18

POPなポイントを3行で

  • コスプレイヤー・Pugoffkaが「Cosplay Token」アンバサダーに
  • キュアがICO実施を予定している独自トークン
  • 1月には台湾人タレント・野臣一美の参加も発表

最新ニュースを受け取る

人気レイヤーのPugoffka、野臣一美ら コスプレ仮想通貨のアンバサダーに

Pugoffkaさん

ウクライナ人フォトグラファー兼コスプレイヤーのPugoffka(プゴフカ)さんが、ICO実施予定の仮想通貨「Cosplay Token」(略称:COT)のアンバサダーに参加することが発表された。

携わった撮影は700以上、世界で活躍するPugoffkaとは?

Pugoffkaさん ウクライナ・キエフ出身のフォトグラファー/コスプレイヤー・Pugoffkaさん。

フォトグラファーとしては2009年から活動しており、これまでに携わった撮影は700以上。 各国のコスプレイヤーとの交流も広く、撮影で世界中を飛び回っている。

アンバサダー参加にあたっては、「このプロジェクトは世界のコスプレと文化への大きな貢献になると思います」とコメントしている。

こんにちは! Pugoffka(プゴフカ)です。
アンバサダーとしてこのプロジェクトに参加できて、とても光栄です。
このプロジェクトは世界のコスプレと文化への大きな貢献になると思います。
また、世界のコスプレイヤーにとって、自分自身がユニークなアーティストであることに気づくきっかけとなるでしょう。
Good luck to us all !がんばろう! Pugoffkaさんコメント

アンバサダーには台湾人タレント・野臣一美も参加

Pugoffkaさんが参加する「Cosplay Token」は、コスプレプラットフォーム・Cure WorldCosplayを運営するキュアがICO実施を予定している独自トークン。

コスプレ経済圏において、世界中のコスプレイヤーやカメラマン、造形師、ファン、イベント主催者、企業などが、オンラインまたはオフライン(コスプレイベント等)で活用できるトークンを目指している。

1月18日にはPugoffkaさんと同じく、日本在住の台湾人タレント・野臣一美(ノオミカズミ)さんのアンバサダー参加を発表。
野臣一美さん

野臣一美さん

野臣さんはFacebookで25万人のフォロワーを有しており、モデル/コスプレイヤー/実業家として活躍中だ。

アニメやコスプレでも活用されるICO

ICOことイニシャル・コイン・オファリングとは、企業や団体などがデジタル権利証を発行。その代価として、仮想通貨を払い込んでもらい、円やドルに換金した上で事業に必要な資金を調達するという手法。

デジタル権利証は「トークン」(=仮想通貨)と呼ばれ、開発した製品およびサービスなどの購入に使用できる。

こうしたいわゆるブロックチェーン技術の応用は、アニメやコスプレといった分野でも事例が登場。 Tokyo Otaku Modeの「オタクコイン」やアニメ監督の山本寛さんが主宰するTwilight Studio(トワイライトスタジオ)の「トワイライトコイン」などで、ICOの実施を予定している。

世界のコスプレイヤーさんたちの写真をもっと見る

KAI-YOUでは世界のコスプレイヤーさんを紹介中

こんな記事も読まれています

関連商品

アニメ&ゲーム コスプレMAKE&STYLE WINTER (主婦の友ヒットシリーズ)

発売 : 2017年12月14日
価格 : 1,300円(税込み)
販売元 : 主婦の友社

関連キーフレーズ

「Pugoffka」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 12

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ