太古より人間が根源的に持つとされる恋愛感情。その恋愛の在り方がテクノロジーの進化と共に変容していくのでは? と考えているのがKDDIが創設したau未来研究所だ。

au未来研究所は、KDDI研究所の付帯組織としてWEB上に開設された仮想のオープンラボラトリーで、今は「スマホの次」をテーマに色々な研究をしている。

現在、au未来研究所では恋愛とテクノロジーの関係性を探り、テクノロジーによって、これまでの恋愛とはまったく違うものに変容してしまう可能性を示唆する3つのコンテンツを特集として発表している。

人との出会いや付き合い方が変わってしまったらあなたはどうするか──そんな示唆に富んだラインナップとなっている。

大野そらさんが冬の恋愛をステキにするスマート○○をイラスト化!

au未来研究所には、Twitterでリア充カップルたちの日常生活を皮肉たっぷりに描き、その緻密すぎる作画と圧倒的な躍動感によって一躍有名になったイラストレーター/漫画家の大野そらさんも登場。

大野さんは、「冬の恋愛をもっとステキにする、スマート***を考えてみてください。」というお題のもと、au未来研究所の研究員(ユーザー)から集められたアイディアのイラスト化を行っている。
大野そらさん_スマートジャンパー1 大野そらさん_スマートジャンパー2 大野そらさん_スマートジャンパー3 今回発表されたのは「スマートジャンパー」というアイディアを題材にした3枚のイラスト。「スマートジャンパー」を考案したあっこ研究員曰く、「カップルが向き合って抱きしめ合うとファスナーが開いてお互いのジャンパーが1つになる」という仕組みのアパレル・ガジェットのようだ。

大野さんの作風も、いつものリア充カップルへの皮肉成分は少なく、ジャンパーを着用したカップルが抱き合う描写には思わずほっこりさせられてしまう。

スマートジャンパー。まず名前が素敵だと思いました。「ジャンパー」というところに愛着が湧きます。僕が学生の頃にこれがあったらきっと好きな人に着せていたと思います。コードが伸びているのは暖房機能も備わっている為です。誰か開発してくれないかなぁ。大野そら

大野さんも上記のように「スマートジャンパー」に対して、自身の学生時代を振り返りつつ、コメントを残していて、お気に入りのようだ。

「スマートジャンパー」の他にも大野さんがイラスト化したアイデアをもう一作品公開予定。

【次のページ】人工知能との恋愛は可能? はあちゅうと東紗友美が語り尽くす
1
2

プロダクト

her/世界でひとつの彼女 ブルーレイ&DVDセット

人生にときめく、AI(人工知能)
声だけの君と出会って、世界が輝いた。

プロフィール

au未来研究所

au未来研究所

研究組織

KDDI研究所の付帯組織として誕生。コミュニケーションの未来を創造する研究機関。外部のユニークな識者や専門家、そして多くの生活者たちと共創し、つながることの新しい価値=スマホの次を発明することを目指している。

関連キーフレーズ

「大野そら」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 89

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ