1966

台湾女子のマンガ・コスプレ事情! 注目台湾人コスプレイヤーも画像で紹介

写真は台湾人コスプレイヤー・霜月(shimotsuki)さん

ご無沙汰しています。LIPの田中です。

今回は台湾ガールズポップカルチャー 連載の第2回目。マンガ、コスプレ事情をご紹介します。

台湾ガールズポップカルチャー連載の関連記事
女子最強! 台湾ガールズポップカルチャー最前線
台湾ガールズカルチャーを牽引するソーシャルタレントって何者?

台湾では日本とほぼ時間差なく、最新のマンガやアニメ、ゲームなど日本のサブカルチャー情報をゲットできます。

lip1

台湾の渋谷・西門店のAnimate

また、「ニコニコ動画台湾」が存在し、日本の「ニコニコ動画」がローカライズされているのは世界で唯一の国です。4月に行われた「ニコニコ超会議3」でも、日本と台湾ユーザーの交流が目玉企画の1つになっていたほどです。

そんな、日本のカルチャーに世界一精通していると言っても過言ではない台湾で、今どのように日本カルチャーが盛り上がり、さらには台湾ガールズたちの独自の感性で育まれているのでしょうか?

台湾のコミケにはとにかく女子が多い!

Fancy Frontier

lip2

Fancy Frontier

まず、台湾での日本カルチャーの象徴的な祭典が、“台湾のコミケ”とも言われる台湾の同人誌の最大イベント「Fancy Frontier」(中文名:開拓動漫祭)。

同イベントは2002年にスタートし、毎年夏と冬2回開催、その間には小規模の関連イベント「Petit Fancy」も開催されます。

参加規模は6万人以上、開催場所は“台湾の東大”である台湾大学。普段は台湾の秀才たちが通うこの学校も、この日ばかりはアニメやマンガで埋め尽くされます。

会場内は数多くの出展者と参加者でごった返し、日本からも毎回人気声優やアイドルがゲスト参加します。

Fancy Frontierのもう一つの見所として、本家コミケと同様、会場外ではコスプレ撮影会が開催されます。

lip3 コスプレのクオリティーやバリエーションは日本に負けていません。

lip4 lip5 コスプレの幅も広いです。

lip6 台湾ミク集合!

Comic World Taiwan

Fancy Frontierと肩を並べる、台湾を代表する同人誌イベント「Comic World Taiwan」。

Fancy Frontierと違い、企業ブースやステージイベントはなく、同人誌即売に特化したイベントです。参加者の8割が女性というのも特徴。

またこのイベントは関連して、台中での「CWT-T」、高雄の「CWT-K」と、いずれも年1回ずつ開催され、台湾各地で盛り上がります。

台湾ガールの最新人気マンガは?

台湾ガールに人気マンガのジャンルは、がぜんBL。西門店のAnimateに行ったところ、BL系のマンガスペースがどんどん拡大中。

店員さん曰く、一般マンガでも『うたの☆プリンスさまっ♪pp』、その他ゲームだと『薄桜鬼SSL』、アニメでは『Free!』と、美少年がたくさん出演する学園ものが大人気の様子です。

台湾では中文版のマンガも多く出版されていますが、日本語版のまま販売されている作品もまだまだ多いです。しかし台湾ガールたちはこれを日本語の教材がわりに、作品を読みたい一心で日本語を取得していく子も…!

【次のページ】注目の台湾人コスプレイヤー5選!
1
2

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連キーフレーズ

「Fancy Frontier」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 83

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

台湾女子高生たちの素顔 青山裕企『台湾可愛』制作の裏側
連載
台湾ガールズポップカルチャー連載
全4記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?