1845

POPなポイントを3行で

  • UZIさんが大麻所持の疑いで逮捕
  • 次回フリースタイルダンジョンは放送中止
  • シーンに貢献してきた人物だけに激震が走っている

最新ニュースを受け取る

ラッパーUZI、大麻所持の疑いで逮捕  「フリースタイルダンジョン」最新回は放送中止

UZI/撮影:Kodai Ikemitsu

ラッパー・UZIこと許斐氏大さんが大麻を所持していた疑いで、厚生労働省の麻薬取締部に逮捕されたとANNニュースが報じた。

その直後に放送予定だった、UZIさんが進行/ナレーションをつとめる番組「フリースタイルダンジョン」の1月17日(水)回は、急遽内容を変更。

地上波のテレビ朝日では総集編が放送され、ネット配信のAbemaTVでは放送が中止という異例の事態となった。

うぇいよー! で知られるUZI

「フリースタイルダンジョン」の進行として、「うぇいよー!」の掛け声で一躍人気を集めたUZIさん。

長年活動し、伝説のヒップホップイベント「さんピンCAMP」においては1996年と2016年の両開催時に出演した数少ないラッパーの一人。

パンチ力のある声量を武器に、格闘技のリングアナウンサーとしても活躍してきた。

実は、プロゲーマーでもあり、サッカーゲーム『バーチャストライカー98』の全国大会で優勝した経験もある実力者としても知られている。

また、日本にサウナ文化を持ち込んだと言われている許斐氏利さんが祖父であることが、過去、本人の口から語られてきた。

多くの顔を持ち、現在のヒップホップシーンの発展にも大きく尽力した人物だけに、今回の余波は大きそうだ。

追記:Zeebraも言及「ファンに申し訳ない」

「フリースタイルダンジョン」のオーガナイザーであるZeebraさんもTwitterでこの件に言及。

「UZIの件でダンジョンが急遽放送中止や内容変更になってしまいました…。番組のオーガナイザーとして、楽しみにしていたファンの方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです…。」とコメントしている。
UZIが東京都主催のライブで届けたメッセージとは?

ストリートのリアル

こんな記事も読まれています

関連商品

フリースタイルダンジョン ORIGINAL SOUND TRACK VOL.2

著者 : VA
発売 : 2018年1月24日
価格 : 2,160円(税込み)
販売元 : GRAND MASTER

関連キーフレーズ

「AbemaTV」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 1421

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(4)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
匿名のユーザー

匿名のユーザー

下に同意。真剣にポップを追求してる仲間が可哀想になる。結局この人達はヤフーニュースに取り上げられるかどうか、お金を貰えるかどうかが基準。ポップを利用してるだけ。犯罪も肯定してますよね?平気でステマやってますよね?平気で嘘書きますよね?平気で裏切りますよね?私の仲間が真剣に頑張ってる中でこいつらのフェイクにだまされて、にいみなおとよねむらともみが賞賛されてるのは許せない。サザエ松田と同じ。これ以上一生懸命やってる人を馬鹿にするのはやめてせめて二次元の世界に閉じこもってください

匿名のユーザー

匿名のユーザー

なんかkaiyouブログでにいみなおとかいうオカマがぬるい言い訳してるから、言わせてもらうと、筋を通すんなら、ヒルクライムのDJが同じ大麻で逮捕されたときに、記事書かなかったのはなぜですか?対してニュースになんかなったから、アクセスとれないとおもったからでしょ?もういいから正直にいいなよ、アクセスが欲しかっただけなんでしょ?アクセス乞食クソフェイクメディアが。何がストリートだよ。二次元の世界に閉じこもっとけよ。上からUZIくんに出てきたらインタビューを考えてるとか、なかなかパンチ効いてるよ。あんま調子ぶっこくといい事ないよ。人の不幸で私利私欲を満たそうとして、それをつっこまれたら、くそ苦しい言い訳を上からオタクニートが語るとか、もはやフェイク過ぎて全然笑えない。KARMA is a BITCHだよ。Be careful who you fuck with.

匿名のユーザー

匿名のユーザー

 本当に大麻がヒップホップのカルチャーでありアイコンでありソウルであるなら、それを守るために、その合法化に向けて業界やヘッズやキッズがどれだけ“リアルに”声を上げてきたのか。何人の規制反対派の政治家を中央に送り込んできたのか。違法だけど法律が間違ってるから守らなくてもいいよね、なんて、それこそきっちり話の“筋”を通さなければ社会的に叩き潰されるのは当然。
 海外なら大麻は合法だというが実際に法律として完全に合法なのはアメリカでもたった2州とスペインとウルグアイだけだ。オランダですら法律上はアウトだ。別に日本が遅れてるわけではない。
 ヒップホップに造詣が深く、これまで寄り添ってきたKAI-YOUはこの機会に大麻とヒップホップに関するきっちりした記事をあげてみたらどうだろうか。期待している。

+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ