142

POPなポイントを3行で

  • 渋家が会社名を変更
  • 新社長はギャルでラッパーのYasco.
  • ブログで経営や各種手続きに奔走した様子を見ることができる

最新ニュースを受け取る

渋家が「渋都市株式会社」に社名変更 ギャルでラッパーが社長に就任

新共同代表取締役社長に就任したYasco.

レーザーや特殊照明、インタラクティブ・テクノロジーで体験の魅力を演出するクリエイティブカンパニー・渋家株式会社が、2018年7月1日をもって社名を「渋都市株式会社」に変更したことを発表した。

また合わせて事業拡大の為の経営体制の強化として、現取締役でありギャルでラッパーとして活動するYasco.が新共同代表取締役社長に就任した。 2e24218425460f4f09d6a719cc9653d2.jpg 新共同代表となるYasco.は社会人MCバトルやCINDERELLA MC BATTLEなどで注目を集めるラッパー。今回の代表取締役社長への就任に伴い、ギャルでラッパーで社長となる。
Yasco

ラッパーとしてフリースタイルバトルに出場するYasco. Photo by Naruhiro Kasamo

渋家株式会社の設立から今回の「渋都市株式会社」への社名変更に伴う代表取締役社長就任に至るまで、Yasco.が経営および諸手続きに奔走してきたさまはオフィシャルブログ「ギャルが会社立ち上げに関わるブログ」にて公開されている。 be6aaf3c1d3246819cbc3c2b92ba067f.jpg
85b8b96d5c234ce9c2d92740db12cb15.jpg

渋都市株式会社が演出を手がけるライブステージ

前身となる渋家株式会社は、2016年に、渋谷の一軒家を拠点としたカルチュラル・ネットワーク・渋家 (シブハウス) と、レーザーなどの特殊照明やインタラクティブ・テクノロジーなどを使ったライブ演出を手がける空間演出ユニット・huez(ヒューズ)の2団体を基盤として誕生。

渋都市株式会社」の事業は、レーザーなどの特殊照明やインタラクティブ・テクノロジーを使ったライブ演出、舞台美術制作、イベント運営・プロデュースにはじまり、音楽事業での技術やノウハウが培われると共に、現在では、展示・店舗のデコレーション、イルミネーション装飾、文化事業の制作・広報、動画制作、Webサイト制作、メディア運営など、エンターテイメント事業全般へと業務を拡大させている。

なお、Yasco.のブログによると「渋都市」はシブシティと読むことが明かされている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「渋家」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 36

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ