256

最新ニュースを受け取る

「え、こいつ誰?」先見の明がありすぎる日本初のクリエイターの正体

結局なにをやった人なのかいまいち分からない蔵之松。

ついに歴史上の一線を超えてしまった秋山竜次

YouTubeでもはやシリーズ化している、ロバート秋山監修の「クリエイターズ・ファイル」は、これまでに数々のクリエイター、つまり“ギョーカイ人”たちの胡散臭さを炙り出し、その自身の稀有な演技力で見事に全員を演じきってきた。次に目をつけたのはー。

クリエイターズ・ファイル、ついに歴史上の人物を投入

通算29人目となるクリエイターは、田村蔵之松(たむら くらのしょう)なる人物。なにやらセピア調の画面の中で、丸眼鏡をかけ、仏頂面で佇んでいる。

日本初のクリエイター・田村蔵之松


冒頭の外国人インタビューからも分かるように、彼はなんと「日本初のクリエイター」らしい。1833年生まれの田村は、現代人には一見馴染みがないように見えるが…。

このクリエイターズ・ファイル、ここへ来て、まさかの歴史上の人物を投入。

この展開、誰が予想しただろうか…。秋山竜次が天才的なのは、実際に詳しく取材したことも、特に最初から親しくもない(だろうと思われる)業界人を、どれも「それっぽく」演じてしまうことだろう。

カリスマモデルのリシエルにしても、カリスマ・ウェディングプランナーの揚江美子にしても、実際に会ったことはなくても、「いるよな、業界に、こういう人」という、“あるある感”が漂う。

まったく妥協を許さない揚江美子



長ったらしい肩書きの人って、どうしてこうも、怪しげなのかな

その典型として、FPO法人「ガーベラ」代表のキヨちゃん先生は、表向きには、行き場を失った若い女性の見回り隊だが、その女性の悩みを聞くうちに、「組織ごと消す」などと物騒なことをさらっと言いのけている。

キヨちゃん先生が少女たちを救う!



トータル・脳ガズム・トレーナーのパール川辺に到っては、絶対に近付いてはいけない宗教的なオーラがすさまじい。

絶対やばいやつやん、これ…。

パール川辺の162パターンの脳ガズム


クリエイターの意外な素顔を暴く、秋山竜次の進化に目が離せない。

こんな記事も読まれています

関連商品

クリエイターズ・ファイル Vol.01 (ヨシモトブックス)

著者 : 秋山 竜次
発売 : 2016年9月20日
価格 : 1,512円(税込み)
販売元 : ワニブックス

関連キーフレーズ

「ロバート」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 27

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ