57

POPなポイントを3行で

  • 動画『東京プリズン』presents あるある喧嘩MCバトル選手権が公開
  • ラッパーの裂固、TKda黒ぶち、FRANKEN、MC LIMEらが登場
  • Zeebraの著書をきっかけに生まれた動画で伝えたいこととは…?

最新ニュースを受け取る

『東京プリズン』presents「あるある喧嘩MCバトル選手権」

ラッパーが、日常生活でよくある喧嘩を題材にMCバトルを繰り広げる動画「『東京プリズン』presents あるある喧嘩MCバトル選手権」が公開されました。

動画には実力派のラッパーたちが登場。「フリースタイルダンジョン」の2代目モンスター・裂固さんやMCバトル「戦慄 MCBATTLE」Vol.15などで優勝を飾ったTKda黒ぶちさん。

さらに、YouTuberとしても精力的に活動するFRANKENさん、現役中学1年生のMC LIMEさんと、バトルの内容が気になるメンバーが揃っています。

4人は世の中に溢れるさまざまな「喧嘩あるある」をテーマにMCバトルで対決。トーナメントを勝ち抜いた1人には、驚愕のラスボスとの一戦が。
MASTAさん

MASTAさん

ちなみに、司会者はMCバトルで日本一を決める大会「KINGS OF KINGS」でも司会をつとめるMASTAさんです(本格的ですね)。

果たして、最後のひとりとしてボスと対決するのは誰か、そして予想外のボスの正体とは?

文:山下智也

いい試合ばっかりで、マジでそうさ!

裂固 vs TKda黒ぶち

1試合目では、裂固さんとTKda黒ぶちさんが「夫婦喧嘩あるある」をお題に対決。 裂固 vs TKda黒ぶち まずは、先行・裂固さんが夫婦喧嘩の際に「過去の話を引っ張ってきて超いやらしい」とラップ。

一方のTKda黒ぶちさんは、口喧嘩後の展開として「物投げたりする」と主張。持ち味のリズミカルなフロウが炸裂しています。

2ターン目で裂固さんは、「何で喧嘩していたのか忘れる、最後 エスカレートすりゃ皿を割る、腹を割る 事できずモヤモヤしたまま終わる」と見事な韻を畳み掛けます(筆者は、思わず両親の喧嘩を思い出してしまいました)。
裂固さん

裂固さん

TKda黒ぶちさんのアンサーではさらにエスカレートした情景を描写。「ビールに危ない薬入れるやつとかもいる」とサグい内容を歌い勝利。1回戦を突破します。

MC LIME vs FRANKEN

2試合目は、MC LIMEさんとFRANKENさんが「いきった中学生喧嘩あるある」をテーマに激突します。 MC LIME vs FRANKEN 先手をきったMC LIMEさんは、「いきなり懐からナイフを取り出す 鉄パイプとガスガン持って踊り出す」と見た目からは想像もつかない危ないワードを連発。

高速フロウの「マジでそうさ(だ)」がおなじみになっているFRANKENさんも、はじめからギア全開。

年の差がある相手に「マジでそうさ メンチ奢って仲直りすればいいじゃないかよ」と提案します。
FRANKENさん

FRANKENさん

しかし、止まらないMC LIMEさんは「裏で教師と親が繋がってる 大体ボス的存在がいる」など客観的な視点のラップも披露。

FRANKENさんはさらに早い高速ラップでアンサーしますが、現役中学生ならではのリアリティーを活かしたMC LIMEさんに軍配が上がりました。

MC LIME vs TKda黒ぶち、ボスの正体も判明

ボスとの対決を賭けた一戦は、「MCバトル喧嘩あるある」をテーマにMC LIMEさんとTKda黒ぶちさんが対決。

序盤からMC LIMEさんが脚韻を畳み掛けます。
MC LIMEさん

MC LIMEさん

TKda黒ぶちさんは、「めちゃ傷つくディスした後なのに バトル終わった瞬間ピースになりすぎ」と、MCバトルファンならだれもが思ったことがありそうな内容をラップ。

次のターンでMC LIMEさんが「早口でもビートに乗れる自慢 でも結局 下手うち乗れずじまい」と気持ちいいライムを吐き出します。

TKda黒ぶちさんは、バトルのビートとしてもお馴染みの名曲「蜂と蝶」あるあるを挙げつつ、「賞金が五万円だと『五万円でご満悦』ってみんな踏みすぎ」というあるある韻で応酬。
TKda黒ぶちさん

TKda黒ぶちさん

見事に優勝を納めたのはTKda黒ぶちさんですが、最後に正体不明のボスとの対戦が待っていました。 TKda黒ぶちさん vs ボス 「ヒヨッコが、来よったな」と開口一番高圧的なボスのラップに対して、姿を見せないボスに「一体誰だ?」と詰め寄りながら、不敵な笑みを浮かべて韻をぶつけるTKda黒ぶちさん。お互い一歩も引かずにバースが終了。

と思いきや、ここでボスに異変が起き、正体が明らかとなります。その正体はなんと日本ヒップホップのレジェンド・Zeebraさんだったのです。

普段は司会者、オーガナイザーとして活躍しているZeebraさんがフリースタイルラップバトルに挑むのは、なんと9年ぶりのこと。

本当の喧嘩、俺が教えてやる」と豪語して現れたZeebraさん。まさか…でも納得なボスの登場にTKda黒ぶちさんは生き生きした様子。
Zeebraさん

Zeebraさん

Zeebraさんは、圧巻の立ち振る舞いで「Hey Yo TK、よく聴け!」というラップから切り出す。TKda黒ぶちさんは、1990年代の伝説のヒップホップイベント「さんピンCAMP」に魅せられた思い出とともに、Zeebraさんへのリスペクトを歌います。

しかし、2ターン目にZeebraさんは「TKって言ったら小室 だからニセモノは葬ろう」とクールに締めくくりました。今では滅多にお目にかかることができないZeebraさんのバトルでした。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「東京プリズン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 29

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ