141

最新ニュースを受け取る

「まんがタイムきららキャラット」での連載作品を原作に、現在放送中のテレビアニメ『ブレンド・S』。

きらら作品の日常ものとしては珍しくラブコメ要素が強く、また「ドS」や「ツンデレ」といった属性要素を前面に打ち出す“攻めた”内容が好評を博している。

そのエンディング曲「デタラメなマイナスとプラスにおけるブレンド考」の発売を記念して、演奏をつとめたドラマーの高橋まことさんに、キャストの声優・和氣あず未さん、鬼頭明里さん、春野杏さんが弟子入り!

そもそも、音楽プロデューサー曰く「『ブレンド・S』の狂気を表現した」と豪語するエンディング曲に、なぜ伝説のバンド・BOØWYのドラムを担当していた高橋まことさんが参加することとなったのか?

その真相に迫るだけではなく、高橋さんのもとを声優さんが訪れ、スティックの握り方からドラムの叩き方までレクチャーを受けることに。

さらに、キャストの3人が『ブレンド・S』のキャラになりきって高橋さんに一言。特に、「ドS」属性でお店に勤務する「桜ノ宮苺香」を演じる和氣あず未さんの強烈な台詞からの展開に注目だ。

なお、「デタラメなマイナスとプラスにおけるブレンド考」は11月22日(水)より発売中。

🎶ドラム弟子入りの様子をテキストで読む🎶

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「高橋まこと」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 64

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ