225

超多作の秘訣か──? 西尾維新のインタビューで「ほぼ日手帳」使用が発覚!

Webサイト「ほぼ日手帳2014」より

「戯言」シリーズや「物語」シリーズなどの小説作品で知られる作家の西尾維新さんが、糸井重里さんのプロデュースする「ほぼ日手帳」を使用していることが、Webサイト「ほぼ日手帳2014」に掲載されたインタビューで判明した。

西尾維新さんといえば、ミステリーをベースにした作風で、アニメ化も複数行われるなどの作品の人気もさることながら、『刀語』での12ヶ月連続の小説刊行記録など、現存する小説家の中でも指折りの多作・速筆であることで知られている。その上、複数のシリーズや作品を同時進行で書き続けている。

そのスケジュール管理の大変さを想像するのは容易だが、その膨大な作品リリースの秘密には「ほぼ日手帳」が大きく寄与していたようだ。

西尾
  (前略)
だから僕は1日に書く文字量を
「文字数」で決めています。

――
へえー、文字数で!
1日でどれくらい書かれるのですか?

西尾
今は、基本1日2万字です。

――
1日2万字‥‥。す、すごい‥‥。

西尾
もう少し詳しくいうと、
5000字を書くのに2時間かかるので、
2時間ごとに1回休憩、という感覚ですね。
2時間で5000字ということは、
15分で約700字書けていれば、達成できます。
ですので、15分経ったところで
600字なら今日はちょっと苦戦するぞ。
800字なら今日は調子がよさそうだ、とわかります。

――
はぁー‥‥。 Webサイト「ほぼ日手帳2014」より

文字数で一日に執筆する量を決めているという西尾維新さん。

ここで登場するのが、「ほぼ日手帳」だ!

西尾
小説家を目指していたころ、いちばんたいへんだったのは
原稿用紙枚数を書くことでした。
やっぱり300枚も400枚も
文字を書くのは生半ではなく、
早い段階で挫折してしまいます。
ですので、小説のプロットはつくらなくとも、
執筆ペースのプロットは必ずつくるようになりました。
ひと口に何万字と言えば途方もなく聞こえますが、
仕事量を分割して計算していけば全体像がつかめます。
この文字数と時間の管理も、
「ほぼ日手帳」でしているんですよ。 Webサイト「ほぼ日手帳2014」より

「ほぼ日手帳」は、糸井重里さんが運営する「ほぼ日刊イトイ新聞」オリジナル商品として制作・販売される手帳。1日1ページという、高い自由度のため、使う人の工夫によって、様々な方法で使用することができる。

西尾維新さんは「ほぼ日手帳」の方眼を利用し、そこに時間数と文字数を記録しているという。それで進行を管理し、複数の作品やアニメのオーディオコメンタリーの原稿なども書き進めているようだ。さらにはストップウォッチまでも使っているという。

新社会人の皆さんも西尾維新さんを見習って、スケジュール管理には気を配ったほうがいいよ! と社内で進行管理をやっている筆者は思いました。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「西尾維新」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 154

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?