32

POPなポイントを3行で

  • 小説家・村上春樹の新作短編が『文學界』2018年7月号に掲載
  • ノーベル文学賞の発表が見送られファンをやきもきさせたばかり
  • 期せずして訪れた村上春樹の新作というギフト、予約は必須か?

最新ニュースを受け取る

村上春樹の新作短編3作が掲載 6月7日発売の『文學界』にて

画像は『文學界』2018年6月号の書影(※作品掲載は7月号)

小説家の村上春樹さんによる新作の短編3作が、文芸雑誌『文學界』2018年7月号に掲載されることがわかった。発売日は6月7日(木)の予定。

この情報は、首都圏で現在6店舗を展開する書店チェーン「芳林堂書店」関内店の公式Twitterで明かされたもの。 現在、『文學界』からは公式サイトなどで次号の告知はされていない。だが、前述の芳林堂書店のツイートを『文學界』公式Twitterアカウントがリツイートしていることから、信憑性は高いと考えられる。
文學界

『文學界』公式Twitterアカウント(@Bungakukai)の画面をキャプチャ

先日は2018年のノーベル文学賞受賞者の発表が見送られることが明かされ(2019年に2年分の受賞者を発表する予定)、受賞が期待されている村上春樹さんのファンをやきもきさせる事件があったばかり。

今回の『文學界』の掲載は、期せずして訪れたファンへのギフトとなりそうだ。単行本未収録作品となる可能性もあるので、ファンは芳林堂書店のツイート通りに予約しておきたいところだろう。

こちらもチェックしておきたいところ

こんな記事も読まれています

関連商品

文學界2018年6月号

発売 : 2018年5月7日
価格 : 970円(税込み)
販売元 : 文藝春秋

むしろ今売ってる6月号も平野啓一郎一挙掲載とか熱いな…

関連キーフレーズ

「村上春樹」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 8

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ