いとうせいこう

いとうせいこう

いとうせいこうとは、1961年生まれの小説家・ラッパー・俳優・タレント。ヒップホップユニット□□□のメンバー。小説『ノーライフキング』で三島由紀夫賞候補。

概要

いとうせいこうとは、1961年生まれ東京都葛飾区出身の小説家・ラッパー・俳優・タレント。ヒップホップユニット□□□(クチロロと読む)のメンバー。

早稲田大学在学中からピン芸人として活動。大学卒業後も芸能活動を続けながら講談社に入社し『ホットドッグ・プレス』等の編集を経験。なお同時期に同社の先輩にあたる山田五郎と共に働いている。その後、退社し芸能・執筆面に絞って活動を続けていく。

なお現在は、近畿大学国際人文科学研究所の客員教授を務めている。

執筆活動

1988年に発表した処女小説『ノーライフキング』は第2回三島由紀夫賞、第10回野間文芸新人賞の候補作に。翌年には映画『あしたの私のつくり方』等の監督として知られる市川準によって映画化もされている。

2004年にはエッセイ『ボタニカル・ライフ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞を受賞。後に同作はNHKで『植物男子ベランダー』としてテレビドラマ化もされている。また2006年より園芸をメインにしたライフスタイル誌『PLANTED』編集長に就任する等、家庭菜園への造詣の深さも持つ。

2013年には東日本大震災をテーマとした小説『想像ラジオ』が第26回三島由紀夫賞および第149回芥川龍之介賞候補に。2014年にも小説『鼻に挟み撃ち』で再度第150回芥川龍之介賞候補になったことで話題を呼んだ。

芸能活動

テレビタレントとして数多くのレギュラー番組・ゲスト出演等を果たしたことで音楽ファン以外の一般層にも知名度を広げている。

1997年には仏像マニアとして知られるみうらじゅんの仏友として共著『見仏記』を発売し、2001年には関西テレビ☆京都チャンネル(CS放送)で『TV見仏記』をスタート。その人気と相まって、2010年以降は地上波である関西テレビでの放送が開始された。

さらに2015年からはテレビ朝日にて放送されている『フリースタイルダンジョン』へ出演している。審査員5人のうちの1人として登場し再度話題沸騰中。

なお現在は生瀬勝久、古田新太、ケラリーノ・サンドロヴィッチ等も所属する株式会社キューブに所属している。

音楽活動

日本語ラップの先駆者であり、1986年にはいとうせいこう&TINNIE PUNXとしてアルバム『建設的』を発表。ヤン富田が作曲・編曲で全面参加し、高橋幸宏・大竹まこと等といったミュージシャンや文化人が数多くゲスト参加。1980年代日本語ラップ・クラシックとして決定的な影響を与えた。

2007年からはSUPER BUTTER DOGのメンバーであった池田貴史のソロプロジェクト・レキシに「足軽先生」の名で客演参加している。日本史に関わることしか歌わないというこのプロジェクトの1stアルバム『レキシ』では『歴史ブランニューデイ』に参加。1stアルバムの1曲目ということで、レキシの印象を強く打ち出すナンバーとなっている。

また2009年には三浦康嗣・村田シゲによる音楽ユニット□□□に正式加入□□□として制作した『ヒップホップの初期衝動』では自身の経験を振り返り「音の真似して英語でデタラメ 日本語にするまで何年か噛みしめ、運よく出会ったDJたちとある日一気に作り出したビート」と歌っている。

似たようなキーフレーズ

舞城王太郎

小説家、脚本家。福井県南条郡今庄町(現・南越前町)出身。映画・ドラマ・アニメ・ゲームなどの映像作品を企画・制作・販売するユニット「REALCOFFEE」に所属。 2001 年『煙か土か食い物 Smoke, Soil or Sacrifices』でメフィスト賞を受賞しデビュー。 2...

村田沙耶香

村田沙耶香とは、1979年生まれ・千葉県(千葉ニュータウン)出身の小説家・エッセイスト。 2016年、『コンビニ人間』で第155回芥川賞を受賞。その他の作品は『消滅世界』『殺人出産』『しろいろの街の、その骨の体温の』『ギンイロ...

西尾維新

西尾維新とは、日本の小説家、脚本家、漫画原作者。代表作に戯言シリーズ、〈物語〉シリーズ等。異常なまでの速筆と多作、言葉遊びを多用する文体、特徴的なキャラクターの設計などで知られる。...

武田綾乃

武田綾乃は、日本の小説家。代表作に『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽へようこそ』がある。

野崎まど

野崎まどは、日本の小説家。東京都墨田区生まれ。麻布大学獣医学部卒。男性。小説『[映] アムリタ』で、電撃小説大賞の一部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者。『know』で第34回日本SF大賞にノミネート。...

大森藤ノ

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばら

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

伊藤計劃

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディック

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

長谷敏司

長谷敏司は、日本の小説家。SF・ファンタジー小説を執筆。大阪府生まれ。関西大学卒業。日本SF作家クラブ所属。代表作に『円環少女』シリーズ、『あなたのための物語』『BEATLESS』等。...

森見登美彦

森見登美彦は、日本の小説家。1979年1月6日生まれ。奈良県生駒市出身。代表作に『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』等。2010年に『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞受賞。...

川上未映子

小説家、詩人。ミュージシャン、女優としても活躍する。2009年『音楽活動時は未映子(みえこ)名義も使用する。2008年に第138回芥川賞を『乳と卵』で受賞。2009年に詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞を受賞。...

谷川流

兵庫県在住の小説家。2003年、代表作となるライトノベル『涼宮ハルヒの憂鬱』で第8回角川スニーカー大賞を受賞、同作で文庫デビューを果たす。

八田モンキー

小説家、Webエンジニア。元KAI-YOUで現在はフリーランス。第三回講談社BOX新人賞STONES受賞。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
+ コメントをもっと見る
更新日: 782日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ