宇野常寛が語る『母性のディストピア』(全6回)

評論家・宇野常寛の6年ぶりの単著『母性のディストピア』は、宮崎駿、富野由悠季、押井守という3人のアニメーション作家に焦点を当てている。

彼らはどのようにして「母性」と対峙したのか、その精神性は社会にどのような影響を与えたのか。

「政治と文学」から「市場とゲーム」へと価値観が移り変わっていく社会を示唆した本作をさらに深く読み解くための、超ロングインタビュー。

― 全6

PICK UP

注目記事

ページトップへ