66

最新ニュースを受け取る

「エヴァ」人類補完計画がなかったら? 碇シンジ17歳を描くif小説刊行

画像は山下いくとさんTwitterより

エヴァンゲリオン」のメカデザイナーをつとめた山下いくとさんによる小説『エヴァンゲリオンANIMA』の単行本化が決定した。11月30日(木)に1、2巻が同時発売となる。価格は各1,400円(税別)。

これは、TVアニメ第24話「最後のシ者」から分岐した3年後を舞台にしたifストーリー。

「もしも人類補完計画が発動しなかったら?」という前提のもと、17歳になった碇シンジの新たな未来を描いていく。

山下いくとが描く、もう一つのエヴァ

『エヴァンゲリオンANIMA』

『エヴァンゲリオンANIMA』/画像はEVANGELION STOREより

『エヴァンゲリオンANIMA』は、2007年から2013年にかけて雑誌『電撃ホビーマガジン』にて連載されていた小説。

碇シンジ、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーなどおなじみのキャラクターたちが17歳に成長した姿や、進化した初号機「スーパーエヴァンゲリオン」の存在など、本編とは全く異なった展開が楽しめる作品になっている。

2013年に完結し、かねてから単行本化が待ち望まれていたが、連載開始10周年となる今年、全5巻での単行本化が決定。また1、2巻とも、それぞれ8Pのカラー口絵も掲載されるようだ。

やっぱりエヴァが好き

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「山下いくと」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 37

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ