open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

VRとは、Virtual Reality(バーチャルリアリティ)の略で仮想空間を意味する。従来の画面上の2D映像とは異なり、360度どこを見ても途切れることのない映像やサウンドで創りだした3Dの仮想空間である。

VRとは

VRとは、Virtual Reality(バーチャルリアリティ)の略で仮想空間を意味する。従来の画面上の2D映像とは異なり、360度どこを見ても途切れることのない映像やサウンドで創りだした3Dの仮想空間である。

2016年は「VR元年」とも言われており、以前はVRを楽しむために高価で大掛かりな機材が必要だったが、手軽に楽しむことができる機器が台頭。 主にエンターテインメント業界や報道分野等での活用が始まっている。

ヘッドマウントディスプレイ

オキュラスのOculus Rift、ソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation VR、HTCとValveのHTC Vive、サムスンのGear VR等、各社より発売が相次ぐのがヘッドマウント型のディスプレイだ。

高性能なPCを必要とするもの、PS4等のゲーム機と連動するもの、PC・ケーブル等は不要でスマートフォンを装着するだけで使用できる機種も。

視力の調整はできるの?

視力に合わせてピントを調節するダイヤルが付いている製品が多数販売されている。視力が悪くても裸眼でVRを体験することができ、また眼鏡をかけたままでも調節することも可能である。

今後、さらに快適な状態でVRを楽しめるような技術が発展していくと思われる。

ニコニコ動画のドワンゴもアプリを開発

各社より動画・ゲーム・アプリ等といった様々なコンテンツの提供が本格的にスタートしている。

2015年12月にサムスンが発売したGear VRでは、スマホアプリ『niconico VR』も使用できる。ニコニコ動画ニコニコ生放送のすべての動画を奥行きのあるVR空間で楽しめるということだ。

姿勢に合わせて映像が目の前に動く姿勢追従機能や、端末のカメラを通して手元を見ることが出来る手元ウォッチ機能も搭載。

ダンボール型簡易ビューワーも

さらにはスマートフォンの装着で簡易的にVRを楽しめる機器も登場。約1,000円程度から発売されているため、本格的な機器を購入する前に一度試してみても◎。

『ハコスコ』は、段ボール製の簡易ビューワーとスマートフォンを利用して手軽にVR(仮想現実)を体験できるサービス。従来のヘッドマウントディスプレイとは異なり、安価で購入できる上に装置も簡易的なことから、個人でのパノラマ撮影やゲームなど、さまざまな用途に活用されている。

ゴールデン街の火災をとらえたVR映像 「ハコスコ」開発者が現場で撮影 - KAI-YOU.net

似たようなキーフレーズ

ドローン

ドローンとは、無人での飛行が可能な無人航空機の総称。遠隔操作やコンピュータ制御によって飛行する。

光るスカート

光るスカートとはクリエイターの「面白法人カヤック」に所属する天野清之さんが開発したウェアラブルデバイス。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ