ペンギン・ハイウェイ

ぺんぎんはいうぇい

「ペンギン・ハイウェイ」とは、小説家・森見登美彦さんの作品である。単行本は2010年5月、文庫は2012年11月に、株式会社KADOKAWAから出版された。


同年、第31回SF大賞を受賞。


2018年8月17日にはアニメーション映画が公開された。

小説について

『ペンギン・ハイウェイ』は、小説家・森見登美彦さんの作品。少年の一夏の成長を独特の世界観で瑞々しく描き、多くのファンに支持され続けている。

森見さんは、1979年生まれ、奈良県出身。京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。『夜は短し歩けよ乙女』、『有頂天家族』、『四畳半神話大系』など、数々のベストセラー作品をもつ。

アニメ映画について

2018年8月17日にはアニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』が公開された。

制作は2011年に設立されたスタジオコロリド。

監督は石田祐康さん。自主制作映画の『フミコの告白』が話題となり、アニメーション界で今最もその才能に注目が集まるクリエイターの一人である。

キャラクターデザインは、スタジオジブリで経験を積んだ新井陽次郎さん。

脚本は、森見さんの以前の作品でも映像化を手掛けた上田誠さん。

音楽は、今回が劇場長編アニメ作品への初参加となる、阿部海太郎さん。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ