13

最新ニュースを受け取る

初めて大手AVメーカーと専属契約を果たした「男の娘AV女優」として、一世を風靡した大島薫さん。

ゲイやレズ、ニューハーフ、ジェンダー、トランスジェンダーなど、あらゆる性的なカテゴライズはどれも自分自身にとっては適合しているように感じられないという。

単なるジェンダーの問題ではなく、ひとりの個人が持つ個性の大切さ、カテゴライズにより生じる不自由など、より深い大島さんなりの意見を聞かせていただいた。

こんな記事も読まれています

関連商品

大好き (ファッジノベルズ)

著者 : 染井 吉乃
発売 : 2012年1月1日
販売元 : オークラ出版

関連キーフレーズ

「大島薫」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 3

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ