POPisHere「Drunkenness」シリーズ、発売開始

Click
56

最新ニュースを受け取る

収拾つかないVALU騒動 運営がヒカルらに損害賠償勧告、シバターからリークも

画像はVALU公式サイトのスクリーンショット

マイクロトレードサービス・VALUは8月23日、YouTuberのヒカルさん、ラファエルさん、禁断ボーイズいっくんさんらがVALU上で起こした一連の問題について、彼らの所属会社であるVAZおよび同社の元顧問・井川拓哉さんに、ユーザーへの損害賠償などを勧告した。

VALU、ヒカルらに対してユーザーへの損害賠償を勧告

VALUは、個人が株式会社のようにVAとよばれる株を発行し、資金調達を行うことのできるサービス。

VAの取引はビットコイン(仮想通貨)を用いて行われ、購入したVAをほかの株主(VALUER)に買い取ってもらうことで差益を得ることができる。

「ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)および井川氏に関する対応等についての続報」と題した文面では、YouTuberによるVALU取引を巡って起きた一連の騒動(関連記事)について、VALUの顧問弁護士から賠償や補填などを勧告する通知を、内容証明郵便として送付したことを明らかにしている。

その中で、4人が行ったVAの大量販売などによる損害への賠償、VALU保有者からのVAの買取り、損害を被ったユーザーへの対応内容とスケジュールの公表などを勧告。

1. ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)および井川氏に対する通知書の送付について

本日、弊社顧問弁護士より、VAZ社および井川氏に対し、VAの大量販売など一連の行為による損害または損失が発生した本サービスユーザーへの損害賠償または損失補填、VALU保有者からのVAの買取り、ならびに損害を被ったユーザーに対する今後の具体的な対応の内容およびスケジュールの公表等を勧告する通知書を内容証明郵便により送付いたしました。
ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)および井川氏に関する対応等についての続報

さらにVALU側の対応として、「利用者保護を強化する利用規約の改定を含む新ルール」を、来週中をめどに発表するという。

炎上の発端と、VALUの最初の声明

一連の問題が発生したのは8月15日。前述のYouTuber3人が、ビットコインを用いたマイクロトレードサービス・VALU内で、大量のVA(個人の価値を取引するための疑似株)を一斉に売却、利益を得るとともに、彼らのVA保有者に被害を与えたというもの。

特に、関係者であるVAZ顧問・井川さんが、ヒカルさんらが全VAを手放す前に売り抜きを図ったように思える行為を行い、利益を得たことも大きく批判された。

批判を受けたYouTuber3人は、売り払ったVAを買い戻す意向を表明。

対して、VALU側でも、該当するVAへの売買注文をすべてキャンセル。取引で発生した手数料収入については、VALUと同様の「人の価値を発掘し、高める。」という意向を掲げる組織へ寄付することを発表。寄付先および寄付金額は確定次第報告する、とされていた(外部リンク)。

しかし、その後も騒動は各方面へ波及。他のYouTuberやアーティスト、投資家、法律専門家、関係者からも言及され、新聞社も報道する事態へ。

ヒカル叩きがネット上で過熱 井川氏はVAZ顧問を辞任

一方、ネット上ではヒカルさんたちへの批判が強まり、匿名掲示板「2ちゃんねる」内の特に「なんでも実況(ジュピター)」(通称「なんJ」)ではその動きが過熱し、ヒカルさんたちの動画に対して自動で低評価をつけるツールを配布したり、関係者の住所を特定したりといった嫌がらせに発展。

VALU騒動に端を発する一連の炎上とは別に、ネット上の私刑については多くの人が反感を示している。

そして、ヒカルさんらの動画を無断でコラージュし、特定宗教を侮辱するような動画を投稿するに至り、ヒカルさん側も「捜査機関と連携」すると発表、出演イベントもキャンセルするなど、事態はいまだ収拾する気配がない。

また、22日には、当初株の売買で言う「インサイダー取引」に当たる行為を疑われ、その後否定していた井川さんだが、VAZおよびヒカルさんたちが所属する事務所・NextStageの顧問を辞任すると発表している。

VALUの責任を追求する声も

当初から、VALUに対してプラットフォーム側の責任を問う声も多くあったが、今回のVALU側の続報についても、「責任転嫁ではないか」「そもそも企業の発表内容として不透明すぎる」といった厳しい声が集まっているのも事実だ。

そして、舌鋒鋭い独自の持論を展開するYouTuber・シバターさんが、8月24日(木)、この件について改めて動画で語ったことが新たな波紋を呼んでいる。

なぜシバターは例の件について何も言わないのか
それによると「彼らのVALU参入についてはVALU運営側も噛んでいた。当初は、一緒にVALUを盛り上げていこうという話だったが、炎上したらVALUが手を引いたので、裏切られたとヒカルから聞いている」とのこと。シバターさんは動画内で、ヒカルさんの発言が正しい根拠もない、とも発言している。

元々ヒカルさんらと交流があり、炎上してからもコラボ動画を公開したり、ヒカルさん・ラファエルさんと共に「炎上軍の休日」という共同YouTubeチャンネルを発足したりしているシバターさんによるこの新情報。事実だとすれば、なぜ本人たちはその経緯を明らかにしないのか疑問も残る。

いずれにしろ、VALUの勧告を受けて、ヒカルさんたちがどのような対応を示すのかに注目が集まっている。

新世代YouTuber、どこへ向かうのか?

こんな記事も読まれています

関連商品

カラスヤ、YouTuberになる (ヤンマガKCスペシャル)

著者 : カラスヤ サトシ
発売 : 2017年8月18日
価格 : 626円(税込み)
販売元 : 講談社

関連キーフレーズ

「ヒカル」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 19

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ