31

最新ニュースを受け取る

荒川弘が『鋼の錬金術師』7年ぶり新作 実写映画の前日譚描く

『鋼の錬金術師0』(ハガレン0[ゼロ])

12月1日(金)から公開される実写映画『鋼の錬金術師』の入場者特典として、原作者・荒川弘さんの描き下ろした新作漫画『鋼の錬金術師0』(ハガレン0[ゼロ])が配布される。

荒川さんは7年ぶりの新作について、「エドが国家錬金術師の資格を取ってすぐの話で、ここから映画に続く、って感じで描いてみました」とコメント。

描かれるのは最年少で国家錬金術師となった主人公・エドが、身体を取り戻す旅に出る前のストーリー。11月10日(金)に刊行された『月刊少年ガンガン』では、さらなる作品の詳細が明かされている。

完成度の高さに荒川先生も絶賛、実写版『鋼の錬金術師』

シリーズ累計7000万部以上を発行する同名漫画を実写映画化した『鋼の錬金術師』。

すでに世界190カ国以上で公開が決定している注目作は、主人公のエドワード・エルリックを演じるHey!Say!JUMPの山田涼介さんを筆頭に、ウィンリィ・ロックベル役に本田翼さん、ロイ・マスタング役にディーン・フジオカさん、ラスト役に松雪泰子さん、“嫉妬”のエンヴィー役に本郷奏多さんらが出演。
監督は、ジェームズ・キャメロン監督のもとで世界的『タイタニック』のCGを担当し、窪塚洋介さん主演の映画『ピンポン』で日本映画界に鮮烈な印象を植えつけた曽利文彦さんが担当する。

10月に公開された最新予告編では、迫力の錬成シーンや詳細なストーリーなども明らかになっている。

映画『鋼の錬金術師』本予告【HD】2017年12月1日公開

そのクオリティは、完成した作品をひと足先に觀た荒川さんも絶賛。

観た瞬間、『エドがいる!』って驚いて、冒頭からアクション全開で一気に世界観に引き込まれました。この物語を1本の映画にまとめるために大変苦労をされたと思いますが、原作への寄り添い方とずらし方が絶妙で原作ファンの皆さんにも「こう来たか!こう来たか!」って、全編飽きることなく、楽しんで頂けると思います。

そして山田涼介くんが、エドが背負った罪を見事に表現されている。エドとアルの兄弟は、壮大な旅の中でどんな選択をするのか。エンドロールできっと、涙が溢れてくると思います。純粋に楽しかった。自分でマンガを描いておいて何ですが(笑)荒川弘さんコメント

なお12月23日(土)からは入場者特典第2弾としてポスターカレンダーを配布。荒川さんが描き下ろした『ハガレン0』の表紙ビジュアルが使われている。

実写『鋼の錬金術師』キャストの写真をもっと見る (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX
(C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会


初のTV出演を果たした荒川弘先生

こんな記事も読まれています

関連商品

荒川弘イラスト集 鋼の錬金術師

著者 : 荒川弘
発売 : 2017年11月22日
価格 : 4,320円(税込み)
販売元 : スクウェア・エニックス

関連キーフレーズ

「鋼の錬金術師」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 14

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ