ポプテピピックとは、竹書房のWEBコミック『まんがライフWIN』にて連載されている大川ぶくぶ作の漫画。ポプテピと呼ばれることも。


14歳の女の子ポプ子ピピ美が繰り広げる4コマ漫画で、かわいらしい絵柄の2人が放つシュールなセリフと展開が病みつきに。

ポプテピピックとは

ポプテピピックとは、竹書房のWEBコミック『まんがライフWIN』にて連載されている大川ぶくぶ作の漫画。ポプテピと呼ばれることも。

タイトルの由来

またポプテピピックのタイトル下に「POP TEAM EPIC」という単語の記載がある。

タイトルは「この単語から引用されているのではないか」「いや言葉の響きに合わせて後付したものだ」とファンの間では憶測が飛び交っている。

ポプテピピック内容・打ち切りまで

14歳の女の子ポプ子ピピ美が繰り広げる4コマ漫画で、かわいらしい絵柄の2人が放つシュールなセリフと展開が病みつきに。連載元の竹書房に喧嘩を売ったり、パロディを堂々とかましたりと何でもあり。ファンは元ネタ探しが捗る...!

▲「指定暴力団 竹書房」を掲載側公式がネタにしているツイート。

▲サジェスト上位が「倒産」から「指定暴力団」になってしまったとのこと。

2015年11月には打ち切りとなってしまうものの、打ち切り後の2015年12月7日には人気も相まって単行本が発売に。なお、最終回の内容は「漫画の中で出版社である竹書房のビルを殴ってぶち壊す」という鮮烈なものであった...!

飯田橋にポプテピピックの看板が設置される

竹書房が位置する飯田橋駅のJR東口改札前に、ポプテピピック内の1コマを使った道案内看板が掲示された。作中でも特徴的な場面の1コマとアバウトな道案内が相まって、掲示されるや否やネット上でファンから話題に。

なお、ポプテピピックを知らない人も必ず目にするであろう、改札の目の前という位置に設置されているとのこと。

作者の大川ぶくぶもさすがのこの反応。

新連載『☆色(ほしいろ)ガールドロップ』はまさかの釣り

2016年2月18日には『まんがライフWIN』で新連載『☆色(ほしいろ)ガールドロップ』が開始。

「ほっこり笑えてキュンキュンときめいちゃう、ドキドキの二重生活ラブコメ」と予告されていたが、実はこの新連載はフェイクだった。2月19日にはポプテピピックのセカンドシーズン連載が始まることが明らかになり、ファンは歓喜。

2月19日に掲載された『☆色(ほしいろ)ガールドロップ』1話後半、自分のことを忘れてしまった男性主人公に「私だよ私!」と声をかけ続けるヒロインが「私だよ!!!!」の言葉とともにヒロインの顔を引き裂く

すると、その中からポプ子が登場...!

ポプテピピックが漫画の中から飛び出した!

ウェブでの連載・単行本が人気のポプテピピックはLINEスタンプやグッズもシュール。特徴的なコマが多いので、めちゃくちゃ目立っていい><

LINEスタンプ第1弾・第2弾が発売中

2016年現在、漫画の印象的なコマから厳選されたLINEスタンプが2種類販売されている。意外にも汎用性が高く、煽りにもスルーにも使えるのでおすすめ。

第1弾「ポプテピピック」

「君さぁ プライドなさすぎちゃう?」「あーそーゆことね 完全に理解した(わかってない)」等の一言が。

第2弾「ポプテピピック2」

第2弾「そういうの一番きらい」「ぜったい流行る」等の一言が。

さらにグッズも登場!

漫画内の印象的な一コマ「エイサイハラマスコイおどり」「いいぞ」等の絵柄が採用されたクリアファイル・キーホルダー・Tシャツ等も販売されている。

さらにニコニコ超会議2016では「EDM」「SUCKS」 Tシャツや「RAGE」トートの先行販売も。

ポプテピピックカフェ

▲公式側はこの反応。

2016年8月には、プリンセスカフェ吉祥寺2号館とポプテピピックがコラボしたカフェが開催。午前中には整理券がなくなってしまうほどの盛況ぶりで、メニューもポプテピピック内の台詞にちなんだ「ぶっ飛んだ」名前だった。

ポプテピピックカフェ メニュー

  • 「ビーフオアチキン?あ゛あ゛?ビーフ」命拾いしたカレーライス
  • ピピ美の「ポプテピクッキング~♪ 鯖の味噌煮」
  • ポプ子とピピ美の「スウィィ~~~ト スウィィィィト」いちごパフェ
  • サブカルクソ女パンケーキ
  • 竹書房風フルーツタルト

  • ポプ子の「エイサイハラマスコイドリンク」
  • ピピ美の「ぜったい流行るドリンク」
  • 「泥水コーヒー」
    元ネタ「覚えてろ竹書房……地べたを這いドロ水をすすってでも もどってきてやる……」

似たようなキーフレーズ

週刊少年ジャンプ

『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)とは、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。

NARUTO -ナルト-

『NARUTO -ナルト-』は『週刊少年ジャンプ』にて、1999年から2014年まで連載された岸本斉史による漫画作品。 木ノ葉隠れの里の忍者・うずまきナルトを主人公に、熾烈な戦いが展開されるバトルアクション。...

王ドロボウJING

1995年から1998年まで、熊倉裕一さんによって月刊漫画雑誌『コミックボンボン』に連載された作品。 1999年からは、『月刊マガジンZ』に掲載誌を移し、続編『KING OF BANDIT JING』として連載されたが、2005年から休載となっていた。(『月刊マガジンZ』も2...

坂道のアポロン

『坂道のアポロン』とは、小玉ユキによる漫画作品。2007年11月号から2012年3月号まで小学館『月刊フラワーズ』にて連載。単行本は全9巻。 2012年、ノイタミナでTVアニメ化。演奏シーンの演出や作画、OP楽曲をYUKI×菅野よう子のタッグ...

人は見た目が100パーセント

『人は見た目が100パーセント』とは、大久保ヒロミによる漫画作品。BE・LOVE(講談社)にて連載。 2017年4月より、フジテレビ系にて木曜22時からテレビドラマが放送予定。出演は桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみ。 「自分らしさっ...

100万円の女たち

『100万円の女たち』とは、青野春秋による日本の漫画作品。ビッグコミックスピリッツにて連載。 売れない小説家・道間慎と、毎月彼に100万円ずつ支払う素性不明の5人の女性の奇妙な共同生活を描いたミステリー。 それを原作とした連続ドラマが、4月...

夏目友人帳

『夏目友人帳』(なつめゆうじんちょう)とは、緑川ゆきによる漫画作品。 アニメシリーズは2008年から5作が放送されており、2017年4月より第6期『夏目友人帳 陸』が放送予定。...

アトム ザ・ビギニング

『アトム ザ・ビギニング』とは、ゆうきまさみ(コンセプトワークス)、カサハラテツロー(漫画)による漫画作品。『月刊ヒーローズ』(ヒーローズ)にて2015年1月号から連載中。 2017年春、NHK総合テレビにてテレビアニメが放送開始予定。...

ひなこのーと

『ひなこのーと』とは、三月による4コマ漫画作品。「月刊コミックキューン」で連載中。 2017年4月よりテレビアニメ放送開始予定。

恋愛暴君

『恋愛暴君』とは、三星めがねによる日本のウェブコミック作品。Webコミック「COMICメテオ」で連載中。

PとJK

『PとJK』とは、三次マキによる漫画作品。雑誌『別冊フレンド』(講談社)2013年1月号から連載開始。 タイトルの「P」はPolice(警察官)の頭文字、「JK」は女子高生をあらわす略語。 2017年3月25日に実写映画が公開予定。主演は土屋太鳳、亀...

人魚姫のごめんねごはん

『人魚姫のごめんねごはん』とは、原作・野田宏、漫画・若松卓宏による漫画作品。 2017年1月11日より、小学館「ビッグコミックスピリッツ」編集部が運営している無料ウェブ漫画サイト「やわらかスピリッツ」にて連載開始。 魚たちを深く愛する人魚...

めしにしましょう

『めしにしましょう』とは、小林銅蟲による漫画作品。 2016年6月28日より「イブニング」にて連載中。 漫画家の仕事場を舞台に、締め切りに追われる漫画家のため、変わり者アシスタントが今日もやる気を回復させる「やりすぎ飯」を振舞うギャグ漫画...

ど根性ガエルの娘

「ど根性ガエルの娘」とは、大月悠祐子による漫画作品。 『ど根性ガエル』作者の吉沢やすみの娘である大月悠祐子が描く、ヒットの陰に隠された、家族の再生物語。...

とんかつDJアゲ太郎

『とんかつDJアゲ太郎』とは、イーピャオと小山ゆうじろうによる漫画。 2016年4月よりTOKYO MXほかにてアニメ化。

荒ぶる季節の乙女どもよ。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』とは、岡田麿里(原作)、絵本奈央(漫画)による漫画作品。 高校の文芸部を舞台に青春群像劇を描く。 2016年12月9日発売の「別冊少年マガジン」(講談社)2017年1月号より連載開始。...

ダンジョン飯

『ダンジョン飯』(ダンジョンめし)とは、九井諒子による漫画作品。 漫画誌『ハルタ』にて連載中。

銀河の死なない子供たちへ

『銀河の死なない子供たちへ』とは、施川ユウキによる漫画作品。 2017年2月13日に「ComicWalker」「ニコニコ静画」にて連載開始。

東京タラレバ娘

『東京タラレバ娘』は、東村アキコによる漫画作品。『Kiss』(講談社)にて2014年5月号より連載されている。 脚本家の倫子(33歳)は、恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―独身女子の香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々。 「キレイに...

一人交換日記

『一人交換日記』とは、永田カビによるコミックエッセイ作品。 「ヒバナ」(小学館)のpixivコミック限定で連載した後、2016年12月10日に単行本発売。 レズビアン風俗へ行ったレポート漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』が仕事につ...

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ