107

POPなポイントを3行で

  • ライトノベルの金字塔「スレイヤーズ」の続編
  • 本編の再始動はファンから熱望されていた
  • 1月20日発売の「ドラゴンマガジン」30周年記念号で先行公開

最新ニュースを受け取る

小説「スレイヤーズ」本編が再始動 2000年刊行の最終巻から続編

「スレイヤーズ」の新作が先行公開される『ドラゴンマガジン』30周年記念号の特別付録「ドラゴンマガジン30thクロニクル」

小説家・神坂一さんの代表作「スレイヤーズ」シリーズの続編にあたる新作小説の存在が発表された。

新作小説は、1月20日(土)に発売される『ドラゴンマガジン』30周年記念号にて、特別先行公開されるという。

ライトノベルの金字塔「スレイヤーズ」

「スレイヤーズ」は、1990年1月より刊行されているファンタジー小説シリーズ。イラストはあらいずみるいさんが手がけている。
『死霊都市の王―スレイヤーズ (8)』

『死霊都市の王―スレイヤーズ (8)』/画像はAmazonより

かつてはあまり知られていなかったライトノベルという小説ジャンルを、一般層にまでに広げた金字塔的作品と目されており、5度のTVアニメ化/劇場アニメ化、OVAやゲーム化など、メディアミックス展開も枚挙にいとまがない。

待望の新作とその理由

『新世紀エヴァンゲリオン』や『機動戦艦ナデシコ』と並び、90年代を代表する作品としてたびたび挙げられる「スレイヤーズ」。

ギャグ色を強くした外伝作品「すぺしゃる」や「すまっしゅ」の刊行は長く続いていたが、シリアスで本格ファンタジーの風味が強い本編は2000年に刊行された『デモン・スレイヤーズ』(本編15巻)を最後に終了。

以後、ファンからは本編の続編が長い間熱望されていたが、2018年春よりようやく新作として再始動されることが作者公認のファンクラブ「めが・ぶらんど企画」のブログ上にて示唆されている。

なお、本編の9巻からはアニメ化もされておらず、そちらにも期待がかかる。

新作の話題、ついていかないと!

こんな記事も読まれています

関連商品

【合本版】スレイヤーズ 全15巻 (富士見ファンタジア文庫)

著者 : 神坂 一
発売 : 2014年9月1日
販売元 : KADOKAWA / 富士見書房
読んでない人はいまのうちに読んどけ^^

関連キーフレーズ

「スレイヤーズ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 59

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ