29

最新ニュースを受け取る

『ロリータ』ナボコフの描いた蝶のデッサン画集 蝶の研究家としての側面

『Fine Lines: Vladimir Nabokov’s Scientific Art』

ロシア出身の作家であるウラジーミル・ナボコフさんが採集した蝶のデッサンをまとめた画集『Fine Lines: Vladimir Nabokov’s Scientific Art』が、アメリカ・イェール大学出版局より刊行されている。

本書には、ナボコフさんが描き貯めた150以上の蝶のデッサンや、専門家によるエッセイなどを収録。Amazon.co.jpより、日本国内でも購入可能となっている。

ウラジーミル・ナボコフの遺した蝶の美麗なデッサン

ウラジーミル・ナボコフのデッサン 1

(C)Vladimir Nabokov. Courtesy of the Vladimir Nabokov Archive at the Berg Collection, New York Public Library, used by permission of The Wylie Agency LLC

ウラジーミル・ナボコフさんは、「ロリータ・コンプレックス(ロリコン)」の由来にもなった小説『ロリータ』をはじめ、数々の世界的/実験的名作を生み出してきた、ロシア生まれの作家(亡命によりアメリカで活動を続けた)。

文学者であると同時に、蝶類の研究者としても知られており、彼が採集した蝶の標本は、ハーバード大学やアメリカ自然史博物館、ロシアのナボコフ博物館などに所蔵されている。

ウラジーミル・ナボコフのデッサン 2

(C)Vladimir Nabokov. Courtesy of the Vladimir Nabokov Archive at the Berg Collection, New York Public Library, used by permission of The Wylie Agency LLC

ナボコフさんは、とりわけ東アジアの「ブルー(ヒメシジミ亜科)」と呼ばれる蝶に造詣が深く、ブルーの進化の多様性について研究する中で、さまざまな蝶の構造を精緻に描いた数々のデッサンを遺してきた。

その多くは、長い間日の目を見ることがなかったものの、現在では進化学における重要な資料として評価されている。

ウラジーミル・ナボコフのデッサン 3 『Fine Lines』は、そんなナボコフさんの美麗なデッサンや、彼の文学や研究に魅了された専門家たちによるエッセイを総計300ページ以上にわたって収録。蝶の愛好家はもちろん、ナボコフさんのファンにとっても必携の1冊となっている。

※画像はすべてThe Guardian(Vladimir Nabokov's butterfly art – in pictures)より引用

こんな記事も読まれています

関連商品

Fine Lines: Vladimir Nabokov’s Scientific Art

著者 : Stephen H Blackwell, Kurt Johnson
発売 : 2016年3月22日
価格 : 6,151円(税込み)
販売元 : Yale University Press

関連キーフレーズ

「ウラジーミル・ナボコフ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 21

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ