7

POPなポイントを3行で

  • 第159回芥川龍之介賞は高橋弘希『送り火』に決定
  • 候補作には松尾スズキ、古谷田奈月ら
  • 注目集めた北条裕子『美しい顔』は受賞逃す

最新ニュースを受け取る

【速報】芥川賞は高橋弘希『送り火』に決定

高橋弘希さんによる『送り火』/画像はAmazonより

第159回芥川龍之介賞の選考委員会が7月18日に開催され、高橋弘希さんの『送り火』が授賞作に決定した。 高橋さんは1979年青森県十和田市生まれ。2014年『指の骨』にて第46回新潮新人賞を受賞したほか、『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』は第39回野間文芸新人賞を受賞している。
高橋弘希さん

高橋弘希さん/画像は日本文学振興会公式サイトより

なお、芥川賞の候補として発表されていたのは、『送り火』をはじめ全5作品。

古谷田奈月(こやた なつき)さん『風下の朱(あか)』(早稲田文学 初夏号 掲載)
高橋弘希(たかはし ひろき)さん『送り火』(文學界 5月号 掲載)
北条裕子(ほうじょう ゆうこ)さん『美しい顔』(群像 6月号 掲載)
町屋良平(まちや りょうへい)さん『しき』(文藝 夏号)
松尾スズキ(まつお すずき)さん『もう「はい」としか言えない』(文學界 3月号 掲載) 「第159回芥川龍之介賞」候補作品

劇団「大人計画」主宰もつとめる俳優・脚本家の松尾スズキさんの『もう「はい」としか言えない』は、2006年の『クワイエットルームにようこそ』、2010年の『老人賭博』に続いて3度目の候補作選出。

また、北条裕子さんの東日本大震災を題材にした『美しい顔』は、他作品との類似点を指摘されるなど注目を集めていた。

芥川賞をめぐって

こんな記事も読まれています

関連商品

送り火

著者 : 高橋 弘希
発売 : 2018年7月17日
価格 : 900円(税込み)
販売元 : 文藝春秋

編集部のオススメです!

関連キーフレーズ

「高橋弘希」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 5

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ