69

POPなポイントを3行で

  • 位置情報ゲーム「イングレス」がアニメ化
  • 監督は「毛虫のボロ」CG担当した櫻木優平
  • ナイアンティックのジョン・ハンケは日本のアニメが大好き!

最新ニュースを受け取る

位置情報ゲー「イングレス」アニメ化! フジテレビの新アニメ枠で

画像は公式サイトより

スマートフォン向けの位置情報ゲーム「Ingress」(イングレス)がアニメ化される。

フジテレビの新しいアニメ枠「+Ultra」(プラスウルトラ)にて、2018年10月から放送開始となる。
+Ultra ムービングロゴ
監督は櫻木優平さん、アニメ制作は博報堂グループの映像スタジオ・CRAFTAR(クラフター)。

スタジオジブリ・宮崎駿監督による初CGアニメ『毛虫のボロ』のCG制作を担当したタッグとなる。

「Ingress」とは?

「Ingress」は、Googleの社内ベンチャー部門であるナイアンティック・ラボが開発したスマートフォン向けの無料ゲームアプリ。

その後、ナイアンティックはGoogle、任天堂、ポケモンから資金調達し、会社として独立。今では、「Ingress」以上に、2016年に世界を席巻した「Pokémon GO」(ポケモンGO)の開発でその名は知れ渡っている。

ご存知の通り、スマホの位置情報を利用して、現実世界を歩き回ってマップ上に出現するポケモンを捕まえる「Pokémon GO」自体、「Ingress」の仕組みを下敷きに開発されたもの。

「Ingress」は青と緑に分かれた多人数参加型陣取りゲームのようなもので、ゲームの目的は世界各地に散らばる「Portal(ポータル)」と呼ばれる拠点を自陣にしていくことにある。

ゲームと現実世界を融合させた革新的なゲーム体験は、「文化庁メディア芸術祭」のエンターテインメント部門で大賞を獲得するなど、世界的な評価を集めている。

フジテレビの発表会では、櫻木優平さんらが登壇し、ナイアンティック代表であるジョン・ハンケさんも日本のアニメが大好きだというエピソードなどが語られた。

注目のアニメ!

こんな記事も読まれています

関連商品

はじめよう! Ingress(イングレス) スマホを持って街を歩く GoogleのAR陣取りゲーム攻略ガイド できるネットeBookシリーズ

著者 : コグレマサト, 堀 正岳, できるネット編集部
発売 : 2014年8月29日
販売元 : インプレス

作品情報

TVアニメ『イングレス』

原作 NIANTIC
監督 櫻木優平
製作 CRAFTAR

関連キーフレーズ

「Ingress」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 44

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ