72

POPなポイントを3行で

  • 大阪・西成「スーパー玉出」事業売却
  • 1円セール、24時間営業で話題
  • Twitterでは「玉出」の思い出、続々

最新ニュースを受け取る

1円セール「スーパー玉出」事業売却へ マトモになっちゃうのか…?

スーパー玉出堀江店/画像はGoogle Mapより

大阪府内を中心に展開する「スーパー玉出」が、事業売却されることが産経新聞(外部リンク)によって伝えられた。

売却先は鶏卵生産大手の「イセ食品」。同紙の報道によると、当面の間「スーパー玉出」の屋号は維持されるものの、特色の一つである24時間営業が見直される可能性もあるという。

報道を受けてやはりTwitterでもトレンド入りを果たし、大きな話題を呼んでいる。

スーパー玉出とは?

「スーパー玉出」は、日本一の安売り王のキャッチコピーで知られるスーパーだ。筆者は大阪出身だが、周りには名前と見た目のせいでパチンコ屋と間違えている人もいたほど、派手なネオンや電飾が印象的だった。

1978年、西成区に1号店をオープンさせ、驚異的な1円セールや、24時間営業を展開。

大阪府民以外には馴染みが薄いかもしれないが、2016年の「SMAP解散報道」の際には、スポーツ新聞上でSMAP報道の横に入った「玉出」のロゴの方が目立つとネット上でも話題になっていたので、府外の方でも記憶にあるかもしれない。

玉出売却! ネット上の反応は?

そんなスーパー玉出だが、とにかく話題には事欠かない。

常温で売られているチルド食品や、鮮魚コーナーに堂々と並ぶ北海道産のクリオネ。2011年には社長の自宅兼店舗に4人組の強盗が押し入るも、何も取らせずに押し返したという伝説(外部リンク)もある。

ほかにも(にわかには信じられないかもしれないが)、鮮魚コーナーで金魚が買える、うな重のうなぎ抜きこと「うなぎたれ飯」は見事なまでの価格破壊に成功している。 また、同じ方が上げていたがふぐを一匹まるまる販売していることもあるようだ(筆者は見かけたことがなく悔しい気持ちだ)。 西成情報を発信してくれるVTuberの日雇礼子さんも、チルド食品の常温売りがなくなるかもしれないと嘆いている。 ちなみに、記載されている原材料名からは全くつながらない素材が入っているであろうお惣菜などもある(ニンジン? と思しきオレンジ色の素材が多くの惣菜に入っているが記載はない)。 にわかには信じられないかもしれないが、それでも大阪では多くの人に利用されている。

7月上旬に事業売却が行われるということなので、現状の「玉出」を味わいたい方は今のうちにどうぞ。

ストリート感あふれてます

こんな記事も読まれています

関連商品

クリオネ入りマリモ(ガラス瓶・プラスチック蓋)【水道水で育てられる養殖まりも3個入り】

価格 : 648円(税込み)
販売元 : 株式会社 マルシャン

ガソリンの味がするらしいよ

関連キーフレーズ

「スーパー玉出」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 11

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ