45

POPなポイントを3行で

  • バーチャルYouTuberユニット・KMNZの初楽曲がリリース
  • 作曲を手がけたのは「Kawaii Future Bass」のUjico*/Snail’s House
  • 時代の先端同士のコラボレーションを聴いてみよう

最新ニュースを受け取る

VR - Virtual Reality (Music Only) / KMNZ [Official Music Video]

サウンドクリエイター・Snail's Houseさんが手がけた、バーチャルYouTuberユニット・KMNZ(ケモノズ)初の楽曲「VR(Virtual Reality)」が8月7日にデジタルリリースされた。

この曲は7月から放送中されているKMNZのLITA(リタ)さんとLIZ(リズ)さんがMCをつとめる地上波バラエティ「VIRTUAL BUZZ TALK!」のテーマソング。

リリックはKMNCREW、作曲をSnail's Houseさんが担当。KAI-YOUでもVTuber系取材をしていたじーえふ@grapefruit_uhr)さんが、一部作詞を担当した。

KMNZの2人の飛び跳ねるようなラップが心地よいポップな1曲に仕上がっている。 リリース後、iTunesのヒップホップ/ラップカテゴリーでは1位を記録しており、大きな反響を集めている。

LITAとLIZのバーチャルガールズユニット・KMNZ

バーチャルガールズユニットとして活動するKMNZは、リタさんとリズさんによるバーチャルYouTuber(VTuber)。 KMNZ「VR」 5月にリタさん、6月にリズさんが顔見せしたばかりでありながら、ラップに乗せた自己紹介や、ヒップホップを強く意識したストリートテイストのデザインが注目されている。 7月からは早くもTOKYO MXで冠番組「VIRTUAL BUZZ TALK!」が放送開始。VTuberのVTuberによるVTuberのためのバラエティ番組として、毎回VTuberをゲストに招いたトークなどが展開されている。

新たなFuture BassをつくりだすSnail's House

勢いに乗る彼女たちの初のオリジナル楽曲を手がけたのは、別名義・Ujico*でも知られるサウンドクリエイター・Snail's Houseさんだ。 2014年頃から、ポップなエレクトロニックサウンドやゲームBGMを連想させるFuture Bass(フューチャー・ベース)と呼ばれるジャンルの楽曲を発表。

独自の要素「Kawaii」を取り入れた「Kawaii Future Bass」を提唱して注目を集めた。

2015年5月には気鋭ネットレーベル・TREKKIE TRAXより、当時18歳でアルバム「Kirara EP」をリリース(関連記事)。 2017年10月に公開した「Pixel Galaxy」のMVは楽曲とともに大きな話題を呼び、再生回数2700万回に迫る。直接的に名前は知らなくとも、このMVは見たことがあるという人も多いのではないだろうか。
Snail's House - Pixel Galaxy (Official MV)
KMNZとSnail's House、ともに今後のさらなる活躍が期待される両者によって生まれた「VR」。まだ聴いていないという人は、時代の先端同士のコラボレーションをその耳で体感してみよう。

VTuberはもう知ってるよね?

こんな記事も読まれています

関連商品

VR

発売 : 2018年8月7日
価格 : 250円(税込み)
販売元 : KMNLABEL

聴いてみよう!

関連キーフレーズ

「Snail's House」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 41

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ