16

最新ニュースを受け取る

鉄板で繰り広げられる肉物語 スーパースローな4K焼肉映像がもう食べたい

映画『肉が焼ける。』/画像は公式サイトより

見ているだけで、もうよだれがあふれそう。

そんな「おいしそうに肉が焼ける映像作品がない!」ことから生まれた焼肉映画、『肉が焼ける。』が注目を集めています。

登場人物が出てこない、テーブルの上のガスローターを舞台に繰り広げられるのは、鉄板で焼かれる様々な部位によるストーリー。

焼肉には”こうしなければならない”というルールはない。
しかし、それぞれにコダワリはある。

そうした焼肉への想いを美麗な映像で観客全てが共有する体感型映画が本作だ。
肉を食べる前に、最初に頼むのはやはりビール、いや、白飯を頼みたいからウーロンハイ・・・そこで画面に登場する一杯のレモンサワー。何故だ!?まさか「ホルモン塩」から行くつもりか? 『肉が焼ける。』公式サイトより

この説明を聞いて、期待に胸ふくらむことはありませんが、ふつふつと食欲がわいてくることは確か。

映画「肉が焼ける」ティザー(8K)

それも4K映像とスーパースローを用いた、かつて見たことのない「美味そうな映像」と聞けば、踊るように焼ける肉の姿に口内が昇天してしまいそうです。

焼肉好きが講じて映画監督デビュー

どう考えてもハンパではない焼肉好きがつくったとしか思えない映画『肉が焼ける。』。
手がけたのは、佐古俊介さん、三澤友貴さん、大深一樹さんの3人。三澤さんは自身のTwitterで、焼肉が好きすぎるがゆえにメガホンを握ったと語っています。

ちなみに三澤さんは、アニメ『むさしの!』や『浦和の調ちゃん』の企画/プロデュースを担当していた方。

本作でナレーションをつとめるのは、その『浦和の調ちゃん』(大谷場南役)のほか、『アイドルマスター ミリオンライブ!』(周防桃子役)などで知られる声優・渡部恵子さんです。

『肉が焼ける。』の公開日や上映館は現在未定。お腹を空かせながら、今後の続報に期待したいところです。

食とエンタメが結びつくと

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「焼肉」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ