590

R-指定インタビュー ラッパーは16小節に生死を賭ける

MCバトルの王 R-指定インタビュー ラッパーは16小節に生死を賭ける

ラッパーが即興で言葉を吐き出すフリースタイルで競い合うMCバトル

ヒップホップから生まれた文化だが、これまで、ヒップホップという音楽/文化自体が盛り上がることはあっても、MCバトルに大きな注目が集まることはなかった。

しかし2012年。BSスカパー!で放送されているバラエティ番組『BAZOOKA!!!』から、「高校生RAP選手権」という企画が生まれる。

これは、文字通り高校生のラッパーがフリースタイルで競い合うMCバトルの大会で、高校生同士だからこそ生まれる泥臭さや熱さ、友情、ドラマなどがこれまでのMCバトルの枠を飛び越え、当初は番組の1つの企画に過ぎなかったが、今では年に2回、4,000人規模の会場で大会が開かれるなど、若きラッパーたちの甲子園のような巨大イベントへと成長し、10代20代の若い世代を中心に絶大な支持を集めている。

その人気は地上波にも広がり、2015年9月からは、テレビ朝日でMCバトルを題材にした番組『フリースタイルダンジョン』の放送が開始するなど、いま、MCバトルが空前のブームを巻き起こしているといっても過言ではない。

今回は、そんな現代のMCバトル界の頂点に立ち、「BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」(以下、高校生RAP選手権)では審査員、『フリースタイルダンジョン』では挑戦者を叩きのめすモンスターとして君臨するR-指定(Creepy Nuts)さんにインタビュー。

彼の考え方や王者としての苦悩、「BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」の存在などを通して、MCバトル、さらにはヒップホップの楽しみ方を広げてみてほしい。

取材/ふじきりょうすけ 構成/よしだ

サザンや桑田が好きだった

──テレビ番組の影響もあり、大きな広がりを見せているMCバトルですが、まずはR-指定さんのヒップホップとの出会いからうかがえればと思います。そもそもヒップホップは昔から聞いてたんでしょうか?

R-指定 結構、若い音楽に馴染めないなって思ってて、古いJ-POPとか歌謡曲を聞いてましたね。サザンオールスターズがすごく好きで、桑田佳祐のソロがめっちゃ好きなんですよね。最初は普通に音楽を楽しんでたんですけど、いま聞くと、もうあの人は表現がラッパーなんですよね。

めっちゃ韻踏んでたりとか、言葉を詰めるとか、日本語の発音を耳障りが良いように崩すとか、あの人の歌い方がなかったら日本語でラップするのは難しいんじゃないかなって思うくらい(笑)。

他にも中島みゆきとかも好きなんですけど、ヒップホップは11歳くらいの時に、SOUL'd OUTの「1,000,000 MONSTERS ATTACK」を聞いたのが入り口ですかね。歌い方とか歌詞の内容がおもしろいなって、「なんやろこれ?」みたいに、やっぱりなんとなく耳障りがよかったんですね。

SOUL'd OUT 『1,000,000 MONSTERS ATTACK』


それでレンタルショップのヒップホップコーナーでZeebraさんとかKAMINARI-KAZOKUとかのCDを借りて聞くようになってから、どっぷりヒップホップにハマりましたね。

──他のインタビューではRHYMESTERさんについても結構語られていますよね。

R-指定 Zeebraさんとか好きになって結構聞いてて、自分でもやりたいなって思って、真似して歌ってたんですけど、その時はヒップホップは不良の特権というか、ちょっと悪い人たちしかやったらあかんのやろな、そういう人にしか歌えないんやなって思ってました。だから、そもそも自分がやってもいい音楽とは思ってなかったんですね。

不良的な音楽やから自分にはできへんかなって。でも中2くらいの時にRHYMESTERさんの『グレイゾーン』を聞いて、直感的に「あ、自分もできるかもな」って思えて、ステージに立つとかではないんですけど、自分で歌詞を書いて、ラップをやりはじめるようになりました。

R-指定とフリースタイルの出会いは梅田サイファー

梅田サイファー6月30日


──それからフリースタイルにはどのようにして出会ったんですか?

R-指定 中学の時にラップにハマってから大分期間が空くんですけど、高2ですね。やっぱり最初は自分にはフリースタイルはできないと。中3くらいの時に、ラードという1人だけラップする友達がおって、帰り道とかカラオケでインストに乗せて練習してみたりしてたんですけど、全然できなくて。

それで高1の時に、ラードがネットで※1梅田サイファーという外で集まってラップしてる連中がおるらしいって動画を見せてきて、動画見たら割と普通の格好した兄ちゃんたちが輪になってラップしてたんですよ。

その時に「あ、こういう場所があるんや」って。不良が溜まってるわけでもなさそうやし、別にライブとかじゃないからチケットノルマもない。誰でも参加できそうやったんで、2人で遊びに行ったら、すぐにみんなと仲良くなって。

それで毎週土曜日に梅田サイファーに参加するようになってから、バトルにも誘われるようになって高2の時にはバトルの大会に出場してましたね。

──梅田サイファーはどんな集まりだったんでしょうか?

R-指定 大阪のヒップホップにも、堺とか場所によっていろんなシーンがあって、基本的に縦社会なんですよ。しがらみとかあったり、俺はそういうのに馴染めなくて、めんどくさいことしてまでライブ出るのも嫌やし、でもラップはしたい! みたいなやつらが梅田に集まってきた感じですね。

もう上下関係もないし、誰にも気使わんでラップできる。俺も含めて根暗なやつが多くて、一周回って、ちょっと時代に乗り遅れてるというか(笑)。

なぜかいまさら「ドラゲナイ」を口ずさむとか、逆にそれがめっちゃ面白いみたいな、そういう変なところに面白さを感じてしまうやつが多いですね。ひねくれた集団やったと思います。

終電過ぎて朝までラップするし、「いつまでやってねん!」ってよく言われるんですけど、全然飽きない。梅田はラップでのし上がろう、お金を稼ごうみたいな意識がすごく薄いというか低くて、ただただラップすること自体が好きってやつがほとんどですね。

reDSC03248 ──最近はテレビの影響もあって、サイファーに参加する方も増えているみたいですね。

R-指定 俺らがサイファーでやってるのって、ほんまに「俺、最近こんな映画見た」とか身の上話やったり近況報告とか。そんなんをラップでやってるだけで、お互いにゲラゲラ笑ってる、笑かしあってるみたいな感じなんです。ずっとしゃべってるみたいな会話、話芸なんですよ。

最近、若い子がバトルのスキルを磨きたい、ラップがうまくなりたいみたいな気持ちで来ることが多いんですけど、大抵次の週からは来なくなる。なんでみんなゲラゲラ笑ってるん? なんか思ってたのと違うわみたいな(笑)。

俺らはふざけてるつもりはないけど、スキルを磨くんじゃなくて、「ラップができる場所」という感じでいるんで。

──梅田サイファーに参加するようになって、高2の時からバトルの大会に出るようになったんですね。

R-指定 そうですね。俺とか梅田サイファーのやつがちょこちょこ出始めるようになったんですけど、正直、当時はアメ村のストリート勢とか体育会系の人たちに「なんじゃあのオタクみたいなやつ、殺せ」とかめっちゃ言われて、ストリート勢にものすごく嫌われてたんですよ……。

だから最初、俺ら居場所ないなって状態がけっこう続いてたんですけど、ある時、※2韻踏合組合ER-ONEさんとかHIDAさんが「いや、こいつらうまいよ」「ちゃんとスキルあるやん」って認めてくれて、そこからどんどんいろんな人が認めてくれるようになって、色眼鏡なしでスキルを見てくれるようになりましたね。

──R-指定さんは、どうやってバトルのスキルを磨いていったんでしょうか?

R-指定 サイファーとバトルは、俺の中で全然別物で、サイファーは友達と遊ぶ感覚。ほんまにどれだけ面白い会話ができるかみたいな。バトルのスキルが磨かれた場所があるとすれば、それは確実に韻踏合組合がやってる「ENTER」というイベントですね。

当時の「ENTER」は、バトルとライブがある構成になってて、バトルにも地方の偉い人とか地元のボス的な人とも戦える。俺が高2の時に初めて「ENTER」にでた時なんかは、1回戦で「UMB」の名古屋大会で優勝したケーリーさんとあたって、2回戦で※3漢さんと当たってましたからね(笑)。

若手同士でも戦えるし、キャリアが離れた大物とも戦える。韻踏合組合がつくった大阪のフリースタイルやMCバトルの文化っていうのは、ものすごくデカい存在でしたね。

※1 サイファー:全国各地で行われている、複数人のラッパーが輪になって即興でラップをする文化。ラッパー同士の交流の場としての側面が強く、公園や駅前などで行われている。
※2 韻踏合組合:大阪のアメリカ村を拠点に古くから活動するヒップホップユニット。ER-ONEさんは『フリースタイルダンジョン』の審査員、HIDAさんは「BAZOOKA!!!第9回高校生RAP選手権」で審査員をつとめるなど、どちらもMCバトル界で名を馳せている。
※3 漢 a.k.a. GAMI。鎖グループの代表であり、ヒップホップグループ・MSCのリーダー。日本語ラップを牽引するラッパーの1人。

UMB3連覇 王者が抱える並々ならぬ苦悩

reDSC03209 ──そんなR-指定さんは、今では日本のMCバトル大会の最高峰と言われる「ULTIMATE MC BATTLE」(UMB)3連覇という偉業を成し遂げていますね。

R-指定 最後に大会に出たのは、2014年の「UMB」決勝ですかね。それ以来、バトルをすることはあっても大会には出てないですね。

──なぜ出なくなったのでしょうか?

R-指定 しんどいというのが本音ですね……。4連覇目指せとか、大会出ろとか言うんですけど、「そんな簡単に言わんといてくれる」みたいな。別にフリースタイルも好きやし、バトルも面白いんですけど、『フリースタイルダンジョン』の出演も正直迷ったんですよね……。

もう、勝って勝つほどにお客さんがフラットな目で見てくれないというか、MCバトルを見に来るお客さんは割と薄情な人が多いので、あんなに応援してくれてたのに、勝ちすぎると、途端に逆に俺が負けるところを見たがるんですよ。

──たしかにMCバトルにはそんな空気感があるかもしれないですね。

R-指定 盛り上がりはすごいんですけど、もう喧嘩を見ているみたいな感じになるので。だから3連覇を目指す時の「UMB」なんかは、MCもお客さんも運営スタッフも「お前ら全員敵か」って思いました。全員が俺を負けさせようとしてる。

3連覇してチャンピオンになった直後、盲腸になりましたからね……。めちゃくちゃ被害妄想するくらいヤバかったです。

UMB 2014 FINAL DVD Trailer


俺以外に3連覇を目指したのって唯一、晋平太さんだけなんですね。晋平太さんが3連覇をかけて出場した時に、結果晋平太さんは2回戦で負けて、俺が初めて優勝したんですよ。

それで年末に「UMB」が終わって、大晦日に相方のDJ松永の家で『ガキ使』見ながらピザを食うっていう至福の時を過ごしてたら、晋平太さんから電話がありまして。

──何を話されたんですか?

晋平太 おめでとう。俺は行かれへんかったけど、俺の次はお前しかいないと思ってたよ。でもお前、マジでこれからキツイぞ。俺は今年、3連覇目指したけど、正直3年目のUMBの会場はすごく酸素が薄い。これから、茨の道やぞ。

R-指定 ……みたいなことをいろいろ言われたんですけど、正直その時の俺は優勝してうれしい気持ちでいっぱいやったんで、あれ、長ない? ちょっとピザ冷めるし……って)。

──3連覇を目指す重みというものを教えてくれてたんですかね。

R-指定 全然わかってませんでしたね。

晋平太 これから酸素の薄い山をどんどん登っていくことになる。気をつけろ。

R-指定 何を言ってるんだろう? と思いながら電話切ったら、もう年変わったやん! 晋平さんと電話してる間に年変わってもうたやん! ほんまにこんくらいの気持ちやったんですね。

それでいざ迎えた3年目。

ほんまに酸素薄かったです。なるほど、こういうことかって。何て言うんですかね、どのくらい苦しかったかはさっきも言いましたけど、孤独に思えてしょうがない。勝てば勝つほどに、孤独になるんですね。お客さんも声援を送ってくれるんですけど、俺が負けそうになっただけで死ぬほど盛り上がるし。

エントリーしてるMCとかも、「R-指定倒す!」「R-指定倒す!」って、なんやこれって。俺が出てない大会ですら、「R-指定ぶっ殺す」とか言われたり。それで会場はめっちゃ湧くわけですよ。

──そのくらい、伝説的な存在と化してしまったと。

R-指定 やっぱりMCバトルは、MCとしての生き死にをかけてますからね。生死をかけてるからこそ、強烈な熱が生まれて、たった16小節やけど、その人の20年30年の人生が16小節に凝縮されるわけですよ。

たとえばアルバム1枚を通して聴くことでやっとその人のことがなんとなくわかるのが、16小節に一気に込められる。そりゃあ熱いですよ、濃い。濃いし、楽しいよなって。チャンピオンはその負けた人らの怨念とかMCの執念みたいなものを直接食らう存在やと実感しました。

だからさすがに4年目は体と精神がもたんかも。ほんまに体に悪くて、寿命が縮むというか。『フリースタイルダンジョン』も、テレビで放送されるし、俺らモンスターは挑戦者に勝って当たり前というスタンスで出演しているので、リスクも大きいし、キツイですね。

ただ、モンスターは俺だけじゃなくて、気持ちを分かち合える仲間がおるんでまだマシですけど。挑戦者の強さとかによっては、控え室がすごいピリピリした空気になりますね(笑)。

Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / 刹那 【Lyric Video】


2015年8月にリリースされたCreepy Nutsの1stシングル『刹那』。MCバトルへの思いや結果を残してからの葛藤、苛立ちなど、さまざまな感情を赤裸々に綴った1曲。R-指定さんがどういう気持ちでバトルに挑んでいるのかが垣間見える

R-指定は高校生RAP選手権をどう思っているのか?

RE_IMG_0961 ──ここで、今回の本題である「高校生RAP選手権」についてうかがいたいと思いますが、R-指定さんはこの大会をどのような目線で見られていますか?

R-指定 目線というか、「いつか追いつかれる」とビクビクしながら見てますね。多分、俺が高校生のときやったらおそらく審査員に噛みついてると思うんですよ。「こんな偉そうに言いやがって」みたいな(笑)。

個人的には、単純に声を張り上げて悪口を言い合ってるんじゃないということを伝えたい。多分、「高校生RAP選手権」に来てるお客さんって、ヒップホップという音楽やラップにはあまり興味ないけど、バトルが好きっていう人が多い。

T-PABLOWくんカッコイイ」「言×THEANSWERくん可愛い」みたいなスター的な存在として彼らを見に来る女の子が多いんですけど、お前らボケかと。

T-PABLOW/公式Webサイトより

T-PABLOW/公式Webサイトより

言×THEANSWER/公式Webサイトより

言×THEANSWER/公式Webサイトより

──(笑)。

R-指定 「可愛い」「かっこいい」じゃなくて、俺が高校生たちの、何がどう凄いのか、何がうまかったのか、なんでこいつが相手より一枚上回ってたんか、全部俺がわからしたるわって

若い高校生同士が戦ってるのを見て熱くなって盛り上がって終わるんじゃなくて、MCバトルの知識がない人にもわかるようにバトルの内容を説明できたら、楽しみ方がわかるんじゃないかと。

そこからさらに今度は大人の大会にも興味を持ってくれたり、ラップ自体の楽しみ方をわかってもらえば、ヒップホップという音楽も好きになってもらえたり、楽しみ方が広がるやろうし。

だから俺は「高校生RAP選手権」の審査コメントで、めっちゃ細かく説明するんですよ。

RE_DSC_05781 ──R-指定さんの丁寧な解説は「高校生RAP選手権」の1つの見どころであり、名物になってますもんね。

R-指定 第6回大会から初めて審査員として参加したんですけど、たとえば第6回では70点ぐらいやった子が第7回では90点ぐらいまで成長してる! みたいなのが目に見えるので、思わずニヤっとしてしまいますね(笑)。

ただ、もう審査の余地がないくらいに出来上がってしまってる子が増えてきている気はしていて。たとえば五角形のパラメーターにバランス良くハマるみたいな。だから、とても可視化できないような無茶苦茶な奴が出て来れば、もっと面白くなるなって思います。

この話すると、よく俺が悪者にされるんですけど……。

──(笑)。

RE_DSC_0267 R-指定 『クローズ』とか『WORST』みたいになったら面白そうですよね。京都5校のヤンキーがラップ選手権に出るらしいぞ。じゃあ俺らも出なあかんなって(笑)。

◯校のあいつと◯校のあいつは有名やけど、実はその高校に知られざるめっちゃうまい奴が潜んでて、実はそいつは夜な夜な大人とバトルしてるみたいなね(笑)。

実際、「高校生RAP選手権」はそういう文化ができかかってるんですよ。※4ニガリくんに憧れて、ニガリくんの高校の受験生が増えてるらしくて、ニガリくんが卒業しても、ニガリくんの後を継ぐ者が現れるとかね。

──すごいですね!

R-指定 正直「高校生RAP選手権」が始まった当初は、なんでこんな恵まれてない世界で頑張ってきた俺らが二十歳のおっさんになりかけた時に、「高校生RAP選手権」みたいな大会がはじまるのって(笑)。俺が高校生の時の方がレベル高かったやろ、とかめっちゃ負け惜しみしてたんですけどね。

実際、「高校生RAP選手権」に出てる高校生は、吸収も速いしめちゃくちゃ練習するから成長するスピードも速い。全体的な平均レベルというのはものすごく高くて、もしかしたら俺が高校の時の世代よりもレベル高いんちゃうかとさえ思いはじめてます。

「高校生RAP選手権」の存在で全国の高校生たちが「こんなやつがおるんや」って知るきっかけになって、爆発的にラップする人口が増えたと思うし、どんどん盛り上がって、どんどんうまくなってるのは感じますね。

※4 MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻。「高校生RAP選手権」において、大会史上初となる2連覇を成し遂げている

いろんなヒップホップを楽しんでほしい

reDSC03307 ──「高校生RAP選手権」の登場は、ヒップホップにとって良い起爆剤になったと思いますか?

R-指定 そうですね。でも良いとは思うんですけど、葛藤というのもあって。アンダーグラウンドで活動するラッパーとかは、勘違いするミーハーが増えるからやめてくれって思う人もおるし、実は俺も根底にはそういう気持ちがないこともない。

ただ、いろんな大会に出て、いろんなバトルのシーンを見てきて思うのが、これはこの前晋平太さんとも話したんですけど、やっぱり絶対数が増えることは、どっちかというと良いことだよなって。なんでヒップホップが根付いてなくて、同じくアメリカから来たロックが根付いているのか考えたら、ロックって学校に軽音部あるもんなって(笑)。

バンドのライブに行って、その子がバンドに憧れてコピーバンドを結成する。軽音部に入って、イベントでその歌をライブして、それが広がって、また違う誰かがCDを買う。ヒップホップの価値観からすると、そもそもラップ部とかあってもダサいなってなる。これがアカンのやと。広がるもんも広がらんぞって。

3、4年前とかミーハーな人すら入ってこないと思ってましたからね。よく梅田のやつらとヒップホップもう終わりちゃうん? って話してました。ほんまに地下の音楽になってしまってるし、ジャズみたいにわかる人だけが嗜む音楽になったらかっこいいよなとかも思ってたんですけど、どうやらそうにはなれそうにない。

だから今のところは喜ぶべきことやと思います。

Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / みんなちがって、みんないい。


──ヒップホップもそうですが、やっぱりMCバトルという1つの文化への注目がすごいですよね。

R-指定 今の盛り上がりはちょっと異常事態かもしれませんね(笑)。音楽好きな人の中でもちょっと変わった人がヒップホップを好きで、そのヒップホップ好きの中のさらに変態がMCバトル好きやと思ってたんで、MCバトルは一番日の目を浴びることのない場所やと思ってたんですね。

でも今、冷静にみてみると、ヒップホップと関係のないところでMCバトルがブームになってるんで、このブームでMCバトルに興味を持った人は、このブームが終わったら、すぐに去っていくんじゃないかって不安の方が大きいですね。

噂によると、90年代後半から2000年にかけてDragon AshとかZeebraさん、KICK THE CAN CREW、RIPSLYMEがヒットする、今よりももっとブームの起きた時代があったみたいなんですね。それでもやっぱりブームが終わってしまって、「ヒップホップ、ラップwww」みたいな時代になってしまった。

だから今好きになった子らが、ちゃんとラッパーの音源を聴いたり、ライブに来やすいような環境をつくっていけたらええなって思いますね。バトルに初めて来て、バトルにハマる。バトルしか来ないミーハーかもしれないけど、何かがきっかけでライブに足を運んでCDを買うかもしれないですから。

俺は根暗なんですけど、ヒップホップにはいろんな側面があって、不良もおれば、普通の人もおる。

たとえばアメリカのめっちゃ不良の人の歌詞とか和訳すると、ほんまにもう怖すぎて逆に笑えるとか、不良のラップもめちゃくちゃおもしろいんですよ。一方で、真面目なことをラップしてる人もいて、それも面白い。ヒップホップはこの無茶苦茶な感じが面白いんで、もっと普通に笑って楽しんでもらえたらうれしいですね。

R-指定(Creepy Nuts)インタビュー 卓越したフリースタイルラップのルーツに迫る


BAZOOKA!!! 第9回高校生RAP選手権は大阪で開催

rap9_poster R-指定(Creepy Nuts)さんが審査員として参加する「BAZOOKA!!! 第9回高校生RAP選手権」は、4月2日(土)に、大阪・南港ATC HALLにて開催。大阪での開催は2度目となる今回は、R-指定(Creepy Nuts)さんに加え、漢a.k.a.GAMIさん、HIDADDYさん、鎮座DOPENESSさん、MARIAさんが審査員として参加。

さまざまなバックボーンを背負った高校生同士による、熱く揺れ動く、青春の一コマをその目に焼き付けてほしい。きっと、あなたの心に突き刺さるだろう。会場に直接行けなくても、4月18日(月)21時より、BSスカパー!にて放送される。

BAZOOKA!!!高校生RAP選手権 全国大会」 告知ムービー到着!!


R-指定 // Creepy Nuts

ラッパー

日本最高峰のMCバトルULTIMATE MC BATTLE(以下UMB)大阪大会にて5連覇を成し遂げ、2012年、2013年の全国大会UMB GRAND CHAMPIONSHIPで優勝し全国3連覇を成し遂げる。現在は、ヒルクライムの TOC の専属 DJ からトラックメイカー、ターンテーブリストとしても活躍するDJ 松永のユニット Creepy Nuts(R- 指定 & DJ 松永)として活動。業界屈指のスキルを持つこの 2 人だからこそ実現できる唯一無二のライブパフォーマンスは必見。1月20日に1st Mini Album『たりないふたり』をリリース。

R-指定

こんな記事も読まれています

関連商品

たりないふたり

著者 : Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)
発売 : 2016年1月20日
価格 : 1,620円(税込み)
販売元 : Trigger Records
『自意識過剰 被害妄想 自己顕示欲の大暴走 偏見まみれの色眼鏡かけて今日も視界良好』
名実ともにフリースタイルMCバトル日本一のラッパー「R-指定」と、ターンテーブリスト・プロデューサーとして活躍する「DJ 松永」による、1DJ1MCユニット「Creepy Nuts」。
2人のねじ曲がった精神性をひけらかす、自己紹介を超えた“自虐紹介作品"がここに完成。
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/tarinaifutari-ep/id1070146893?app=itunes&ign-mpt=uo%3D4

イベント情報

BSスカパー! BAZOOKA!!!第9回高校生RAP選手権

日時 2016年4月2日(土)
時間 開場14:00、開演15:00
場所 大阪南港ATC HALL(〒559-0034 大阪府大阪市 住之江区南港北2-1-10)

<チケット料金>
スタンディング ¥3,500/当日券 ¥4,000
※ 入場時に、1ドリンク代¥500を別途お支払いいただきます。
※ 3歳以上の方は入場にチケットが必要です。
チケット購入URL:http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002093003P0030007P0006

<放送日時>
「第9回 BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」の模様はBSスカパー!にて4月18日(月)後9:00-深0:00放送! お見逃しなく!

イベント情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「MCバトル」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 386

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

連載
高校生RAP選手権超特集!
全18記事

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
editoreal

AOMORI SHOGO

2016.03.28

SOUL'd OUTから入ったっていうラッパーけっこう多い気がする。やっぱりウェカピポは偉大だ

コメントを削除します。
よろしいですか?