514

最新ニュースを受け取る

シャフト40周年「MADOGATARI展」レポ 『まどか☆マギカ』新作映像も

「MADOGATARI展」

アニメーション制作会社・シャフトの40周年を記念した展覧会「MADOGATARI展」が、11月27日(金)から12月2日(水)まで、東京・アーツ千代田 3331にて開催されています。

「MADOGATARI展」1 会場では、シャフトの代表作品である「〈物語〉シリーズ」と『魔法少女まどか☆マギカ』を中心に、シャフトが今まで制作した作品の原画、設定資料などを展示。

途方もない時間と労力をかけて制作されるアニメ作品1話1話の、原画の繊細で精密な筆致、熱意に溢れた仕事ぶりを感じることのできる展示となっています。

なお、本店は東京での開催後、12月22日(火)から12月27日(日)まで大阪・ハービスHALL、さらに2016年2月9日(火)から2月14日(日)まで北海道・サッポロファクトリーホールでも同様の展示が巡回予定となっています。

シャフトキャラクター・ウェルカムトンネル

「MADOGATARI展」2 会場に入ると、シャフトの手がけたアニメ作品の歴代主人公、ヒロインたちが壁と天井に大集合。まさにオールスターズで出迎えてくれます。

写真奥に見えるMADOGATARI展の入り口では、会場別キービジュアルがお出迎え。東京会場では
『魔法少女まどか☆マギカ』から鹿目まどか、「〈物語〉シリーズ」から戦場ヶ原ひたぎ、『メカクシティアクターズ』からエネ、「魔法先生ネギま!」シリーズからネギ・スプリングフィールド、『月詠 -MOON PHASE-』から葉月、『ぽぽたん』からみい、『ぱにぽにだっしゅ!』からレベッカ宮本、『劇場版 キノの旅 the Beautiful World 病気の国-For You-』からキノ、という8人のヒロインが飾られていました。大阪・札幌会場ではどのヒロインが登場するのかも楽しみです。

「〈物語〉シリーズ」ゾーン

「MADOGATARI展」03 2009年に制作されたアニメ第1作『化物語』から最新シリーズ『終物語』『傷物語』まで、「〈物語〉シリーズ」の名シーンを振り返るゾーン。

ゾーンの始まりには「〈物語〉シアター」として、シリーズ原作者である西尾維新さん書き下ろし短編小説をもとに制作された映像作品が展示されています。

40周年展という「MADOGATARI展」のテーマに沿って、順路をたどることでこれまでの歴史を振り返ることを示唆させるような小説になっているので必見です! 小説に登場するセリフは、実際にシリーズのヒロインたちが読み上げてくれていました。

さらに、同シリーズのエンディングアニメーションを担当しているウエダハジメさん描き下ろし作品も展示されています。

「MADOGATARI展」4 シアターを楽しんだら、大量の設定・原画の展示へ。それぞれの原画を再撮影した特別な映像も各モニターで流れており、映像を見比べながらこだわりの演出をじっくり堪能できます。

キーアニメーションゾーン

「MADOGATARI展」5 さまざまな作品の貴重なコンテ、設定、原画の展示ゾーン。アクリル製のトンネルに展示されている多數の生原画素材の鉛筆の繊細なタッチは、出来るだけ近づいて見たいですね!

『魔法少女まどか☆マギカ』のまどかが走るカット、「ひだまりスケッチ」シリーズのゆのが走るカット、「〈物語〉シリーズ」の羽川翼が走るカット……。3人のヒロインの「走り」の原画も確認できます。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「MADOGATARI展」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 205

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ