1585

3分でわかる10代カルチャーのすべて! 中高生のSNS流行を網羅した動画
ヒカルさんやラファエルさん、禁断ボーイズといった、10代から絶大な人気を誇る関西YouTuberらを所属事務所として設立された株式会社VAZから、「今の若者のバズを大人に体感させる」「バズを知らない恥を知れ」をテーマとしたWeb CM「JAPANESE BUZZ」が公開された。

バズとは、インターネット上での口コミが一気に広がることを指す。例えば、Twitterでつぶやいたことが一気にリツイートされたり、Facebookでシェアされることが挙げられる。

公開された「JAPANESE BUZZ」の構成は、ここ数年でバズった人物やネタを盛り込んだ日清食品株式会社によるWeb CM「INSTANT BUZZ」のパロディ。

日清が取り上げた広告業界による戦略的なバズに対して、VAZによるCMの方では、若者たち自身から生まれたバズを紹介。非若年層と若年層のバズに対する認識の違いを明らかにしている。

日清のCMとの比較と実施の背景

INSTANT BUZZ

デジタルネイティブ世代とよばれる10代の中では、テレビや雑誌の流行とは独立した形で、SNS上の流行が発生している。しかし、多くの大人は、10代の流行に接触する機会がなく、若者の流行りを体感することは難しい

編集部でも、このCMを見せたところ、ほとんどのスタッフが「一部は知っている」といった状況であった。

このような時代の中で、若者のバズ、10代カルチャーを体感できる動画として、本CMは公開された。

しかしなぜ、日清食品のWeb CMのパロディとしたのだろうか?

株式会社VAZに問い合わせたところ、今回の動画は、日清食品の許可は取っておらず、ゲリラ的に公開されたパロディ動画となっているそうだ。日清食品のWeb CMが広告業界から発信されたバズであるのに対して、VAZのCMでは、TwitterやMixChannelといった若者自身によるSNSなどでの発信から拡散されたバズを取り上げている。

この違いを伝えるため、日清食品のパロディCM制作に踏み切ったとのことだ。あくまで、「時代の最先端を感じる攻めたCMを制作している日清食品への敬意」を持って制作したとのこと。

公開された「JAPANESE BUZZ」には、若者による26つのバズが詰め込まれている。さて、あなたは全て理解できるだろうか?

JAPANESE BUZZ

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「INSTANT BUZZ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 1056

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?