open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

諫山創による漫画作品。『別冊少年マガジン』で連載中。 小説・テレビアニメ・映画などのメディアミックス展開が行われている。

概要

圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画。2009年9月9日に講談社の少年マガジン編集部から発行が開始された『別冊少年マガジン』10月号(創刊号)で連載を開始。新人作家の初連載作品であるにもかかわらず2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞するなど、各方面から高い評価を受けた。

ひたすら続く絶望感と人々の人間模様が話題を呼び、アニメ誌だけではなく一般紙やメディアでも随時特集を組まれ、社会現象を巻き起こしている。作者いわく『マブラヴオルタネイティヴ』や『坂の上の雲』といった作品から大きく影響を受けているとのこと。

物語冒頭から大小様々な謎、伏線が散りばめられている。話が進むに連れ解明されていくが、同時にさらに多くの謎が生まれていくため、読者で活発に考察がされている。因みに、笑っていいのかよくわからないギャグやジョークも多々存在する。

本作の世界観はダークファンタジー的な要素が強く、少年漫画としては残酷な描写も多く描かれている(人間達が巨人に襲撃・捕食されるシーンや、身体が損壊するシーンなど)。作者によると、出版サイドからは「人体の断面を描いてはいけない」という程度の表現規制しか受けていないという。

2013年にはテレビアニメ化が発表され、第1期が4月から9月まで各局で放送された[3]。また、2015年には実写映画化も予定されている。この他、ライトノベル化やゲーム化も行なわれている。

作者は「読者に媚びることは、読者を裏切ることと等しい」という考えの下、「舞台などの謎が明かされた時が物語の終わる時」としている。また、2016年にはテレビアニメ第2期の放送が決まった。

ストーリー

繁栄を築き上げた人類は、突如出現した“天敵”「巨人」により滅亡の淵に立たされた。生き残った人類は、「ウォール・マリア」、「ウォール・ローゼ」、「ウォール・シーナ」という巨大な三重の城壁の内側に生活圏を確保することで、辛うじてその命脈を保っていた。城壁による平和を得てから約100年後。いつしか人類は巨人の脅威を忘れ、平和な日々の生活に埋没していた。

世界観・舞台設定

産業革命前後に似た世界観などダークファンタジー的な要素が見られるが、魔法や超能力などのファンタジー的要素はなく、組織化された軍と戦術、利用できる科学技術に合わせた装備などの軍事設定が盛り込まれ、基本的には架空戦記のようなハードな展開がメインとなっている。また、単行本のおまけページで断片的に公開される設定以外には謎が多く、文明の破局を経た退行後の世界であるのか、完全な架空世界であるのかなども明確にされていない。

本作品単行本の表紙カバーを外すと、巨人から逃げて海を越え、もう1つの土地の壁の中に移住する人々を描いた中世の古文書風の絵が見られる。絵に書き込まれた文字は一見解読不能であるが、逆さにすると、カタカナで記された日本語になっている。これらは物語の核心に触れる内容となっているが、これについて諫山は「この世界における教科書の1ページ目で、誰でも共通で持っている知識とかそういうものを込めている」と述べている。以下に概要を示す。

巨人の襲撃により、人類は海を越えた新大陸への移住を余儀なくされる。この際、人類はほとんどが死滅するが、滅亡した直接の要因は巨人によるものではなく、人間同士によるものであった。また、航海の途中で人口はさらに半数が失われた。

新大陸には「モトモト キョウダイナ カベガ ヨウイサレタ」(原文ママ)。さらに、新大陸を聖地として崇拝の対象とする。この壁の中こそが人類の理想郷であり、ここに永遠平和の世界を築くことを主張する。

似たようなキーフレーズ

週刊少年ジャンプ

『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)とは、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。

NARUTO -ナルト-

『NARUTO -ナルト-』は『週刊少年ジャンプ』にて、1999年から2014年まで連載された岸本斉史による漫画作品。 木ノ葉隠れの里の忍者・うずまきナルトを主人公に、熾烈な戦いが展開されるバトルアクション。...

王ドロボウJING

1995年から1998年まで、熊倉裕一さんによって月刊漫画雑誌『コミックボンボン』に連載された作品。 1999年からは、『月刊マガジンZ』に掲載誌を移し、続編『KING OF BANDIT JING』として連載されたが、2005年から休載となっていた。(『月刊マガジンZ』も2...

坂道のアポロン

『坂道のアポロン』とは、小玉ユキによる漫画作品。2007年11月号から2012年3月号まで小学館『月刊フラワーズ』にて連載。単行本は全9巻。 2012年、ノイタミナでTVアニメ化。演奏シーンの演出や作画、OP楽曲をYUKI×菅野よう子のタッグ...

人は見た目が100パーセント

『人は見た目が100パーセント』とは、大久保ヒロミによる漫画作品。BE・LOVE(講談社)にて連載。 2017年4月より、フジテレビ系にて木曜22時からテレビドラマが放送予定。出演は桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみ。 「自分らしさっ...

100万円の女たち

『100万円の女たち』とは、青野春秋による日本の漫画作品。ビッグコミックスピリッツにて連載。 売れない小説家・道間慎と、毎月彼に100万円ずつ支払う素性不明の5人の女性の奇妙な共同生活を描いたミステリー。 それを原作とした連続ドラマが、4月...

夏目友人帳

『夏目友人帳』(なつめゆうじんちょう)とは、緑川ゆきによる漫画作品。 アニメシリーズは2008年から5作が放送されており、2017年4月より第6期『夏目友人帳 陸』が放送予定。...

アトム ザ・ビギニング

『アトム ザ・ビギニング』とは、ゆうきまさみ(コンセプトワークス)、カサハラテツロー(漫画)による漫画作品。『月刊ヒーローズ』(ヒーローズ)にて2015年1月号から連載中。 2017年春、NHK総合テレビにてテレビアニメが放送開始予定。...

ひなこのーと

『ひなこのーと』とは、三月による4コマ漫画作品。「月刊コミックキューン」で連載中。 2017年4月よりテレビアニメ放送開始予定。

恋愛暴君

『恋愛暴君』とは、三星めがねによる日本のウェブコミック作品。Webコミック「COMICメテオ」で連載中。

PとJK

『PとJK』とは、三次マキによる漫画作品。雑誌『別冊フレンド』(講談社)2013年1月号から連載開始。 タイトルの「P」はPolice(警察官)の頭文字、「JK」は女子高生をあらわす略語。 2017年3月25日に実写映画が公開予定。主演は土屋太鳳、亀...

人魚姫のごめんねごはん

『人魚姫のごめんねごはん』とは、原作・野田宏、漫画・若松卓宏による漫画作品。 2017年1月11日より、小学館「ビッグコミックスピリッツ」編集部が運営している無料ウェブ漫画サイト「やわらかスピリッツ」にて連載開始。 魚たちを深く愛する人魚...

めしにしましょう

『めしにしましょう』とは、小林銅蟲による漫画作品。 2016年6月28日より「イブニング」にて連載中。 漫画家の仕事場を舞台に、締め切りに追われる漫画家のため、変わり者アシスタントが今日もやる気を回復させる「やりすぎ飯」を振舞うギャグ漫画...

ど根性ガエルの娘

「ど根性ガエルの娘」とは、大月悠祐子による漫画作品。 『ど根性ガエル』作者の吉沢やすみの娘である大月悠祐子が描く、ヒットの陰に隠された、家族の再生物語。...

とんかつDJアゲ太郎

『とんかつDJアゲ太郎』とは、イーピャオと小山ゆうじろうによる漫画。 2016年4月よりTOKYO MXほかにてアニメ化。

荒ぶる季節の乙女どもよ。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』とは、岡田麿里(原作)、絵本奈央(漫画)による漫画作品。 高校の文芸部を舞台に青春群像劇を描く。 2016年12月9日発売の「別冊少年マガジン」(講談社)2017年1月号より連載開始。...

ダンジョン飯

『ダンジョン飯』(ダンジョンめし)とは、九井諒子による漫画作品。 漫画誌『ハルタ』にて連載中。

銀河の死なない子供たちへ

『銀河の死なない子供たちへ』とは、施川ユウキによる漫画作品。 2017年2月13日に「ComicWalker」「ニコニコ静画」にて連載開始。

東京タラレバ娘

『東京タラレバ娘』は、東村アキコによる漫画作品。『Kiss』(講談社)にて2014年5月号より連載されている。 脚本家の倫子(33歳)は、恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―独身女子の香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々。 「キレイに...

一人交換日記

『一人交換日記』とは、永田カビによるコミックエッセイ作品。 「ヒバナ」(小学館)のpixivコミック限定で連載した後、2016年12月10日に単行本発売。 レズビアン風俗へ行ったレポート漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』が仕事につ...

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ