としている。

白土晴一(しらとせいいち)とは

白土晴一(しらとせいいち)は、福島県郡山市出身の設定考証家。

ドリフターズ』『ヨルムンガンド』『純潔のマリア』などの設定考証を担当。

師匠はSF作家の横田順彌

かつてはライターをしながら、師匠やほかの作家の手伝いで資料を調べたりしていた。

ミリタリーマニア、歴史マニアと思われがちだが、「調べものマニア」であると語っている。

アニメや漫画関係の設定考証をするきっかけになったのは、2006年に放送されたアニメ『タクティカルロア』。
コンセプトスーパーバイザーの小倉信也から「白土君は天気に詳しいかね?」と尋ねられ、「詳しくはないけど嫌いじゃないですよ」と答えたところ、いつの間にか(作中に登場する)消えない台風の設定を考えるハメになったという。

設定考証という仕事については以下のように語っている。

“考証”は、リアリティを出すための手段であって、現実や事実との答え合わせではない。
見る人、読む人にその作品世界が「そこにある」と感じてもらえるようなウソをつくために全力を注ぐのが、設定考証のお仕事ですね。

『ドリフターズ』設定考証 白土晴一インタビュー 嘘と真でつくる“リアリティ” - KAI-YOU.net

参加作品

劇場アニメーション

OVA

漫画

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ