41

POPなポイントを3行で

  • カニエ・ウェストが自身のTwitterで改名を発表
  • 「Kanye West」から「YE」へ
  • これまで作品のタイトルにも自身のニックネームを使用

最新ニュースを受け取る

カニエ・ウェストが「YE」に改名 SNSのプロフィールも刷新

カニエ・ウエストさん/画像は公式Facebookより

ラッパーのカニエ・ウェストさんが自らのアーティストネームを「YE」へと改名するとTwitterにて発表した(以下、カニエ・ウェストで表記)。 「the being formally known as」とは、「〜としてよく知られていた」という意味で訳される(FKAというネットスラングもある)。ツイート内容は、「旧名カニエ・ウェスト。今はYEだ」といったところ。

多くのニックネームを持つカニエ、その意図

「YE」は「Yandhi」「Yeezus」と同様に、以前から使われていたカニエ・ウェストのニックネームだ。

Adidasがカニエさんとコラボレートし発売している人気のスニーカー、「Yeezy」もカニエさんのニックネームである。作品に自身のニックネームを使うことも多く、2013年にリリースされたアルバム『Yeezus』や、9月にリリースされたばかりのアルバムでも『Ye』というタイトルとなっている。

カニエさんは『Ye』をリリースした際、自身のニックネームをタイトルに使うことについて、ラジオパーソナリティのBig Boyの番組でこう語っている。

“I believe ‘ye’ is the most commonly used word in the Bible, and in the Bible it means ‘you’. So I’m you, I’m us, it’s us. It went from Kanye, which means the only one, to just Ye — just being a reflection of our good, our bad, our confused, everything.”

「“Ye”は聖書で一番多く登場する単語で、“you”を指す。俺はお前であり、俺は俺たちなんだ。“オンリー・ワン”である“Kanye”から“Ye”だけにしたのは、俺たちの善悪や混乱、全てを反映しているから。このアルバムは俺たちの在り方を反映したものになっている」

「Yeezus」はキリスト教においての神である「Jeezus」をもじったもの。同名のアルバムにも「I am a God(俺は神だ)」という楽曲があるように、自身を神と当てはめて発言することも目立っている。 9月29日にリリース予定であった自身の最新アルバムも(記事執筆時点では未だリリースされていない)、『Yandhi』というタイトルが発表されており、こちらもインド独立の父、「Gandhi(マハトマ・ガンディー)」が由をもじったものといわれている。

SNSのアカウントも「ye」に

TwitterやInstagramのアカウントもすでにプロフィールを「ye」に更新しており、今回のまさかの改名は本格的なものととれる。

たびたび音楽シーンやメディアを騒がせるカニエ・ウェストさん。今回の改名について、今後どのようなステートメントを出すのか、いましばらく注目したい。

ラッパーたちの生き様

こんな記事も読まれています

関連商品

ye [Explicit]

発売 : 2018年6月1日
価格 : 1,260円(税込み)
販売元 : Getting Out Our Dreams, Inc./Def Jam Recordings

この記事をツイート 18

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ