14

最新ニュースを受け取る

ケンドリック・ラマー、マーベル映画『ブラックパンサー』音楽を担当

『Black Panther: The Album』ジャケット/画像はMarvel Entertainment公式Twitterより

3月1日(木)に全国公開されるマーベルの新作映画『ブラックパンサー』のサウンドトラックを、ラッパー・Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)さんがプロデュースすることが明かされた。

所属レーベル・Top Dawg Entertainment(TDE)のオーナーであるアンソニー・ティフィスさんとともにキュレーションを行う。 また、リードシングルとして、ケンドリック・ラマーさんと、TDE所属の歌手・SZA(シザ)さんがコラボした新曲「All The Stars」も公開された。

『ブラックパンサー』とは?

「ブラックパンサー」予告編
マーベル・スタジオの最新作として3月の日本公開を間近に控える『ブラックパンサー』。映画版では、2016年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場した。

マーベル初の黒人ヒーローとしても知られているブラックパンサーは、超文明国ワカンダを治める国王であると同時に、漆黒のスーツを身にまとったヒーローでもあるというキャラクターだ。

映画は、超文明国ワカンダの秘密を守るため、世界中にスパイを放ち国内外の敵と戦うという内容。スパイアクションという今までのマーベル作品とは一線を画すストーリーとなる。
Kendrick Lamar - DNA.
一方、ケンドリック・ラマーさんは、2016年の第58回グラミー賞では最多となる5冠を獲得し、今最も注目を集めるアーティストの1人だ。

2017年リリースのアルバム『DAMN.』は、自身のキャリア最大の初動セールスを記録し、ダブル・プラチナ認定もされているほか、Pitchfork、Complexをはじめとする音楽メディアでも軒並み2017年のベストアルバム1位の座を獲得。

第60回グラミー賞ではアルバム・オブ・ザ・イヤー含む合計7部門でノミネート。受賞に向けて大きな期待が寄せられている。

ケンドリック・ラマー『ブラックパンサー』サントラを担当

そんなケンドリック・ラマーさんが、『ブラックパンサー』のサウンドトラック『Black Panther: The Album』のプロデュースを担当。ラマーさんが映画音楽を担当するのは今回が初となる。

公式サイトには、「『ブラックパンサー』は、キャストから監督まですべてが素晴らしい。(監督である)ライアンとマーベルのビジョンとともに、音楽を手がけられることを光栄に思います」とコメントしている。

2月9日にはアルバムがリリース予定となっており、iTunesなどでは予約受付が開始されている。
Kendrick Lamar, SZA - All The Stars (Audio)
なお、「All The Stars」でコラボしているSZAさんは、デビューアルバム『Ctrl』が絶賛されている。世界中で注目を集めるTDEレーベルメイトによる待望の共作といえるだろう。

音楽シーンのトレンドをもっと追いたい

こんな記事も読まれています

関連商品

DAMN. [Explicit]

発売 : 2017年4月14日
価格 : 1,500円(税込み)
販売元 : Universal Music LLC

関連キーフレーズ

「ケンドリック・ラマー」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 8

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ