「POPisHere」×「MARKEY」×「KUDAN」ラフォーレ原宿で新世代ストリートブランドが邂逅

Click
open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

45

押井守監督はアニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』や『機動警察パトレイバー』、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』など、数多くのアニメーション作品や実写作品を手がけており、その人気は国内外に及ぶ。

最新作『東京無国籍少女』は、これまで押井監督が実写作品では避けてきた暴力表現や性描写をあえて盛り込んだ作品となっているという。

こうした点からも「戦争」は依然として現実社会において大きな存在感を放ち、とりわけ若者たちにとって強いリアリティを与えるものだと押井監督は語る。

今回のインタビューでは『東京無国籍少女』の魅力、そして戦争という人類史に横たわる大きな問題について押井守監督に語っていただいた。

押井守監督のインタビュー記事はこちら

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連商品

世界の半分を怒らせる

著者 : 押井 守
発売 : 2015年4月22日
価格 : 1,620円(税込み)
販売元 : 幻冬舎

関連キーフレーズ

「押井守」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?