34

最新ニュースを受け取る

表紙は押切蓮介! 激動の漫画業界を徹底分析する『マンガの現在地!』

『マンガの現在地! 生態系から考える「新しい」マンガの形』

10月9日(金)、フィルムアート社より書籍『マンガの現在地! 生態系から考える「新しい」マンガの形』が刊行される。定価は1,700円(税抜)。

本書は、激動の漫画業界を歴史、テクノロジー、ビジネス、コミュニティといった視点から分析し、その現状に迫るというもの。カバーイラストは、『ハイスコアガール』で知られる漫画家・押切蓮介さんが手がけている。

ポスト・インターネット時代の「マンガ環境論」

出版業界の危機やWeb、電子書籍の普及といった業界の激しい変化にさらされながらも、インターネットや街中の広告、そして大学での講義や漫画フェスティバルなど、漫画はありとあらゆる領域で、日本の文化のひとつとして根付いている。

本書には、中野晴行さん、さやわかさん、西島大介さんといった現役の漫画家や編集者、研究者、漫画ミュージアムやコンセプトスペースの運営者など、さまざまな分野で漫画に携わる18名が寄稿。

彼らの声に寄り添いながら、新しい時代を迎えつつある漫画業界の「生態系」、そしてその「見取り図」を探っていく。雑誌や作品、読者の変化やデジタル化、メディアミックス、世界戦略など、それぞれの切り口から漫画の現状を語り、漫画家を志す人々の質疑応答にも答える。

また、講談社の文芸誌『ファウスト』編集長などをつとめる太田克史さんと、本書を手がける漫画編集者・ライターの島田一志さんによる対談「変わるマンガの未来とは?」も巻頭に収録される。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「マンガの現在地!」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 28

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ