58

POPなポイントを3行で

  • 新たな音楽配信サービス「YouTube Music」がスタート
  • 履歴や行動を学習してシーンにマッチする曲を提案
  • 米国やオーストラリア、韓国などで開始、日本では?

最新ニュースを受け取る

Googleの新音楽サービス「YouTube Music」開始 歌詞検索にも対応

YouTube Music

Google傘下の米YouTubeは現地時間5月16日、新たな音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」を5月22日(火)からスタートすると発表した。

広告がついた無料版と月額9.99ドルの有料版「YouTube Music Premium」を展開する。

米国、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、韓国を皮切りに、今後各国へ拡大予定。日本での展開は不明だ。

音楽のための「YouTube Music」

YouTube Music」は音楽のためのサービスとして、新たなモバイルアプリとデスクトッププレーヤーを用意。

アーティストのオフィシャル楽曲やアルバム、何千ものプレイリスト、ラジオ、リミックス、ライブパフォーマンス、MVなどを、パーソナライズされたかたちで提供する。もちろん、YouTube上のMVも視聴できる。

ユーザーの再生履歴や場所、行動を学習して、それぞれのシーンにマッチする曲を提案。たとえば、空港では飛行機に乗る前にリラックスできる曲、ジムならトレーニングに適した曲を、という具合だ。

あいまい検索可能、有料版はダウンロードも

特徴の1つである検索機能は、曲名やアーティスト名を正確に把握しなくても大丈夫。

「口笛を使った流行りの曲」といったあいまいな情報や歌詞の部分的なフレーズから、目当ての曲を探すことができる。

有料版「YouTube Music Premium」は、広告なし、バックグラウンド再生、ダウンロードに対応。

既存の音楽配信サービス「Google Play Music」のユーザーは、自動的に「YouTube Music Premium」を楽しめる。

展開地域は、まず米国、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、韓国でスタート。

その後、オーストリア、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ノルウェー、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国へと拡大する。現状、その中に日本は含まれていない。

Googleのサービスを楽しむ

こんな記事も読まれています

関連商品

How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫)

著者 : エリック・シュミット, ジョナサン・ローゼンバーグ, アラン・イーグル
発売 : 2017年9月2日
価格 : 972円(税込み)
販売元 : 日本経済新聞出版社

学び

関連キーフレーズ

「YouTube Music」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 12

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ