ポプテピピックとは、竹書房のWEBコミック『まんがライフWIN』にて連載されている大川ぶくぶ作の漫画。ポプテピと呼ばれることも。


14歳の女の子ポプ子ピピ美が繰り広げる4コマ漫画で、かわいらしい絵柄の2人が放つシュールなセリフと展開が病みつきに。

ポプテピピックとは

ポプテピピックとは、竹書房のWEBコミック『まんがライフWIN』にて連載されている大川ぶくぶ作の漫画。ポプテピと呼ばれることも。

タイトルの由来

またポプテピピックのタイトル下に「POP TEAM EPIC」という単語の記載がある。

タイトルは「この単語から引用されているのではないか」「いや言葉の響きに合わせて後付したものだ」とファンの間では憶測が飛び交っている。

ポプテピピック内容・打ち切りまで

14歳の女の子ポプ子ピピ美が繰り広げる4コマ漫画で、かわいらしい絵柄の2人が放つシュールなセリフと展開が病みつきに。連載元の竹書房に喧嘩を売ったり、パロディを堂々とかましたりと何でもあり。ファンは元ネタ探しが捗る...!

▲「指定暴力団 竹書房」を掲載側公式がネタにしているツイート。

▲サジェスト上位が「倒産」から「指定暴力団」になってしまったとのこと。

2015年11月には打ち切りとなってしまうものの、打ち切り後の2015年12月7日には人気も相まって単行本が発売に。なお、最終回の内容は「漫画の中で出版社である竹書房のビルを殴ってぶち壊す」という鮮烈なものであった...!

飯田橋にポプテピピックの看板が設置される

竹書房が位置する飯田橋駅のJR東口改札前に、ポプテピピック内の1コマを使った道案内看板が掲示された。作中でも特徴的な場面の1コマとアバウトな道案内が相まって、掲示されるや否やネット上でファンから話題に。

なお、ポプテピピックを知らない人も必ず目にするであろう、改札の目の前という位置に設置されているとのこと。

作者の大川ぶくぶもさすがのこの反応。

新連載『☆色(ほしいろ)ガールドロップ』はまさかの釣り

2016年2月18日には『まんがライフWIN』で新連載『☆色(ほしいろ)ガールドロップ』が開始。

「ほっこり笑えてキュンキュンときめいちゃう、ドキドキの二重生活ラブコメ」と予告されていたが、実はこの新連載はフェイクだった。2月19日にはポプテピピックのセカンドシーズン連載が始まることが明らかになり、ファンは歓喜。

2月19日に掲載された『☆色(ほしいろ)ガールドロップ』1話後半、自分のことを忘れてしまった男性主人公に「私だよ私!」と声をかけ続けるヒロインが「私だよ!!!!」の言葉とともにヒロインの顔を引き裂く

すると、その中からポプ子が登場...!

ポプテピピックが漫画の中から飛び出した!

ウェブでの連載・単行本が人気のポプテピピックはLINEスタンプやグッズもシュール。特徴的なコマが多いので、めちゃくちゃ目立っていい><

LINEスタンプ第1弾・第2弾が発売中

2016年現在、漫画の印象的なコマから厳選されたLINEスタンプが2種類販売されている。意外にも汎用性が高く、煽りにもスルーにも使えるのでおすすめ。

第1弾「ポプテピピック」

「君さぁ プライドなさすぎちゃう?」「あーそーゆことね 完全に理解した(わかってない)」等の一言が。

第2弾「ポプテピピック2」

第2弾「そういうの一番きらい」「ぜったい流行る」等の一言が。

さらにグッズも登場!

漫画内の印象的な一コマ「エイサイハラマスコイおどり」「いいぞ」等の絵柄が採用されたクリアファイル・キーホルダー・Tシャツ等も販売されている。

さらにニコニコ超会議2016では「EDM」「SUCKS」 Tシャツや「RAGE」トートの先行販売も。

ポプテピピックカフェ

▲公式側はこの反応。

2016年8月には、プリンセスカフェ吉祥寺2号館とポプテピピックがコラボしたカフェが開催。午前中には整理券がなくなってしまうほどの盛況ぶりで、メニューもポプテピピック内の台詞にちなんだ「ぶっ飛んだ」名前だった。

ポプテピピックカフェ メニュー

  • 「ビーフオアチキン?あ゛あ゛?ビーフ」命拾いしたカレーライス
  • ピピ美の「ポプテピクッキング~♪ 鯖の味噌煮」
  • ポプ子とピピ美の「スウィィ~~~ト スウィィィィト」いちごパフェ
  • サブカルクソ女パンケーキ
  • 竹書房風フルーツタルト

  • ポプ子の「エイサイハラマスコイドリンク」
  • ピピ美の「ぜったい流行るドリンク」
  • 「泥水コーヒー」
    元ネタ「覚えてろ竹書房……地べたを這いドロ水をすすってでも もどってきてやる……」

似たようなキーフレーズ

僕の変な彼女

僕の変な彼女とは、漫画雑誌『モーニング』に掲載された読み切り漫画作品。作者は三浦よし木。 2015年5月、講談社の新人賞「第37回MANGA OPEN」で東村賞と編集部賞のダブル受賞を果たした。なお、選考委員をつとめた東村アキコは「私が...

腐女子のつづ井さん

腐女子のつづ井さんとは、つづ井によるエッセイ漫画。 物心つくよりも先にBL妄想に目覚めていた腐女子・つづ井さんと仲間たちの喜び多い日常が綴られた漫画で、第2回 次にくるマンガ大賞でWebマンガ部門2位を受賞。 2016年2月には単行...

HUNTER×HUNTER

『HUNTER×HUNTER』は漫画家・冨樫義博による少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』で連載(休載)中。綿密かつ複雑に構成された設定、ストーリー、演出、魅力的なキャラクターによって、日本漫画史を更新し続けている名作。しかし累計500回を越える記録...

宝石の国

『宝石の国』は市川春子による漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)2012年12月号より連載開始。1巻発売時にフルアニメーションのCMが制作される等して話題を呼んだ。

AKIRA

『AKIRA』とは、大友克洋による漫画。またはそれを原作とするアニメーション映画作品。近未来の荒廃した巨大都市での事件を描くサイエンス・フィクション。漫画雑誌『週刊ヤングマガジン』で連載され、漫画、映画共に未だに長く語り継がれる日本文化...

僕のヒーローアカデミア

週刊「少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の、堀越耕平さんによるアクションコミック。まだ既巻6巻にも関わらずTVアニメ化も発表され、読者はアニメ化を喜ぶ一方で、「さすがに早すぎるのではないか」という懸念の声も噴出している。...

おそ松くん

『おそ松くん』は、漫画家・赤塚不二夫原作のギャグ漫画。『週刊少年サンデー』にて1962年から1967年にかけて連載された。1966年と1988年にそれぞれアニメ化が行われており、2015年10月からはキャラクターたちが大人になった現代を舞台にしたアニメ『おそ松さ...

青い春

『青い春』は、漫画家・松本大洋による短編集。『しあわせなら手をたたこう』『リボルバー』『夏でポン!』『鈴木さん』『ピース』『ファミリーレストランは僕らのパラダイスなのさ!』『だみだこりゃ』の計7作品が収められている。2002年には豊田利晃監督の...

NEW GAME!

『NEW GAME!』は、得能正太郎による『まんがタイムきららキャラット』で2013年から連載されている4コマ漫画。架空のゲーム制作株式会社で働く女の子たちの仕事や日常を描く。主人公・涼風青葉が「今日も一日がんばるぞい!」と奮起する1コマがSNSで話...

シティーハンター

シティーハンターとは、漫画家・北条司原作による漫画・アニメ・実写映画作品。東京・新宿を舞台に主人公の冴羽獠が、シティハンターとして活躍するハードボイルドコメディ。...

ロードス島戦記 ファリスの聖女

ロードス島戦記 ファリスの聖女とは、水野良原作、山田章博作画による漫画作品。ロードス島に語り継がれる魔神との戦争の顛末を描いたスピンオフ作品となっている。

マーベル・コミックス

マーベル・コミックスとは、アメリカにある漫画の出版社。スパイダーマンやキャプテン・アメリカなど、アメリカを代表するキャラクターを生み出してきた。現在は、ウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下にある。...

キャプテン・アメリカ

キャプテン・アメリカとは、マーベル・コミックスが刊行する漫画に登場するヒーロー。星条旗をモチーフとした、マスクとスーツに身を包み、防御だけでなく攻撃にも使える盾で戦う。...

ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険とは、1987年から連載が続く荒木飛呂彦さんによる人気漫画シリーズ。主人公であるジョースター一族と、宿敵・DIOとの因縁の戦いが、「人間賛歌」をテーマに描かれている。現在は、『ウルトラジャンプ』にて、第8部の『ジョジョリオン...

荒木飛呂彦

荒木飛呂彦は日本の漫画家。代表作に「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズなど。デビュー作は手塚賞に準入選した『武装ポーカー』。

四月は君の嘘

四月は君の嘘は、新川直司による日本の漫画作品。2014年10月9日よりノイタミナ枠にてTVアニメ化。

ハイスコアガール

ハイスコアガールは、押切蓮介による日本の漫画作品。著作権侵害問題・刑事告訴事件のため、2014年VOL.9以降は休載中。1990年代の対戦型格闘ゲームブームを舞台とする。

遊☆戯☆王

遊戯王(正式名称遊☆戯☆王)とは、漫画家・高橋和希による1996年から2004年まで週刊少年ジャンプに連載された漫画、およびその派生作品である。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ