ヒソカとは、少年ジャンプで連載中の漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。アニメ版での声優は開始当初は高橋広樹で、現在は浪川大輔


HUNTER×HUNTER』登場キャラクターのなかで最強なのはヒソカだという狂信的な信者がいる一方でアンチも大変多く、アンチにはヒソカス雑魚専と呼ばれてしまうことも…。特にクロロ戦が盛り上がっているため議論は白熱している。


2016年3月には、石田スイがヒソカを主人公にして描いた二次創作ネームが話題に。

ヒソカとは

ヒソカとは、少年ジャンプで連載中の漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。アニメ版での声優は開始当初は高橋広樹で、現在は浪川大輔

フルネームはヒソカ=モロー。 6月6日生まれで身長187cm、体重91kg。血液型B型。年齢不明。ハンター287期生(第286期ハンター試験においては、気に入らない試験官を半殺しにしたため失格となった)。なおハンター試験を受けた理由のひとつは「ハンターになれば殺人が免責になる場合が多いから」である。

HUNTER×HUNTER』登場キャラクターのなかで最強なのはヒソカだという狂信的な信者がいる一方でアンチも大変多く、アンチにはヒソカス雑魚専と呼ばれてしまうことも…。特にクロロ戦が盛り上がっているため議論は白熱している。ヒソカが強いのか弱いのか意見は分かれるが、ファンが熱心に討論したくなる魅力的なキャラクターであることは間違いない。

なおゴンはヒソカに対して「遠い。けど全然届かないわけじゃない。もっと念を磨いて、ヒソカに負けない力を見つける!必ず」と言っている。

性格

自称「気まぐれで嘘つき」「(失望した瞬間に)大事なものがあっという間にゴミへと変わる」ということ。

強者を見つけては、命がけの勝負を仕掛ける戦闘狂。また戦闘能力が高くなる素質を持っている相手を見極める能力に長けており、ゴンキルアと出会ってからは、いつか自らの獲物にすると決めて様子を見守っている。なお獲物は「青い果実」と形容することも。

またヒソカ自身がクロロを殺したらどうするかとマチに聞いた際には「どこまででも追いかけてあたしがアンタを殺す」と答えられている。その答えに対しても、ヒソカは「それはいいね◆」と発言し変態性を露見させている。

念能力

変化系の念能力者。

伸縮自在の愛(バンジーガム)

オーラにガムとゴムの性質を持たせ、粘着性と伸縮性の両方を有している。ヒソカの基礎的な戦闘能力の高さと発想力によって有効性を発揮した、応用性が高い優れた能力である。難点は本人から切り離した状態だと10mで効果が切れてしまうこと。

薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)

オーラを様々な見た目・質感に変化させることで相手に擬態することができる。戦闘以外でも多く登場する能力で、ヒソカの行動が物語の方向性を転換するきっかけになることも。ヨークシン編では占い結果を改ざんすることで旅団をヨークシンに留まらせ、クロロと一対一になれる機会を作った。なお作中では隠し持った能力であり、自ら能力があると明かしたマチ以外は知らない。

外見

ピエロのようなメイクを施しており、髪を逆立てている。戦闘方法・能力もトランプを駆使した手品のようなものであり、セリフの最後にはトランプのマーク(♤・♡・♧・♢のどれか)が付いている。 なお髪をあげず、メイクも施さないと美形のイケメン><

また露出と顔芸の多さはファンの心を掴んでやまない。女性キャラでなく、なぜかヒソカが少年誌で許される露出ギリギリのラインを攻めている。特徴的なコマが多いため、ファンにこぞってコラ画像を作られる愛すべきキャラクターでもある。

念能力の系統別性格診断

ヒソカは実戦経験を積む中で、系統別でその性格に共通点があることを発見している。ヒソカの独断と偏見であるため、本当に正しいのかは分からないがゴンもキルアも「あってる…!」と言っていたので、大方合っていそう。

系統とは、大きく分けて6タイプの念能力の型で、先天的に生まれ持った性質が系統を決める。自分で好きな系統を選ぶことはできないが、生まれ持った性質以外の能力を使うことも可能。

強化系

効果(水見式を例にとると)水の量が変わる
性格:単純で一途
能力者:ゴン

操作系

効果:水に乗った葉が動く
性格:理屈屋・マイペース
能力者:シャルナーク・イルミ

変化系

効果:水の味が変わる
性格:気まぐれでうそつき
能力者:ヒソカ・キルア

放出系

効果:水の色が変わる
性格:短気で大雑把
能力者:フランクリン・センリツ

特質系

効果:個々で異なり、他の5つの系統とは違う働きが起こる
性格:個人主義者・カリスマ性有り
能力者:クラピカ(緋の眼発動時)・クロロ

具現化系

効果:水に不純物が出現する
性格:神経質
能力者:クラピカ・シズク

『東京喰種トーキョーグール』作者・石田スイが描いたヒソカは必見…!

2016年3月、『HUNTER×HUNTER』作者・冨樫義博と『東京喰種トーキョーグール』作者・石田スイの対談が「ジャンプ+」で公開された。

対談では石田スイがヒソカを主人公にした二次創作ネームを披露し、お互いの漫画論を展開している。石田スイによるネームは全69ページにも及んでおり「ジャンプ+」上で無料で公開されているためファンは要チェック!!

似たようなキーフレーズ

クロロ

クロロとは、少年ジャンプで連載中の漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。フルネームはクロロ=ルシルフル。幻影旅団の団長。身長177cm、体重68kg。アニメ版での声優は宮野真守。 冷徹な性格で邪魔者は躊躇なく利用・排除しようとす...

サンリオ男子

サンリオ男子とは、好きなサンリオキャラがいる男子高校生5人組。Twitterの共同アカウントを運営している。 2016年5月18日には、江口拓也・斉藤壮馬・大須賀純・花倉洸幸・内田雄馬の5人が担当声優に決定したことで、さらに注目を集めている。...

ゆきこたん

ゆきこたんとは、雪印コーヒーの擬人化公式キャラクター。雪印メグミルクのコーヒー飲料・雪印コーヒーの生誕50周年を記念し、2013年に開催されたユーザー参加型プロジェクト「オレたちのゆきこたんプロジェクト」により誕生した。「うしっ娘ゆきこたん」など...

ウルトラマン

円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組、および主人公の巨大変身ヒーロー。怪獣や宇宙人から地球を守るため、スペシウム光線などの必殺技を用いて戦う。地球での姿は科学特捜隊のハヤタ隊員。『ウルトラ兄弟』の一員でもある。...

チェブラーシカ

ロシアの児童文学作家・エドゥアルド・ウスペンスキーによる絵本シリーズ「ワニのゲーナ」に登場するキャラクター。絵本作品として登場し、1969年からロマン・カチャーノフ監督により人形アニメで映画化。2010年には中村誠監督のもと、人形アニメ映画として日...

シナモン

サンリオの人気キャラクターの一つ。白い子犬の男の子で、シッポがまるでシナモンロールのようにくるくる巻いているのが特徴。癒しを与える可愛らしいキャラクターと何気なく発するかわいらしい発言で、サンリオの中でも特に人気がある。...

ヘスティア

ヘスティアは、小説家・大森藤ノさんのライトノベル『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(通称:「ダンまち」)』に登場するキャラクター。

ガルーラ

ガルーラとは、ポケットモンスターに登場するキャラクター(モンスター)。

KIRIMIちゃん.

KIRIMIちゃん.とは、サンリオが生み出したキャラクターの一つ。 株式会社サンリオによる新たなキャラクター。 食べキャラ総選挙一位。

曲芸士

曲芸士とは、パズル&ドラゴンズに登場するレアガチャにて実装されたキャラである。

東北ずん子

東北ずん子は、2011年にSSS合同会社より発表された、ずんだ餅をモチーフにした少女のキャラクターである。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ