『夜は短し歩けよ乙女』(よるはみじかしあるけよおとめ)とは、小説家・森見登美彦による小説。


また、同作を原作としたアニメーション映画が2017年4月7日(金)に公開。主演は星野源、監督は湯浅政明、脚本は上田誠、音楽はASIAN KUNG-FU GENERATIONが務める。

『夜は短し歩けよ乙女』とは

『夜は短し歩けよ乙女』(よるはみじかしあるけよおとめ)とは、森見登美彦による小説。

第20回山本周五郎賞受賞。累計売上が130万部を超えるベストセラー作品であり、森見登美彦の出世作としても知られている。

あらすじ・ストーリー

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) | 森見 登美彦 |本 | 通販 | Amazon

登場人物・キャラクター

  • 黒髪の乙女
    天然キャラの女子大生。魅惑の大人世界に憧れて、夜の木屋街に繰り出すほどの好奇心の持ち主。他人には優しいが、とことんマイペース。底なしの酒量を誇る。「先輩」の想いには気づかず、待ち伏せはすべて奇遇だと思い込んでいる。得意技は、万能のおまじない「なむなむ!」と、姉から授かった「おともだちパンチ」。

  • 先輩(私)
    京都の某国立大学に通う、偏屈で妄想癖のある大学生。クラブの後輩「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せるが、思考ばかりが先走りがちで行動がともなわない。本人いわく「彼女という城の外堀を埋め続ける日々」。

  • 羽貫さん
    鯨飲という言葉がもっともよく似合う、大酒飲みの美女。職業は歯科衛生士。
    得意技は、宴会にまぎれこんでタダ酒を飲むこと。酔っぱらうと人の顔を舐める。

  • 樋口さん
    「天狗」を自称する正体不明の若い男。なぜかいつも浴衣を着ている。
    地に足のつかない想像をすると宙に浮かぶという「樋口式飛行術」を会得している。

  • 東堂さん
    「東堂錦鯉センター」の経営者。厄介事がたび重なったうえ、最愛の鯉たちを竜巻にさらわれて落ち込んでいるところに「乙女」と出会う。

  • 李白さん
    先斗町界隈では有名な超お金持ちで、謎の老人。自家用三階建て電車に乗っている。
    本業は金貸しらしいが、古書売り立て会を主催したり、偽電気ブランの元締めを務めたりもする。

  • 千歳屋
    京料理「千歳屋」の若旦那。文化遺産の保護を口実に、春画の蒐集を趣味としている好事家で、「閨房調査団」の一員。

  • 古本市の神様
    あらゆる本についての知識を持っていて、神をないがしろにした蒐集家の書庫から本をさらうといわれている。
    かわいい外見に似合わず、少々性格が悪い。

  • 学園祭事務局長
    男にしておくにはもったいないほどの美貌の持ち主で、趣味は落語と女装。学園祭で起こる様々なトラブルへの対応に忙しい。
    「先輩」の数少ない友人の一人で、彼が秘めた想いにも気づいており、ときにはからかい、ときには励ます。

  • 偏屈王
    学園祭でゲリラ演劇「偏屈王」を首謀している人物。大学構内のどこかで脚本を書いているらしいが、その正体は不明。

  • パンツ総番長
    失恋をきっかけに、願いごとが叶うまでパンツを穿き替えないと誓った大学生。
    歴代の記録を塗り替えて「パンツ総番長」の称号を手にした。

  • 須田紀子さん
    学園祭で本物そっくりの「象の尻」を出し物にしている女子学生。好きなものは、小さくて丸い達磨。

アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』

『夜は短し歩けよ乙女』を原作としたアニメーション映画が2017年4月7日(金)に公開されることが2016年12月15日に発表された。

主演は星野源、監督は湯浅政明、脚本は上田誠、キャラクター原案の中村佑介、主題歌はASIAN KUNG-FU GENERATIONが務めることが決定しており、『四畳半神話大系』と同じクリエイター陣が再集結することになった。

『四畳半神話大系』のDVDにはOVAが収録されており、そちらは『夜は短し歩けよ乙女』を彷彿させる内容となっていたため、ファンの間では湯浅政明さんが監督をつとめるのではとまことしやかにささやかれていた。

あらすじ・ストーリー

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』ようナカメ作戦を実行する。
春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて…。
京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆく。
外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト

キャスト

スタッフ

  • 原作:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)
  • 監督:湯浅政明
  • 脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
  • キャラクター原案:中村佑介
  • 音楽:大島ミチル
  • 主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • 制作:サイエンスSARU
  • 製作:ナカメの会
  • 配給:東宝映像事業部
  • コピーライト:© 森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

似たようなキーフレーズ

彼女がその名を知らない鳥たち

『彼女がその名を知らない鳥たち』とは、沼田まほかるによる日本のミステリー小説。 2017年秋に実写映画が公開予定。主演は蒼井優、阿部サダヲ。監督は白石和彌。...

暗黒女子

『暗黒女子』(あんこくじょし)とは、秋吉理香子によるミステリー小説。 読んでイヤな気持ちになる最悪の結末だが後味が悪ければ悪いほど癖になってしまうミステリー=イヤミスに旋風を巻き起こした。 2017年4月1日に実写映画が公開予定。主演は...

ナラタージュ

『ナラタージュ』とは、島本理生の恋愛小説。 またそれを原作とした実写映画作品が2017年10月公開予定。監督は行定勲。主演は松本潤、ヒロインは有村架純が務める。...

夫のちんぽが入らない

『夫のちんぽが入らない』とは、こだまによる私小説。 2014年、同人誌即売会「文学フリマ」で頒布された同人誌『なし水』に寄稿した短編「夫のちんぽが入らない」が大きな話題となる。 大幅加筆修正のうえ、完全版として書籍化。2017年1月18日発売...

虐殺器官

『虐殺器官』は、日本の長編SF小説。伊藤計劃のデビュー作品である。 劇場版アニメがフジテレビ「ノイタミナムービー」第2弾「Project Itoh」の一環として2017年2月3日に公開予定。 監督は村瀬修功、キャラクターデザインredjuiceが担当。...

君の膵臓をたべたい

『君の膵臓をたべたい』(きみのすいぞうをたべたい)は、住野よるによる青春小説。略称は「キミスイ」。 2017年夏に実写映画が公開予定。監督は月川翔、脚本は吉田智子、主演は浜辺美波と北村匠海(DISH//)のダブル主演。...

サクラダリセット

『サクラダリセット』とは、河野裕著、椎名優がイラストを描くライトノベル。レーベルは角川スニーカー文庫。 漫画化作品は、吉原雅彦作画により月刊少年エース2011年2月号から2011年11月号まで連載された。 実写映画が2017年春に前編後編2...

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』とは、2008年8月に刊行された七月隆文の小説。略称は「ぼく明日」。2016年5月の重版をもって、累計100万部を突破。カバーイラストはカスヤナガトが担当。 2015年12月9日より「このマンガがすごい!WEB」に...

小説家

小説家とは、小説を書く人のこと。小説を書くことを仕事にする人のこと。継続的に小説作品の著述・発表を行っている人を指す。一般的に小説家とは、職業として執筆した作品によって収入を得ている者をはじめ、他の職業と両立して執筆活動をしている場合も、「...

掟上今日子の備忘録

『掟上今日子の備忘録』は、西尾維新によるミステリー小説。2014年10月に出版。忘却探偵シリーズの第1作目。また、同作を原作とする新垣結衣の主演のTVドラマ。イラストはVOFANが担当。講談社BOX(講談社)より刊行。...

〈物語〉シリーズ

〈物語〉シリーズは、『化物語』をはじめとした、西尾維新による小説シリーズの総称。イラストはVOFAN。講談社BOXより刊行。2009年の『化物語』テレビアニメ化を皮切りに、ドラマCD・ゲーム・劇場版アニメなど他媒体でのメディアミックスも行われている。...

傷物語

『傷物語』は、小説家・西尾維新さんによる「〈物語〉シリーズ」作品のひとつ。

ニンジャスレイヤー

サイバーパンクニンジャ活劇小説。2012年に書籍化、2013年にはWeb漫画連載開始。2015年春『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』としてアニメ化。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ