2362

LINEスタンプが誰でも販売可能に! 売上の50%を配分

「LINE CREATORS Market」キービジュアル

2月26日(水)13時より開催された無料通話・メッセージアプリ「LINE」の新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Feb.」にて、メッセージ機能において重要な役割を果たしているLINEスタンプのオープン化サービス「LINE CREATORS Market」が発表された。

これはLINEの審査を通過したユーザーであれば、誰でも自作のスタンプが販売できるようになるというもの。同日15時より早速公式サイトがオープンし、4月から登録が開始される。

ついに自作スタンプを販売できるように!

これまでも自作スタンプの販売が熱望されてきたLINEスタンプ。「LINE」はそんなスタンプによるコミュニケーションをより広く浸透させるため、次なる施策としてLINEスタンプのオープン化に踏み切った。

「LINE CREATORS Market!」でのクリエイターの登録料は無料。アカウントがあれば誰でも登録することができる。登録後にスタンプの内容が公序良俗に反していないか審査し、通過して販売されたスタンプの売り上げの50%がクリエイターのもとに配分される。ちなみにスタンプの価格は1セット40個で100円となる。

また、気になる著作権問題に関しては厳格に対応。漫画やアニメなどの二次創作はNGのようだ。そのほかの詳細に関しては公式サイトにガイドラインが掲載されているので、そちらを確認してほしい。

他サービスも続々

新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Feb.」では、ほかにも以前から行われていた企業の公式アカウント向けの新たな取り組み「LINE ビジネスコネクト」が発表された。これは企業の公式アカウントにAPIを提供することで、特定のユーザーに対して最適なメッセージを送ることができるようになるというもの。

そうすることで、メニュースタンプを押すだけで宅配ピザの注文が可能になったり、レンタルショップから返却日の連絡のメッセージを受信することができる可能性があるという。

さらには3つ目の新サービスとして発表された「LINE電話」では、LINEのユーザー同士だけでなく、国内外の固定電話や携帯の電話番号とも格安で通話ができるようになるという。同サービスには30日間の固定プランが提供されるよう。

「LINE CREATORS Market」、「LINE ビジネスコネクト」、「LINE電話」。これら3つの新サービスにより、今までの「LINE」の枠を破って超えていくようだ。

「ストリートは孤独じゃなかった」──元引きこもりのラッパーGOMESS、独占インタビュー

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連キーフレーズ

「LINE Showcase 2014 Feb」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 567

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?