10

最新ニュースを受け取る

「東京コミコン2017」が開幕 竹内涼真「アメコミ盛り上げませんか?」

竹内涼真さん

「東京コミコン2017」が開幕した。12月1日(金)から3日(日)まで幕張メッセにて行われている。

世界最大級のポップカルチャーイベントと銘打たれ、2016年に続き、今年で2度目の開催となる。
REIMG_0089

巨匠スタン・リー

開催初日のオープニングには、アメコミの巨匠として知られるスタン・リーさんも来日。「東京コミコンを、世界中で開催されているコミコンの中でも素晴らしいコミコンの一つ」と太鼓判を押す。
竹内涼真さん また、昨年に続き親善大使をつとめている竹内涼真さんも登壇。NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』にも出演し人気を不動のものにした竹内涼真さん、実は大のアメコミ好きで、巨匠を前に「いつかマーベル映画に出るのが夢です」と宣言。「みなさん、アメコミ盛り上げませんか?」と会場をたきつけた。

コミコン、「コミケ」と何が違う?

1970年に開催されたイベントを原点に、アメリカのサンディエゴでは毎年7月に行われている「コミコン」。テクノロジーとポップ・カルチャーを起点に、規模が広がり、現在では13万人が集まるまでになっている。
REIMG_0266

「東京コミコン」では、懐かしの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』デロリアンなども展示

現在、「コミコン」という枠組みは、フランスやイギリス、台湾などにも広がっている。

「コミコン」(コミックコンベンション)という名前ではあるが、コミックをはじめとしたポップカルチャーに限らないのが「東京コミコン」の特徴で、「老若男女を問わず楽しめる」イベントをコンセプトとしている。
REIMG_0278

来日のクリエイターや俳優とのサイン・撮影会には長蛇の列

エンタメ作品に限らず、日本を代表するカルチャーとして、和食や音楽、テクノロジーといったジャンルでの催しやブースが展開されている。そのため、アニメ・漫画やフィギュアを主軸とした「コミックマーケット」や「ワンダーフェスティバル」とは趣が異なる。

その上で、今年は昨年よりさらに規模を拡大して開催されている。
REIMG_0258

夏コミを席巻した叶姉妹が登壇したステージも

昨年は、事前のゲスト発表やイベント運営面から、開催に注目していたファンから批判が集まったこともあったが、今年は無事開催となった。

初日も続々と各出展企業による発表などが行われたが、いよいよ来場者をより多く見込める土日の開催を迎える。
REIMG_0300

外国人の来場者が目立つ

見込み来場者数を5万人としている「東京コミコン2017」。通常のポップカルチャーイベントの来場者と比較すると外国人が占める割合が高く、近年の訪日外国人の増加を背景に、3日間の開催でどれほどの動員が果たされるのか、注目が集まる。

「東京コミコン」で起きていること

こんな記事も読まれています

イベント情報

「東京コミコン 2017」

日時 2017年12月1日(金)12:00~19:00
2017年12月2日(土)10:00~19:00
2017年12月3日(日)10:00~18:00
主催 株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
場所 幕張メッセ ホール 9-11

関連キーフレーズ

「竹内涼真」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 8

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

「東京コミコン」にオタクが物申す! どこも書かない本音のレポート
連載
東京コミコン2017
全7記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ