11

POPなポイントを3行で

  • 人気ゲーム「ロックマン」がハリウッドで実写映画化
  • 20世紀フォックス社から配給される予定
  • ハリウッド作品としてのエンターテインメントや壮大な演出も

最新ニュースを受け取る

「ロックマン」 初のハリウッド実写映画化 SNSで期待と驚きの声

『ロックマン11 運命の歯車!!』

カプコンの人気ゲームシリーズ「ロックマン」がハリウッドで初の実写映画化が決定した。

タイトルの仮称は『MEGA MAN(「ロックマン」の海外名称)』、20世紀フォックス社から配給される予定だ。

「ロックマン」の世界観を踏襲した上で、ハリウッド作品としてのエンターテインメントや壮大な演出により、ゲームファンのみならずアクション映画ファンまで幅広い世代が楽しめる作品を目指すという。

カプコンが生んだ名作「ロックマン」とは?

ファミリーコンピュータ向けアクションゲームとして、1987年に第1作を発売以来、累計販売本数3200万本(2018年6月30日時点)を誇る「ロックマン」シリーズ。

キャラクターのルックスと硬派なゲーム性が魅力で、発売から30年以上を経た現在も根強い人気を獲得している。

ゲームだけでも「ロックマンX」「ロックマンDASH」「ロックマンエグゼ」など複数の派生シリーズを生み出し、さらに、キャラクターグッズやコミック、TVアニメ、映画など、グローバルで多彩に展開。

最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』は、欧米で10月2日、日本では10月4日に発売された。

インターネットの世界では、『ロックマン2』のエアーマンステージを元ネタに同人サークル「てつくずおきば」が制作した楽曲「エアーマンが倒せない」(2007年)が有名だろう。公開当時はニコニコ動画でも大きな話題を呼んだ。
エアーマンが倒せない(TEAMねこかんversion)

SNSでは様々な反応が

本映画の制作は「猿の惑星」シリーズなどを手掛けた米チャーニン・エンターテイメント社が担当、監督と脚本はホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのアリエル・シュルマンさんとヘンリー・ジューストさん、プロデューサーはTV番組『HEROES/ヒーローズ』での好演などで知られるマシ・オカさんがつとめる。

実写化についてTwitterでは、期待と驚きに加えて、どんな内容になるのか予想がつかないといったファンの声も寄せられている。 なお、ロックマンはこれまでにも海外でのメディアミックスが行われており、最近では8月から、北米でTVアニメ『Mega Man: Fully Charged』(メガマン:フリィチャージド」が放送されている。
Mega Man: Fully Charged

『Mega Man: Fully Charged』/画像はDHX Media Ltd.の公式サイトより

ゲームに関する最新ニュース

こんな記事も読まれています

関連商品

海外カプコン公式『ロックマン』ヘッドホン「LIMITED EDITION Mega Man HD LED Headphones」 [並行輸入品]

価格 : 8,980円(税込み)
販売元 : CAPCOM

ロックマンのヘッドホンも欲しい

イベント情報

『MEGA MAN( 仮称)』

配給会社 20 世紀フォックス社
公開予定日 未定

関連キーフレーズ

「ロックマン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 5

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ