西尾維新とは、日本の小説家、脚本家、漫画原作者。代表作に戯言シリーズ〈物語〉シリーズ等。異常なまでの速筆と多作、言葉遊びを多用する文体、特徴的なキャラクターの設計などで知られる。

概要

新人賞投稿時代から執筆のスピードを売りとしており、1度のメフィスト賞に2、3作投稿していたことから講談社の編集者・太田克史らの目に止まった。

2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。当時はまだ20歳だったこともあり、キャッチコピーは「京都の二十歳、西尾維新」であった。同作の主人公を全篇の語り手に置いた「戯言シリーズ」は特に若年層に対して高い人気を博し、『このライトノベルがすごい!2006』において1位にランクイン。

2005年から2006年にかけて発表された『化物語』は「〈物語〉シリーズ」としてシリーズ化され、アニメ化・ゲーム化など様々なメディアミックスが行われている。なお、シリーズ全小説作品がシャフトアニプレックスによってアニメ化されることが決定している。『傷物語』は2016年に映画化。

『コミックファウスト』の2006年8月号に掲載された『放課後、七時間目。』以降、漫画作品の原作も手がけており、2009年から『週刊少年ジャンプ』掲載の『めだかボックス』で漫画原作者として連載デビューした。同誌での自画像は「2時40分」を指しているデジタル式腕時計となっている。

2009年以降作家別売上ランキングトップ10に入り、2012年にはランキング1位に輝いた。もともとは漫画家を目指していたと西尾維新本人はいう。

2012年、『少女不十分』を作家生活10年の集大成として刊行。

西尾維新とライトノベル

西尾の著作の多くは、一般文芸レーベルの講談社ノベルスから発行されているが、しばしばライトノベルとして分類されることがある。

乙一冲方丁との対談で、西尾について「広義のライトノベルに入ると思う」と述べている。『日経キャラクターズ! no.5』では「一般文芸とライトノベルの壁を越える新世代の作家」として西尾を紹介している。

『西尾維新クロニクル』では「戯言シリーズ」について「ライトノベルと評価されることも多い」としている。

ライトノベルのガイドブック『このライトノベルがすごい!2005』に掲載された2004年度版ライトノベルランキングでは「戯言シリーズ」が2位にランクインしたが、ここでは「戯言シリーズがライトノベルであるか否かは意見が分かれる」とコメントされている。

さらにライトノベルについて「文庫こそライトノベル」「パッケージ」「キャラクターの年齢」など様々な意見があることを考慮し、同書の「ジャンル別ガイド」では「戯言シリーズ」および『きみとぼくの壊れた世界』を文庫以外の「ボーダーズ」として紹介している。

翌年に発行された『このライトノベルがすごい!2006』では「戯言シリーズ」がランキング1位を獲得。

これを記念して行われたインタビューで西尾は「戯言シリーズ」について「ライトノベルかどうかは微妙」「『ライトノベルレーベルではない』という意味ではライトノベルではないが、『イラストと小説のコラボレーションがライトノベル』という意味ではライトノベルに含まれる」とコメントし、自身の作品がライトノベルと認識されることについて抵抗はないとも述べている。

人物

素性も明かし、あとがき等ではわりと身の程を語ることも多いが、メディアには絶対に写真や姿を見せないため、覆面作家ともいわれる。

その執筆スピードの速さ、作品の同時並行数の多さから「複数人いるのではないか」「創作チームの名義なのではないか」といった推測が飛び交うことも多い。

「〈物語〉シリーズ」に続き「戯言シリーズ」もアニメ化

〈物語〉シリーズアニメ化

2009年『化物語』を第1作として〈物語〉シリーズTVアニメ化がスタート。『化物語』『偽物語』『猫物語(黒)』「セカンドシーズン(原作小説のセカンドシーズンに当たる6作品『猫物語(白)』『傾物語』『花物語』『囮物語』『鬼物語』『恋物語』)」『憑物語』と続き、2015年10月には『終物語』がスタート。なお2016年1月よりアプリ限定で『暦物語』が配信された。

なお時系列でシリーズの最初にあたる『傷物語』は三部作の劇場版として公開が決定している。2016年1月に「I 鉄血篇」が公開されており、2016年夏には「Ⅱ熱血篇」の全国上映が決定。

アニメがきっかけとなって原作を読みだすファンも多いため、西尾維新初心者はアニメが気に入ったら原作を読むのもいいかもしれない。

戯言シリーズアニメ化

2016年5月6日に発売する「最強シリーズ(戯言シリーズからの派生シリーズ)」最新作『人類最強の純愛』に先駆け、5月1日からティザーサイト「人類最強のカウントダウンサイト」が公開されていた。発売日の0時に向けたカウントダウンが行われ、ここで「戯言シリーズ」のアニメ化が発表されることに。

特徴は言葉遊びやセリフ回し

西尾維新の特徴としてよく語られるのは、見た目の描写よりも言葉遊びを存分に使った表現やセリフ回しでキャラクターを印象づけるということ。特徴的な名前のキャラクターがはっとするような一言を発するため、一人ひとりに愛着が湧いていくのだ。屁理屈だろうと理屈は理屈さ。

特にキャラクターの名前だけを例にとっても、分かりやすい言葉遊び・名前が伏線を表しているもの・他のキャラクターと対照的になるように作られているもの等が見受けられる。戯言シリーズについては、西尾維新の著書『ザレゴトディクショナル』のなかで由来や裏話を知ることができる。

西尾維新の著書(2016年4月現在)

  • 忘却探偵シリーズ
    掟上今日子の備忘録、掟上今日子の推薦文、掟上今日子の挑戦状、掟上今日子の遺言状、掟上今日子の退職願

  • 〈物語〉シリーズ ファーストシーズン
    化物語(上・下)、傷物語、偽物語(上・下)、猫物語(黒)

  • 〈物語〉シリーズセカンドシーズン
    猫物語(白)、傾物語、花物語、囮物語、鬼物語、恋物語

  • 〈物語〉シリーズファイナルシーズン
    憑物語、暦物語、終物語(上・中・下)、続・終物語

  • 〈物語〉シリーズオフシーズン
    愚物語、業物語

  • 戯言シリーズ
    クビキリサイクル、クビシメロマンチスト、クビツリハイスクール、サイコロジカル(上・下)、ヒトクイマジカル、ネコソギラジカル(上・中・下)

  • 人間シリーズ(戯言シリーズからの派生シリーズ)
    零崎双識の人間試験、零崎双識の人間ノック、零崎双識の人間人間、零崎双識の人間関係、零崎双識の、零崎双識の人間関係(匂宮出夢との関係、無桐伊織との関係、零崎双識との関係、戯言遣いとの関係)、

  • 最強シリーズ(戯言シリーズからの派生シリーズ)
    人類最強の初恋

  • 世界シリーズ
    きみとぼくの壊れた世界、不気味で素朴な囲われた世界、きみとぼくが壊した世界、不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界、ぼくの世界

  • りすかシリーズ
    新本格魔法少女りすか(1・2・3)

  • 伝説シリーズ
    悲鳴伝、悲痛伝、悲惨伝、悲報伝、悲業伝、悲録伝

  • 刀語シリーズ
    刀語(第一話〜第十二話)

  • 美少年シリーズ
    美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星 、ぺてん師と空気男と美少年、屋根裏の美少年

  • その他
    ニンギョウがニンギョウ、ダブルダウン勘繰郎、トリプルプレイ助悪郎、xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル、DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件、難民探偵、少女不十分、りぽぐら!、めだかボックス、十二大戦、JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN等

似たようなキーフレーズ

いとうせいこう

いとうせいこうとは、1961年生まれの小説家・ラッパー・俳優・タレント。ヒップホップユニット□□□のメンバー。小説『ノーライフキング』で三島由紀夫賞候補。

武田綾乃

武田綾乃は、日本の小説家。代表作に『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽へようこそ』がある。

野崎まど

野崎まどは、日本の小説家。東京都墨田区生まれ。麻布大学獣医学部卒。男性。小説『[映] アムリタ』で、電撃小説大賞の一部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者。『know』で第34回日本SF大賞にノミネート。...

大森藤ノ

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばら

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

伊藤計劃

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディック

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

長谷敏司

長谷敏司は、日本の小説家。SF・ファンタジー小説を執筆。大阪府生まれ。関西大学卒業。日本SF作家クラブ所属。代表作に『円環少女』シリーズ、『あなたのための物語』『BEATLESS』等。...

森見登美彦

森見登美彦は、日本の小説家。1979年1月6日生まれ。奈良県生駒市出身。代表作に『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』等。2010年に『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞受賞。...

川上未映子

小説家、詩人。ミュージシャン、女優としても活躍する。2009年『音楽活動時は未映子(みえこ)名義も使用する。2008年に第138回芥川賞を『乳と卵』で受賞。2009年に詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞を受賞。...

谷川流

兵庫県在住の小説家。2003年、代表作となるライトノベル『涼宮ハルヒの憂鬱』で第8回角川スニーカー大賞を受賞、同作で文庫デビューを果たす。

八田モンキー

小説家、Webエンジニア。元KAI-YOUで現在はフリーランス。第三回講談社BOX新人賞STONES受賞。

舞城王太郎

小説家、脚本家。福井県南条郡今庄町(現・南越前町)出身。映画・ドラマ・アニメ・ゲームなどの映像作品を企画・制作・販売するユニット「REALCOFFEE」に所属。 2001 年『煙か土か食い物 Smoke, Soil or Sacrifices』でメフィスト賞を受賞しデビュー。 2...

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ