25

『美術手帖』村上隆を徹底特集 スーパーフラットから15年経った現在

『美術手帖 』2016年 1月号 特集「村上隆」

国内外のアートを紹介する美術情報/批評誌『美術手帖』2016年1月号で、現代美術家・村上隆さんの特集が掲載される。

14年ぶりに開催されている国内大規模個展「村上隆の五百羅漢図展」と、2016年1月30日から横浜美術館で開催される同氏初のコレクション展「村上隆のスーパーフラット・コレクション:蕭白、魯山人からキーファーまで」にあわせ、同誌では5年振りの「村上隆特集」となる。

発売日は12月17日(木)。価格は1,600円(税抜)となっている。

国内外で評価を高めてきたアーティスト・村上隆

村上隆さんは、最先端の技術と伝統的な日本芸術の技巧を組み合わせ制作を行い、日本独自の漫画やカワイイ文化に着想を得た作品を生みだしてきたアーティスト。

2000年に「スーパーフラット」という美術概念を提唱し、遠近感の不在、漫画、アニメ、浮世絵の相互関係などを模索。以降、海外で個展を開催するなど、国内外で評価を高めてきた。

「スーパーフラット」から15年 村上隆を徹底大特集!

『美術手帖 』2016年 1月号 特集「村上隆」<br />
 1

『美術手帖』1月号の特集では、日本美術を中心としたライター/編集者の橋本麻里さんを特別監修に迎え、また現在、開催中の「五百羅漢図展」を写真で紹介。

「政治・経済と芸術」「価値の創出」「誤読と日本」という視点から、8つのテーマについて取り上げる。

『美術手帖 』2016年 1月号 特集「村上隆」<br />
2

このほか、「村上隆のコレクションからものの価値を考える」専門家インタビューや、精神科医/評論家の斎藤環さんによる批評なども掲載。

また、2014年末から2015年にかけてニューヨークのガゴシアン・ギャラリーで発表された高さ3メートル、幅25メートルの絵画「死者の国に差し込んだ『虹』の尻尾を踏んだ時」の、幅約1メートルにおよぶ折込み全図が付録となっている。

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連商品

美術手帖 2016年 1月号

発売 : 2015年12月17日
価格 : 1,728円(税込み)
販売元 : 美術出版社
【特集内容】
1. 「村上隆の五百羅漢図展」ビジュアル
2. 「政治・経済」「価値」「誤読」の3つのキーワードから紐解く
・奇想の系譜の先へ 松嶋雅人=文
・東山御物と同朋衆 板倉聖哲インタビュー
・画壇の支配者、狩野派 山本英男インタビュー
・メディチ家の政治と芸術 原基晶=文
・輸入顔料から生まれた日本のイメージ 日野原健司=文
・「日本が見た中国」という誤解の系譜 塚本麿充=文
・「誤読」される禅 山田奨治=文
・国家と美術。日本画とは何か 古田亮インタビュー
3. 村上隆のコレクションからものの価値を考える 三木あき子&柏木智雄インタビュー
4. 「村上隆の五百羅漢図展」レビュー マイケル・ダーリング+斎藤環=評
特別付録:《死者の国に差し込んだ『虹』の尻尾を踏んだ時》折込み全図
………………………………
オノ・ヨーコ「私の窓から」展インタビュー
Artist Pick Up 陳維(チェン・ウェイ)
Artist Interview 鴻池朋子
アート&デザイン学校ガイド
注目の画材紹介

関連キーフレーズ

「村上隆」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?